テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

メニュー

事例

SCSKのクラウド導入事例を
ご紹介します。

事例イラスト
事例イラスト

2倍のインフラを従量課金で最小限のコストに抑え、
障害対応と安定性を大幅(fu)に強化。

株(zhu)式会社ワコール 様(yang)

業種:繊維製品

  • Oracle
  • シェアード

背景

主力ブランド「ワコール」と「ウイング」の事業(ye)を一本(ben)化(hua)(hua)し、同時(shi)にネット通販を担う「オムニチャ ネル戦略推進部」を新(xin)設。同社が強(qiang)(qiang)みとする店(dian)(dian)舗(pu)(pu)販売網を生かした顧客接(jie)点を強(qiang)(qiang)化(hua)(hua)し、店(dian)(dian)舗(pu)(pu)とウェブ が相互に補(bu)完できる“ワコール版オムニチャネル”を構築する計画だ。それらの実現(xian)に向けて、 ブランドごとに個(ge)別最適(shi)化(hua)(hua)していた基幹システムを統合し、新(xin)基幹システムが本(ben)格稼働する。

課題

  • DBの無償サポートとハードウェア保守の期限が迫る
  • ストレージ利用率が逼迫し、拡張性も不足
  • サポート範囲がインフラ限定でパッチ適用がサービス対象外

解決

USiZE for Oracle Exadataを採用

解決01

最新のExadataを活用しDBも最新にアップデート

Oracle DBアップデートに対応するための開発環境を用意するとともに、
パッチ適用時の検証を実施しやすくすることで不具合への対応を強化。
将来に渡り十分なストレージ容量(liang)も確保した。

解決02

本番機と開発機の2台構成に増強しストレージも約9倍に拡大

Exadataは2台構成(本番機、開発機)へと増強し、ストレージリソースも
ユーザ利(li)用領(ling)域で従来の 約9倍に拡大。バックアップも容量に合わせて拡充した。

解決03

DBの監視や保守作業、パッチ適用もサービスに含め安定性を向上

SCSK側でOracle DBの監視や保守作業の定型化、パッチ適用の定例化の対応も
サービス対象に含めた。また、サービス品質にSLAを標準化するとともに、
ITILを基にしたサービス設計(ji)で安(an)心(xin)のサポートを保証した。

今後の展望

4~5年後は別のソリューションという選択肢も

周辺のシステムもパブリッククラウドサービスを中心に急速にクラウド化が進んでいくため、 今後(hou)もSCSKにはそれらとの連携を見据えた優れた提案をいただきたいと思(si)っています。(株(zhu)式会社ワコール 森本様)

事例の詳細を掲載したカタログは
以下のボタンからダウンロードできます。

事例掲載カタログを見る