テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

働き方改革生産性向上

働(dong)(dong)き方(fang)改(gai)革は、政府の方(fang)針(zhen)の大きな柱の1つとして打ち出され、長(chang)時間労働(dong)(dong)の是正、ワーク・ライフ・バランスの実(shi)現、多様な人材の活(huo)躍(yue)を通(tong)じ、企(qi)業(ye)価値の向(xiang)上を目指しています。働(dong)(dong)き方(fang)改(gai)革を行うには、働(dong)(dong)く人の健(jian)康や生活(huo)の満足度を考慮(lv)して実(shi)施することが不可欠ですが、それが企(qi)業(ye)にとっては新たなコストや制(zhi)約条件になることがあります。一方(fang)で、生産(chan)性(xing)向(xiang)上や業(ye)績向(xiang)上だけを優先(xian)すると、働(dong)(dong)く人の負担が増(zeng)え、逆に健(jian)康や生活(huo)の質に悪(e)影(ying)響(xiang)を与える可能性(xing)があります。

SCSKは自社の働き方改革での経験を活かし、
お客様企業の「生産性を向上させ、かつ社員が健康的に働き続けられる
働き方改革の実現」をサポートします。

ユースケース01

新(xin)しい働き方を支える仕組(zu)み

ユースケース02

 仕事の本質(zhi)を追(zhui)求した業務の効率化(hua)

ユースケース03

事業環境(jing)の変(bian)化に機(ji)敏に対(dui)応  

ユースケース04

マネージャとメンバーの新(xin)たな働(dong)き方 

働き方改革2.1の取り組み

SCSKでは、「働き方(fang)改革(ge)」という言葉がまだ普及していない2012年から、効率(lv)的(de)(de)で柔軟な働き方(fang)の実現を目指(zhi)して継続的(de)(de)に取り組んできました。

2020年からは、これまで以上(shang)に変化が激しく将来の予測(ce)が困難な社会(hui)情勢・事業環境(jing)を考慮し、より生産性(xing)の高(gao)い業務の推進やリモートワークを中(zhong)心としたオフィスの在り方(fang)・ロケーションの戦略を立案(an)し、実(shi)行(xing)していく「働き方(fang)改革2.1」に着(zhe)手(shou)しています。こうした取り組みを通じて社員の心身の健康と仕事へのやりがいを高(gao)めることが、お客様へのサービス価値向上(shang)やステークホルダーの皆様への利益還元につながるものと考えています。

スマートワーク・チャレンジ

2013年度(du)より開始した「スマートワーク・チャレンジ」は、平均残業時(shi)間(jian)を20時(shi)間(jian)/月未(wei)満、年次(ci)有給休暇を100%取得することを目標に推進するSCSKの基(ji)盤施策です。

2014年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)~2019年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)までは平均(jun)残業時(shi)間が20時(shi)間/月未満、年(nian)(nian)(nian)次有給休暇の取得率は約95%程度(du)(du)と例年(nian)(nian)(nian)目(mu)標を達成してきましたが、2020年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)は新型コロナウイルス感(gan)染拡(kuo)大(da)によってオフィスとリモートを融合した新しい働(dong)き方へ変化(hua)(hua)したことなどを要因とし、未達となりました。2021年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)は環(huan)境変化(hua)(hua)に柔軟に対応(ying)できる自律的な集(ji)団を目(mu)指(zhi)し、「スマートワークの高度(du)(du)化(hua)(hua)にチャレンジする」ことをスローガンに、効(xiao)率的で生産性の高い働(dong)き方の実践と、自らを高める活動(dong)の両立に取り組みます。

働きがいの向上への取り組み

事業(ye)環境の著しい変化(hua)を背(bei)景に、SCSKグループの2030年の目指(zhi)す姿である「共(gong)創ITカンパニー」の実現にあたっては、働きやすさだけでなく、働きがいの変革も不(bu)可(ke)欠であると考(kao)えています。働き方改革のパイオニアとして、また社会(hui)の基(ji)盤を支(zhi)えるITサービス企(qi)業(ye)として、社会(hui)に共(gong)創的(de)な価(jia)値(zhi)を提供(gong)していくために、社員一人ひとりが自律的(de)に成長し、高い働きがいを持てるよう、これまで以上にすべての人材がその能力(li)を最大限発(fa)揮(hui)できる組(zu)織文化(hua)づくりに取り組(zu)んでいきます。

SCSKの「働き方改革」の成果

「より効率的(スマート)に働き(ワーク)、目標(有給休暇20日取得(de)、月間平均残(can)業20時(shi)間未満(man))に挑戦する(チャレンジ)」ということから、「スマートワーク・チャレンジ」という活(huo)動を進めています。残(can)業削減、有給休暇取得(de)の両方を同(tong)時(shi)に大幅改善することができました。

