テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

顧客接点の高度化

モバイルコンピューティングの発達(da)などですべてのモノがインターネットへつながる時代へと変化(hua)する中、顧客の情報(bao)収集力/発信力はますます強まっています。対(dui)面、非対(dui)面の接点を通じて生(sheng)まれる顧客とのつながりの強さや質は、これからのビジネスの成否の鍵を握(wo)り、企業の競争力を支える経営資産としてクローズアップされています。複数の接点でのコミュニケーションから顧客の期待を察(cha)知し、一人ひとりに最適なサービスを提供するためには、業務(wu)のIT活用が不可欠です。

SCSKは、ITと業務運用の2つの側面から業務のIT活用を支援し、 対応品質の向上と効率化を両立させた顧客接点の高度化を実現します。

ユースケース01

「altcircle」で実現するビジネスを飛躍的に成長させる次世代型(xing)デジタルコミュニケーション 

ユースケース02

金融機関のあらゆるチャネルを
サポート

ユースケース03

製造業におけるマーケティング基盤(pan)の強(qiang)化 

ユースケース04

消費行動の変容に応える通販事業拡大
ソリューション

ユースケース05

次世代コンタクトセンターで価値ある顧客接点を実現

顧客の変化と企業課題の両面から求められる接点の高度化

顧客の変化と企業課題の両面から求められる接点の高度化

顧客接点に求められること

簡易化、効率化され
顧客にも企業にも
負荷の無い応対
あらゆる接点で、
シームレスな
顧客体験を提供
あらゆる情報が
集積され、
リアルタイムに共有
コミュニケーション
内容から、
期待・要望を自動抽出
顧客一人ひとりの
視点に立った
最適なサービス提供

SCSKが提供する顧客接点ソリューションのポイント

POINT 1

AIをはじめとする先端テクノロジーを駆使したITソリューション

POINT 2

コンタクトセンターをはじめとする長年の事業運営で培ったノウハウの活用

「altcircle(オルトサークル)」

POINT 1
「altcircle(オルトサークル)」はSCSKが提供するCXサービスの総称です。
日々進化する企業とお客様との接点である「顧客接点」を高度化し、お客様へ最高の体験を届けるために、デジタルコミュニケーション、コンテンツ、EC、コンタクトセンターなどのあらゆるお客様とのタッチポイントに対して、End to Endでサポートします。

ユースケース01

「altcircle」で実現する
ビジネスを飛躍的に成長させる
次世代型デジタルコミュニケーション

  • Web施策を充実させていくとともに、これまで分断されていた顧客情報を統合
  • オンラインとオフラインをスムーズに連携させながら、お客様各自に最適化されたオファーや体験を提供

オムニチャネル時代の顧客接点業務の質的向上

POINT 2
各業界それぞれの業務に精通しているからこそ可能な
業界ごとに最適な顧客接点ソリューション提供

ユースケース02

金融機関のあらゆるチャネルをサポート

  • モバイル、AI、Fintechなどの最新テクノロジーを活用しながら、金融機関に求められる高品質サービスを実現
  • 対面業務、非対面業務、それぞれのチャネルの特性を活かして業務を支えます

ユースケース03

製造業におけるマーケティング基盤の強化

  • 散在する商品・プロモーション情報を効率的に「収集」「管理」「配信」するマーケティング基盤を整備。
  • 「コスト増加」「ロイヤルティ低下」「機会損失」といった製造業によくある課題を解決

ユースケース04

消費行動の変容に応える
通販事業拡大ソリューション

  • コールセンターからインターネット通販事業者様のマルチチャネル化を実現
  • ECフロントはスクラッチ、テンプレート、Salesforce Commerce Cloud連携といった多様な仕組みを準備し、実店舗を超える顧客体験を実現

ユースケース05

次世代コンタクトセンターで価値ある顧客接点を実現

  • 顧客情報の一元管理で、顧客一人ひとりの特性にあわせたカスタマーサポートを提供
  • 問い合わせ内容に応じて、複数チャネル間をシームレスに跨ぎながら、ベストなチャネルに誘導

データの見える化で経営はどうかわる?

新型コロナウイルスの影(ying)響により、我々の生活様式(shi)は劇的に変(bian)化(hua)(hua)しています。新しい生活様式(shi)、ニューノーマルに対応していくためにITをどう活用(yong)していくのか?今(jin)回は、「データの見える化(hua)(hua)で経(jing)営はどうかわる?」をテーマに、どんな時でも経(jing)営者が適(shi)切な意(yi)思決定ができるためのデータ見える化(hua)(hua)に向けて、どのように自(zi)社内の情報を収集、整備、利用(yong)するのかについて、ご紹(shao)介いたします。

関連するお客様事例

三菱地所株式会社様

  グループ総合力による事(shi)業拡大と収益性の向上を目指し高いレスポンスを実現(xian)する新しいCRMシステムを構(gou)築

詳しくはこちら

株式会社ココカラファイン 様

ココカラアプリに寄せられるお客(ke)様の声を、より支持される店舗づくりに活(huo)かす「おもてなしNo.1」を掲げるココカラファインの新(xin)たな挑戦

詳しくはこちら

トラスコ中山株式会社 様

卸売業として、お客様の利便性向上への飽くなき追求
 プロツール総(zong)合サイト「トラスコ オレンジブック.Com」をリニューアル

詳しくはこちら

三菱地所株式会社 様

ライフステージごとに変わるお客さまのニーズに応える
グループ横(heng)断のバリューチェーンプラットフォームを構(gou)築 

詳しくはこちら

プレミアムウォーター
株式会社 様

経営統合による競争力強化をいち早く発揮し、ビジネスを加速する
基幹システムはそのままに顧客(ke)情報を統(tong)合。マーケティングの高(gao)度(du)化を実(shi)現

詳しくはこちら

住友不動産株式会社 様

営業現場の対話に着目し、貴重なアセットとして共有化
組織(zhi)全体でビジネス機会を的(de)確に捉え、オフィスビル事業の競争力強(qiang)化を実現

詳しくはこちら

SCSK株式会社

延べ5800社の導入企業を誇るERPパッケージ 『ProActive』
カスタマーサポートを高(gao)度化し、利用ユーザーのCX向上(shang)を実現

詳しくはこちら