テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

プレスリリース
(2017年)
pdf (205KB)
2017.08.08(火)
SCSK株式会社

お客さまとのOne to Oneコミュニケーションを実現する
地域金融機関向けスマートフォンアプリ「MINEFOCUS」を山形銀行に導入

SCSK株(zhu)式(shi)会社(本社:東(dong)京都江(jiang)東(dong)区(qu)、代表取(qu)(qu)締役(yi)(yi) 社長(chang)執行役(yi)(yi)員:谷原 徹、以下(xia)SCSK)は、株(zhu)式(shi)会社山(shan)形銀行(本店:山(shan)形県(xian)山(shan)形市、代表取(qu)(qu)締役(yi)(yi)頭取(qu)(qu):長(chang)谷川 吉(ji)茂、以下(xia)山(shan)形銀行)に対し、One to Oneコミュニケーションを実現する地域金融機関向けスマートフォンアプリ「MINEFOCUS(マインフォーカス)」を2017年8月から提(ti)供開始しました。

山形(xing)銀(yin)行は、「MINEFOCUS」を新たなスマートフォンアプリ(以下やまぎんアプリ E-Branch)として、2017年8月8日(ri)からサービス提供(gong)を開(kai)(kai)始しました。「やまぎんアプリ E-Branch」は、サードパーティが提供(gong)する端末保護を行うセキュリティー機能(neng)を組み込んでおり、お客さまに来店いただくことなく、お持ちのスマートフォンからセキュアにインターネット支店の口座(zuo)を開(kai)(kai)設いただけるほか、インターネットバンキングおよびカードローンもお申(shen)込みいただけます。さらに、残高照会機能(neng)では、マネーツリー株(zhu)式会社(本社:東京(jing)都渋(se)谷区(qu)、代表(biao)取締役:ポール チャップマン)が提供(gong)する「一(yi)生通帳 by Moneytree」を連携することで、山形(xing)銀(yin)行の口座(zuo)だけでなく、他(ta)の銀(yin)行や証券会社の口座(zuo)、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントなどの残高や利(li)用明細を一(yi)元的に表(biao)示し、確認いただくことが可能(neng)です。

1.背景

SCSKは、金融機関、製造業(ye)(ye)(ye)、流(liu)通業(ye)(ye)(ye)、通信業(ye)(ye)(ye)向けなど、すべての業(ye)(ye)(ye)種・業(ye)(ye)(ye)界向けにさまざまな業(ye)(ye)(ye)務システム・サービスを提(ti)供(gong)しています。特に昨今、金融機関においては、既存業(ye)(ye)(ye)務の効率化や知見の有効活用(yong)を目的に、FinTechの積極(ji)活用(yong)が進み、業(ye)(ye)(ye)務システム・サービスへの新技術の提(ti)供(gong)やスマートフォンを活用(yong)したアプリの提(ti)供(gong)が求められています。

SCSKではFinTechを代表(biao)とするさまざまな新(xin)技術に注目し、地域(yu)金融機関のお客さまに日常的(de)にご利用いただけるスマートフォンアプリ「MINEFOCUS」を2016年11月から提供(gong)しています。

2.「MINEFOCUS」の概要
  1. ①地域金融機関のポータル機能
    地域金融機関の新たなチャネルとして「口座開設」や「周辺店舗ATM照会」などのポータル機能を提供します。
  2. ②スマートフォンアプリ+実行環境の提供
    地域金融機関がご利用中のスマートフォンアプリ実行環境(クラウド基盤や各種APIなど)と連携することで、スピーディーな導入を実現します。
  3. ③ホワイトラベルでの提供
    スマートフォンアプリ「MINEFOCUS」は、地域金融機関にホワイトラベル形式で提供しますので、各地域金融機関のブランドとしてお客さまに提供可能です。

「MINEFOCUS」の基本メニュー

1つのスマートフォンアプリで以下の6機能(neng)(neng)を提供します。(今後実現(xian)予(yu)定の機能(neng)(neng)を含みます)

  • ポータル(リンク&店舗検索、口座開設、残高・入出金明細、相談予約など)
  • アシスタント(自動応答FAQ、事前ヒアリング、各種通知など)
  • 収支管理(家計簿、アグリゲーション、各種試算など)
  • 地域ポータル(店舗ATM検索、クーポン配信など)
  • マイテーマ(記事配信など)
  • マイページ(ログイン、SNS連携、各種設定など)

「やまぎんアプリ E-Branch」 アプリ画面イメージ

アプリ画面イメージ
3.今後の展開

地域金(jin)融機関が求めるアプリ機能からスタートし、今後は先進技術を取り入れながら「日常(chang)生(sheng)活」と「地域」に密着したユーザー体験を実現することで、金(jin)融機関のお客さまにより便利(li)に愛着を持ってご利(li)用いただけるスマートフォンアプリへと進化させ、サービス開始から3年間で20行への提供を目指(zhi)します。

本件に関するお問い合わせ先

【製品(pin)に関するお問い合わせ先】

SCSK株式会社
金融システム第一事業部門 事業推進グループ
営業推進部 FinTech課
TEL : 03-5166-1337

【報道関係(xi)お問い合(he)わせ先】

SCSK株式会社
広報部 栗岡
TEL : 03-5166-1150

  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。