テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

メニュー

事例

SCSKのクラウド導入事例を
ご紹介します。

事例イラスト
事例イラスト

RPO15分と最短4時間以内のRTO目標の遠隔地DRを実現。
グローバル対応の高(gao)信頼なITインフラを構築。

株式(shi)会社堀場製作所 様

業種:電気機器

  • BCP・DR対策
  • シェアード
  • 業務効率化

背景

堀場製作所様は国内外のグループ企業が一体となった事業戦略を迅速に推進するため、
2007年から統合ERPを導入し、グローバルロールアウトを順次実行してきた。
しかし、保有するサーバーが増え続け、オペレーションの大きな負担となっていた。

課題

  • サーバー増大のため、業務負荷増
  • 遠隔地DRサイトを検討するもコストや条件が見合わず断念
  • 災害によるシステム停止リスクがグループ全体に波及

解決

グローバルビジネスに適した堅牢で高信頼なITインフラ環境構築(zhu)

解決01

ITアウトソーシング化により管理者の業務負担を削減

堀場製作所様が契約するデータセンターから、SCSKの最新ITクラウド基盤である
データセンターへ、ERPを中心としたITインフラの移行と仮想化を推進。
同時に運用・保守業務のアウトソーシングも実施し、管理者の負担を減らすことで
より付(fu)加価値の高いコア業(ye)務(wu)へのシフトをめざした。

解決02

同一ベンダーのデータセンター間DRでコスト負担を低減

三田データセンターを基点とした遠隔地DRを、2015年頃から本格的に検討した。
三田センターでUSiZEを活用することにより、同じUSiZEの千葉センターならSCSKだけでDRサイトの運用を行い、
かつ切(qie)り替えから立(li)ち上げまでもSCSKスタッフだけで実(shi)施することで、コスト負(fu)荷を低減した。

解決03

高度なRPO/RTOをクリアし安定したERP運用を実現

医療用検査機器で使用される試薬の供給責任によるもので、日本国内での災害発生時にも
海外拠点からの出荷を途絶えさせない事が求められ、以下復旧数値をめざし実現した。
・RPO(目標復旧ポイント)は15分単位の短周期
・RTO(目標復(fu)旧時間(jian)(jian))では最(zui)短4~ 5時間(jian)(jian)以内での復(fu)旧

今後の展望

更なるプロセスの改善・改革の実現

今後は、24時間グローバルに対応(ying)できる新しいサポートサービスや従来の手順書レベルを超えた SCSKの知見を活かすプロセスの改(gai)善(shan)・改(gai)革の実現をめざすという。また、USiZEとパブリックク ラウドサービスを適材適所で活用し、マルチクラウドによるハイブリッドクラウド化(hua)も進める考えだ。

事例の詳細を掲載したカタログは
以下のボタンからダウンロードできます。

事例掲載カタログを見る