テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

鈴茂器工株式会社 様

WE LOVE RICE SUZUMO 修理の内容、進捗情報をatWill Templateアフターサービスで一元管理。
販売からアフターサービスまで一気通貫の情報管理で
顧客満足度の向上へ

課 題
  • 拠点ごとに管理していたアフターサービスの情報を全国で一元的にまとめて管理したい
  • 紙ベースで行っていた業務をシステム化し、属人化を解消したい
  • トラブルの原因を迅速に突き止め、修理現場での作業を効率化したい
  • 顧客満足度向上につながるアフターサービスを強化したい
解 決
  • atWill Templateアフターサービスで、修理内容や進捗情報を一元管理
  • 拠点ごとの違い、属人化していた修理内容を共通化
  • 蓄積したトラブル情報を有効活用し、原因特定や修理作業を効率化
  • アフターサービスのスピードや品質を改善し、顧客満足度の向上へ
鈴茂器工株式会社

おむすびや寿司、海苔巻きなどを製造する米飯加工機械(xie)(xie)や充填機械(xie)(xie)などの製造、販売を行うことで、日本(ben)食の普及、発展を支えたリーディングカンパニー。1981年、世界で初めてとなる寿司ロボットの開発に成功。その後もさまざまな機器を開発、提供することで、国内外の飲食業界に貢(gong)献を続(xu)けている。

所在地
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北2-23-2
資本金
11億54百万円
URL
五十嵐勝氏
鈴茂器工株式会社
システム統括部長
五十(shi)嵐(lan)勝氏(shi)

東京事業所

 回転寿(shou)司(si)(si)、弁当やおむすびなど、 米を用いた料理(li)は外食産(chan)業(ye)、 中食産(chan)業(ye)でも人気が高い商(shang)品だ。 その生産(chan)現(xian)場で活躍(yue)しているのが、 寿(shou)司(si)(si)のシャリを握ったりご飯(fan)(fan)を容器に 盛り付けたりおむすびを成 形したりする各種ロボットである。それらの米飯(fan)(fan)加工(gong)機(ji)械事業(ye)を展開(kai)し、世界で初めて寿(shou)司(si)(si)ロボットの開(kai)発に成功したメーカーが鈴茂器工(gong)だ。近年はセルフレジ、セルフオーダーシステム、配膳ロボットなどにも事業(ye)を広げている。

 その鈴茂器工は、15年にわたって活用してきた販売管理システムの刷新に取り組んでいた。その目的のために採用されたのが、6,300社、280の企業グループへの導入実績を持ち、国産初のERPパッケージであるSCSKのProActiveである。

 さらに販(fan)売した製品の故障(zhang)やトラブルに対応するアフターサービスも同(tong)時(shi)に課題解決する必(bi)要(yao)があり、システム 統括(kuo)部長の五(wu)十嵐氏は「販(fan)売管理システムの刷新プロジェクトと並行(xing)してアフターサービ ス業務の専用システムを別システムで構築(zhu)するためのプロジェクトを同(tong)時(shi)に進(jin)めることにしました。 ただし両システム間の連携は非常に重要(yao)で、作り方を検(jian)討している中(zhong)でSCSKからProActiveと連 携できるシステムとして、atWill Templateアフターサービスを提案(an)されたのです」と説明する。atWillアフターサービスは、業務テンプレートをもとに必(bi)要(yao)な機能を追加(jia)・開発(fa)が可(ke)能で、柔軟(ruan)かつ短期間でユーザー企(qi)業のニーズに応じたシステムを構築(zhu)できる点を特長としていた。

アフターサービスに関する情報を会社全体で一元管理したい

 外食産業やコンビニ、ホテルなど24時間(jian)営業している業界に向けて機械を提供(gong)していることもあり、鈴茂(mao)器工は24時間(jian)365日対応でアフターサービスを提供(gong)している。

SSN-JLA_R

 トラブルの連(lian)絡(luo)を受(shou)ければスタッフが現地に駆けつけることになるが、連(lian)絡(luo)を受(shou)けた段階で状況を確認して図面(mian)を見ながら原因を推測し、「必要(yao)となりそうな部品(pin)(pin)」を倉庫(ku)からピックアップするなど、さまざまな事前準(zhun)備が必要(yao)だ。しかしトラブルの原因が推測と違い、部品(pin)(pin)を取りに倉庫(ku)に戻るというケースもあり、いかにして効率化、簡略(lve)化できるかが課(ke)題となっていた。 

