テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

企業は従来の延長(chang)線上(shang)のビジネスでは成長(chang)を持続できません。技術革新やビジネスモデルの変革によって、新たな価(jia)値(zhi)を創出して行くことが求められます。SCSKは多(duo)岐に渡(du)る社会の抱える課題(ti)を、AI、IoTをはじめとする先端(duan)テクノロジーを活用し、お客様と共に解決していきます。

独自のDXケイパビリティを活用し、攻めと守りの双方から
お客様の共創ITパートナーとしてDX推進をサポートします。

ユースケース01

 「altcircle」で実現するビジネスを飛躍的(de)に成長させる次世代型デジタルコミュニケーション

ユースケース02

次世代コンタクトセンターで価値ある顧客(ke)接点を実現  

ユースケース03

 業務効率化(hua)や顧(gu)客ロイヤリティの向上を実(shi)現(xian)し、新しいビジネスの可能(neng)性を広(guang)げるAI 

ユースケース04

 さまざまなデバイスにまたがるIoTデータの収集と活用で、お客様の課題解(jie)決(jue)や働き方改革を実(shi)現 

デジタルの有効活用が
Withコロナ時代のニューノーマルを支える

企業の課題

コロナ禍による事業(ye)環境の変(bian)化や転換に、ITを活用して対(dui)応できた企業(ye)とできなかった企業(ye)の差が明確化

 紙文書への押印(yin)、対面営(ying)業、客先への常駐など、従来型のビジネス習慣がDX推進の障壁となっています

社会の変化

デジタル化されたサービスによって提(ti)供される新しい価値を、誰(shui)もが当たり前のように活用しつつあります 

テレワークなど、コロナ禍にともなって普及(ji)した新(xin)しい働き⽅・暮らし⽅は、今(jin)後さらに定(ding)着(zhe)していきます 

顧客や社会の変化に対応するには積極的なITの活用が不可⽋!
ビジネスモデルや企業文化を変革しなければデジタル競争の敗者に…


いま、企業とそのITパートナーが取り組むべき変革とは? 

企 業
変化に迅速に対応していくためには、ITシステムだけではなく、企業文化に根付く従来型のビジネスも同時に変革していく必要があります。
コロナ禍によって人々の固定観念が崩れつつある現在は、ITシステムや企業文化を変革する好機と言えます。
ITパートナー/ベンダー
ユーザー企業のITシステムを維持・運用するだけではなく、ユーザーと⼀体となってDXを推進していく共創型パートナーとして機能していく必要があります。
先進的ITを駆使して、顧客や社会に新しい価値や体験を提案する新ビジネス・サービスの提供主体となっていく必要があります。

SCSKのDXソリューション

ユースケース01

「altcircle」で実現する
ビジネスを飛躍的に成長させる
次世代型デジタルコミュニケーション
  • Web施策を充実させていくとともに、これまで分断されていた顧客情報を統合
  • オンラインとオフラインをスムーズに連携させながら、お客様各自に最適化されたオファーや体験を提供

ユースケース02

次世代コンタクトセンターで
価値ある顧客接点を実現
  • 顧客情報の一元管理で、顧客一人ひとりの特性にあわせたカスタマーサポートを提供
  • 問い合わせ内容に応じて、複数チャネル間をシームレスに跨ぎながら、ベストなチャネルに誘導

ユースケース03

業務効率化やロイヤリティの向上を実現し、
ビジネスの可能性を広げるAI
  • グローバルなビジネス環境でAIを活用した競争力強化が不可欠となるなか、多くのAI技術は実用段階へと移行
  • 具体的な業務課題やビジネス課題に、どのようなAI 技術を活用すべきなのか、お客様の視点で考えてご提案

ユースケース04

IoTデータの収集と活用で
お客様の課題解決や働き方改革を実現
  • これまで埋もれていたデータをIoTデバイスで収集し、ペインポイントを分析し経営に活かすことが重要
  • IoTデータを活用すれば、新たなサービスや働き方を実現することも可能