営業利益と残業時間・有給休暇取得日数の推移

営業利益と残業時間・有給休暇取得日数の推移

SCSKの働き方改革に関する主な受賞歴

  • 経済産業省・東京証券取引所 「なでしこ銘柄 」に8年連続で選定(2015年~2022年)
  • 経済産業省・東京証券取引所 「健康経営銘柄 」に9年連続で選定(2015年~2023年)
  • 日本経済新聞社 「人を活かす会社調査」 総合ランキング上位に3年連続で選定(2014年~2015年1位、2016年3位)
  • 情報化月間 「情報化推進個人等の表彰」 経済産業大臣賞 受賞(2015年)
  • 「女性が輝く先進企業表彰」 内閣総理大臣表彰 受賞(2015年)
  • 厚生労働省 「第5回 健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)厚生労働大臣最優秀賞 受賞(2016年)
  • 厚生労働省 「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」 最優秀賞(厚生労働大臣賞) 受賞(2017年)
  • 一般社団法人日本テレワーク協会「第18回 テレワーク推進賞」最高賞(会長賞)受賞(2018年)
  • 厚生労働省「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」特別奨励賞(2018年)
  • 日本経済新聞社「日経Smart Work 大賞」 人材活用力部門賞 受賞(2018年、2019年)

IT施策のポイント SCSKの提案

意識改革・制度設計(ji)とIT施(shi)策の両輪をうまく結びつけ、相乗効果(guo)を生み出(chu)すことで、生産性と収益性の向上を実現します。 

POINT 1

誰にとっても
働きやすい環境へ

ワーク・ライフ・バランスを目指した新しい働き方を支える仕組み

POINT 2

最大のパフォーマンスを
発揮できる環境へ

仕事の本質を追求した業務効率化

POINT 3

事業環境の変化に
機敏に対応

新たな価値の創出による競争力強化

SCSKが提供する働き方改革・生産性向上ソリューション

SCSKには、自社の働き方改革を通じてさまざまなノウハウがあり、また、自社製品を含む多くのソリューションや製品の取り扱いがあり、システムインテグレーション、BPOまで幅広く対応することができます。自社の働き方改革で使用したものに限定せず、多くの選択肢の中から、お客様の状況に合わせたソリューションを提供し、働き方改革をサポートします。

ユースケース01

新しい働き方を支える仕組み

働く場所と時(shi)間にとらわれない柔軟な働き方をサポート、従業員一(yi)人ひとりの能(neng)力(li)を引き出し、組織の総合力(li)を高める仕組みを提(ti)供します。

ユースケース02

仕事の本質を追求した業務の効率化

ITマネジメントサービスの戦(zhan)略策定から、ITインフラ基盤(pan)を再構築、最適(shi)化を実(shi)現(xian)します。

ユースケース03

事業環境の変化に機敏に対応

SCSKの総(zong)合(he)力を活(huo)かした、ハイブリッド型ITトータルアウトソーシングサービスです。 

ユースケース04

マネージャとメンバーの新たな働き方

Microsoft Teamsの更なる利活用により、業務タスク振(zhen)り分けと見える化を実(shi)現し、ニューノーマルに適用した業務変革をサポート致します。 

現場と経営をつなぐ製造業向けデジタルソリューション

新(xin)型コロナウイルスの影響(xiang)により、我々の生活(huo)様式(shi)は劇(ju)的に変化しています。その新(xin)しい生活(huo)様式(shi)、ニューノーマルに対(dui)応したIT活(huo)用をビデオで紹介します。現場と経(jing)営(ying)をつなぐ、製(zhi)造業向けのデジタルソリューションです。

関連するお客様事例

株式会社淺沼組様

基幹業務システムのリプレイスに伴いローコード開発基盤を採用
ランニングコスト削減、システム運用負(fu)荷(he)軽(qing)減を実現 

詳しくはこちら

三菱地所株式会社様

三菱(ling)地所グループの働き方改革とDX推進(jin)を支える新(xin)コミュニケーション基盤を構(gou)築

詳しくはこちら

学校法人追手門学院
追手門学院大学 様

 ICTを活(huo)用した教育の基盤となるファイル共(gong)有環境を実現

詳しくはこちら

auコマース&ライフ
株式会社様

合併後の業務改革の一環として受発注業務のデジタルトランスフォーメーション
(DX)に取(qu)り組む

詳しくはこちら

住友商事株式会社 様

現場主導で生まれた、業務のデジタライゼーションへの動き
国内からグローバルへと展開(kai)し、事業(ye)のバリューアップを促進する

詳しくはこちら

株式会社東急ストア 様

人手不足というスーパーマーケット業界の課題に対する新たな一手
RPAの有(you)効活用で、より生産性の高い業務への変革を推進

詳しくはこちら