 まず解(jie)決したかったのは紙ベースでの管理だった。鈴茂器工が保有する膨(peng)大(da)なパーツリストは100ページにも及(ji)び、そこから部品(pin)を特定して規格(ge)や型(xing)番を調(diao)べたり、修(xiu)理部品(pin)の在庫を確認するのにも時間(jian)がかかっていた。また、修(xiu)理を終(zhong)える際には、作業(ye)内容(rong)を3枚複写用紙の「修(xiu)理代金計算書」に残(can)し、顧客にサインを書いてもらうのだが、スタッフは会(hui)社に戻ってからその内容(rong)を販(fan)売管理システムに入(ru)力する必要があった。

 スタッフや拠(ju)点ごとに違(wei)いがあることも課題だった。ベテランのスタッフは、顧客のビジネスへの影響を最小限に抑えられるよう、短時(shi)間で修理するスキルを持っているが、それは属人化にもつながる。また鈴茂器工は日(ri)本全国で15のアフターサービスの拠(ju)点を持っているが、拠(ju)点ごとにやり方(fang)が違(wei)うケースもある。

 五十(shi)嵐(lan)氏はこれらを踏まえて、「アフターサービスに関する情報(bao)管理を、会社全体(ti)で一(yi)元(yuan)管理して解(jie)決したい」と考えていた。「各種(zhong)機械の情報(bao)を当社で一(yi)元(yuan)管理しやり方を共通化したい。そうすれば、お客様の業務全体(ti)が見(jian)える状態で、適(shi)切なサービスを提供できるようになります」

テンプレートの活用で開発を効率化。
重点ポイントに注力して開発を

 そこで2021年秋(qiu)、鈴茂器(qi)工(gong)では「KKD(勘(kan)、経験、度(du)胸)のサービスからQSD(品質、スピード、データ)のサービスへ」というコンセプトを掲げ、アフターサービスのシステム化を目指すプロジェクトがスタートした。

 五十嵐氏の目に映ったatWillの利点は、テンプレート活用による開発期間短縮とコスト削減だった。
「パッケージ製(zhi)品(pin)では、私たちの要(yao)(yao)件(jian)にピッタリとはまるものが見当たらず、かといってフルスクラッチで構築しようとすると、開発(fa)(fa)期間(jian)とコストが多くかかる上、想定期間(jian)内に完(wan)成できない可能(neng)性(xing)もありました。しかし、atWill Templateアフターサービスであれば、短期間(jian)でコストを抑(yi)えて構築できることが期待できました。例えば、修理の進捗管理機能(neng)をフルスクラッチで開発(fa)(fa)するには細(xi)かい要(yao)(yao)件(jian)定義から始(shi)めなくてはいけませんが、atWill Templateアフターサービスならそのような基本(ben)機能(neng)はテンプレートして用意されるので、新(xin)規に開発(fa)(fa)する必要(yao)(yao)がありません」

 テンプレートを活用したことで生まれた余力を使い、「情報一元化」のような重点課題の議論に十分な時間を費やすことができたのは大きなメリットだった。
「紙の図面やパーツリストなどを現場で見(jian)られたり、ベテランのスタッフの修(xiu)理結果をナレッジとして一元的に蓄(xu)積、可(ke)視化(hua)できれば、新人や若手(shou)であっても正確、スピーディーな修(xiu)理が可(ke)能となるでしょう。また、修(xiu)理の品(pin)質が統(tong)一化(hua)されることは、サービス品(pin)質の底上げ、標準化(hua)にもつながります」 

 さらに将来を見据えて故障内容の分析や顧客満足度の向上も視野に入れていた。
「故(gu)障(zhang)(zhang)原因は、電(dian)気系(xi)統のトラブル、消耗品、お客(ke)様のオペレーションミスなどさまざまです。機械ごと、お客(ke)様ごとに故(gu)障(zhang)(zhang)原因や処(chu)置内容を分析して、より適切な対応、または次の製品改善にも生かせるでしょう。

 すでに当社は24時間(jian)365日体(ti)制で運(yun)用保守を行っていますが、今よりもさらに短時間(jian)かつ正確に修(xiu)理対応(ying)ができれば、当社サービスの付加価値(zhi)は向上するでしょうし、結果的にお客様にもご満足いただけると考えています」

定期的な社内ミーティング、SCSKとのフィードバックを繰り返し、
重点ポイントの開発に注力

 重点課題に注力するために行ったのが、週3回程度のペースで開催した社内ミーティングだった。サービス部門、全国の拠点のスタッフをプロジェクトメンバーに加えて議論、検討する場を設けたのである。
「機能(neng)だけでなく、運(yun)用の視(shi)点(dian)からも意見を出(chu)(chu)し合(he)って検討を進めました。atWillはプロトタイプを実(shi)際に動(dong)かしながら検討できるので、使い勝手や画面のイメージを体感した上で意見を出(chu)(chu)し合(he)い、効率よく議論を進められます。拠(ju)点(dian)ごとのやり方の違(wei)いなどを洗い出(chu)(chu)して共通化のための議論も深めていきました。

