テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

メニュー

事例

SCSKのクラウド導入事例を
ご紹介します。

事例イラスト
事例イラスト

共通運用基盤構築とシステム構築・運用の自動化により、
IT ROI/Agility向(xiang)上を実現

三(san)井(jing)不(bu)動産レジデンシャル株式会社 様

業種:不動産業

  • AWS
  • 基盤構築
  • 自動化
  • 運用効率化

背景

システム運用保守業務が煩雑で属人化が進み、コスト抑制により自動化も追いつかず、 運用保守品質が低下していた。また、仮想化基盤として保守に耐えうる余剰資源をもっていても、ある程度の規模の
システム構築には新(xin)たな資源(yuan)調達を要するため、システム基盤の準備ができるまでに非常に時間がかかり、事業変化(hua)に対して機動力を発揮するのが難(nan)しかった。

課題

  • 人手を煩わせる運用保守業務
  • 事業変化に合わせたシステム構築への制約

解決

共通運用基(ji)盤構築とシステム構築・運用の自動化

解決01

システム基盤保守コストの最適化

AWSの利(li)(li)用(yong)によりハードウェア保(bao)守(shou)期限(xian)切(qie)れを解消(xiao)し、基盤コストを平(ping)準化。 月(yue)々のAWS利(li)(li)用(yong)料およびリソース使用(yong)率をモニタリングすることで最適化されたリザーブドインスタンス(RI)の購入(ru)を実(shi)現(xian)。RIの利(li)(li)用(yong)によりオンデマンドと比較してさらに約25%のコスト削減を実(shi)現(xian)。

解決02

運用保守業務の品質向上

本番同様のステージング環境を、AWS CloudFormation機能を駆使し迅速に構成。
本番リリース前(qian)にステージング環(huan)境で監視(shi)テストを実(shi)施(shi)することで、不(bu)要なアラームの抑(yi)制(zhi)を実(shi)施(shi)。

解決03

Agility(俊敏性)の向上

可用(yong)性に応じたシステム構成をテンプレート化して自動(dong)化し、システム構築の短納期化や容易な構成管理も実現。

使用したAWSサービス

提案内容

  • AWSサービス上に構築することで共通基盤構築から運用までの一元的共通化と自動化
  • 運用オペレーションの標準化による品質向上とシステム変更時の対応範囲の品質向上
  • システム構築のリードタイムを短縮

事例の詳細を掲載したカタログは
以下のボタンからダウンロードできます。

事例掲載カタログを見る