テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

グローバルなビジネス環境で、AIを活用した競争力強化が不可欠となるなか、多くのAI技術は、すでに検証段階から実用段階へと移行しつつあります。30年以上にわたってAIを研究してきたSCSKは、言語処理、画像認識、データ分析などにおいて独自の技術を蓄積してきました。具体的な業務課題やビジネス課題に、どのようなAI技術を活用すべきなのか、SCSKは、常にお客様の視点で考え、最適なご提案をいたします。

実現イメージ

AIによって顧客の声(sheng)を瞬時(shi)に解析(xi)し、業務改善と顧客満足度(du)向上させたり、会話内容(rong)を解析(xi)して適切(qie)な回答(da)候補を提示することが出(chu)来ます。また、活動量計データを解析(xi)し健(jian)康(kang)管理を支援(yuan)したり、ディープラーニングで高(gao)精度(du)な判断を支援(yuan)するなど、AIを活用シーンは多(duo)岐に渡ります。高(gao)度(du)な専門知識を必要とせず、容(rong)易に運(yun)用可能なSCSKのAIソリューションを活用することで、お客様のビジネスの価(jia)値は飛(fei)躍的(de)に高(gao)まります。

ビジネスにおけるさまざまな課題と対応するAIソリューション

課題2

音声認識システムを
導入しているが、VOC分析、
CX分析に活用できていない
音声認識システムを導入しているが、VOC分析、CX分析に活用できていない

「話しことば」・「書きことば」に適した
AIテキスト解析

VOiC Finder

課題3

様々な問い合わせ対応を自動化し、
サポート業務の負担を軽減したい
様々な問い合わせ対応を自動化し、サポート業務の負担を軽減したい

SCSK独自開発のアルゴリズムによる
高い回答率のAIチャットボットサービス 

PrimeAgent

課題4

蓄積したナレッジを
円滑に探し出し、生産性向上や
新たな発想につなげたい
蓄積したナレッジを円滑に探し出し、生産性向上や新たな発想につなげたい

AIによる文書解析と自然言語検索で
 付(fu)加価(jia)値のある情報に簡単にアクセス!

PrimeAgent Knowledge

関連記事

DXを推進するため、企業は今、何に取り組むべきか
―AI-Readyな組織に必要な教育プログラムとは―

FRONTGATE

「バーチャルTA」を活用したニューノーマルの授業形態とは
―AIチャットボットとSlackの連携で、教員と学生のコミュニケーションを円滑に―

FRONTGATE

三菱電機が法人向けのWebサイトにチャットボットを導入した狙いとは
―膨大な情報へナビゲートするQAチューニングのポイント―

FRONTGATE

ITで変革する北海道の農業・畜産業
―トップファームグループが進めるAIによる牛の行動観察―

FRONTGATE

「文書が見つからない」そんな悩みをAIで解決
―大量の文書から、ナレッジを発掘し、アイデアのヒラメキにつなげる―

FRONTGATE

データ・AIを活用した新たな損害サービス
―あいおいニッセイ同和損害保険の戦略的な取り組み―

FRONTGATE

国内外のIT企業が沖縄に集結
ーイベントレポート:ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市ー

FRONTGATE

AIチャットボット導入の成否は、導入前作業で8割決まる
ーある製薬メーカーの事例から、その勘所を学ぶー

FRONTGATE

データセンターにも、地球環境保護の視点が求められる時代
―AIによる空調管理で、環境にやさしく安定した稼働を実現―

FRONTGATE

AIチャットボットは、社内ヘルプデスクに有効だ
―月間1万件の問い合わせ対応に、AI導入の効果は?―

FRONTGATE

顧客接点の多様化にどう対応するか
―AI 技術で変貌するコンタクトセンター―

FRONTGATE

なぜ、AIシステムの導入検討が急速に進んでいるのか

FRONTGATE

JCBはどのように、VOCを業務改善につなげたのか
―VOCを業務に活かすには―

FRONTGATE

問い合わせ対応のAI化で、コストと品質はどうなる?

FRONTGATE

イベントレポート:第2回 AI・人工知能EXPO

FRONTGATE