 そして週1回(hui)のペースでSCSKにフィードバックし、『こういう機能として搭載したらどうか』と提(ti)案してもらいながら進めるというサイクルを繰り返していったのです。振り返ってみると、システム開発に慣れていないメンバーを含めて議論をする中で、SCSKはよく要(yao)件を引き出してくれました。それぞれの担当者が意(yi)見を出しやすくするためのアプローチを一緒(xu)に考えてくれたことも印象に残っています」

 atWillにはテンプレートだけでなく、機(ji)能追(zhui)加、拡(kuo)張のための高(gao)速開(kai)発(fa)ツールatWill Platformが搭載されており、プログラムレスでスピーディーに新しい機(ji)能を付(fu)加できる。また、それでも実現できない複雑な機(ji)能については新たに開(kai)発(fa)して対応(ying)することも可能だ。要望や機(ji)能の重要度に合わせてテンプレート、高(gao)速開(kai)発(fa)ツール、そしてスクラッチ開(kai)発(fa)と柔軟に対応(ying)できるのもatWillの長所といえる。

 鈴茂器工のシステムの場合、標準のテンプレートを利用できた割合が43%、atWill Platformで拡張した機能が32%、新たに開発した機能が25%となっている。
「他のパッケージ製品のカスタマイズに比べて、atWillは制約がゆるく応用が利(li)くので、要望に対(dui)して柔(rou)軟な対(dui)応ができるところが魅力ですね」

将来のIoT時代到来を見越した機能も視野に

将来のIoT時代到来を見越した機能も視野に (左から)SCSK株式会社 井上
     鈴茂器工株式会社 五十嵐 氏
     SCSK株式会社 西村

  現(xian)在、2023年の本場稼(jia)働に向けて、atWill Templateアフターサービスを 使って構築している最中であるが、五十嵐氏はその先に対(dui)する展望も口にした。「atWillアフターサービスは拡張(zhang)性の高さも強(qiang)みで、APIを使って販売(mai)管理(li)、品質管理(li)など他のシステムやデータベースとも連携も可能です。将(jiang)来は、IoT(モノのインターネット)やECサイトとの連携も強(qiang)化していきたいと考えています」

 顧客先で使われている機械がIoT化すれば、機械の詳細な状態をリモートで把握でき、メンテナンスにも活用できようになる。それが実現すればatWill Templateアフターサービスがさらに役立つだろう。
「SCSKの仕(shi)事(shi)ぶりには実直さが感じられます。今後も堅実に開発を進めてもらって、本番稼(jia)働を迎(ying)えたいと思います」と五十嵐(lan)氏(shi)は期待をのぞかせた。

atWillの代表的な導入事例
生産管(guan)理
KIRIU

株式会社キリウ 様

一気生産の強化に向け、atWillをベースに生産管理システムを構築。
生産に関する全社のデータを一元的に見える化に成功。
柔軟なカスタマイズで、現場の声もスピーディーに反映
生産管理
4R ENERGRY

フォーアールエナジー株式会社 様

半年後に迫った工場開所に間に合わせるため、
テンプレート式の生産管理システムatWillでシステム構築。
リサイクル事業特有の原価分解の機能も搭載
生(sheng)産管理
NDC

日本ドライケミカル株式会社 様

atWill導入によって受注から設計、生産、出荷まで一気通貫
個別受注生産品の作業工程を可視化し原価分析・リアルタイム在庫管理を可能に
生産管(guan)理
株式会社エノモト

株式会社エノモト 様

金型製作から製品完成までのものづくりをatWillで一元管理。
IoTやEDI連携により生産現場と管理部門のリアルタイムなデータ共有が可能に。
生産進捗・設計・在庫・原価の見える化で現場業務の改善へ

【事例1】 通信機械器具製造業

業務状況と経営情報の見える化、原価改善により競争力強化を実現した事例です。
生(sheng)産管理(li) 

【事例2】 金属製品製造業

適正量発注による在庫削減、経営情報の見える化によりスピード経営とコスト削減を実現した事例です。
生産管理

【事例3】 化学工業品製造業

属人的に行われている業務をシステム化により標準化・一元化することで、業務改善とコスト削減に成功した事例です。
生産管理

【事例4】 清涼飲料製造業

業務の再構築と計数情報の見える化により、業務改善とコスト削減に成功した事例です。
生産管理