テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

人に社会に便利を届けるシステム開発 人に社会に便利を届けるシステム開発

IT=Information Technology(情報技術)という言葉が、私たちの生活に浸透して久しくたちます。
実際、身の回りを見てみると、ITに支えられて便利に使うことのできる商品やサービスがあふれています。ITというと難しい技術という印象ですが、すべて人が生み出したもの。SCSKは、そんなITを駆使したシステムを開発している情報サービス企業です。

もはや生活に欠かすことのできないIT。
一人ひとりに寄り添い、便利さを実現。

パソコンが登場し、「インターネット」が広まったことにより、私たちの暮らしは大きく変わりました。 かつて机の上で利(li)用していたデスクトップパソコンは、スマートフォンやタブレットPCなどコンパクトに進化(hua)。携帯性がグンとよくなったことでパーソナルに扱える情報機器として、こどもからお年寄りまで、生活シーンはもちろんビジネスシーン、社会インフラとしても活用が広まっています。まさに、ITの利(li)便性を享(xiang)受(shou)しない日はないといえるのではないでしょうか。

昔と今、進化し続ける暮らしの便利 昔と今、進化し続ける暮らしの便利

これらの暮らしの便(bian)利(li)の裏側にあるのは、ITを駆使した仕(shi)組み。情(qing)報(bao)機器を操(cao)作しただけで、効(xiao)率的(de)・効(xiao)果的(de)に作業を完了(le)できるのは、仕(shi)組み=「システム」がしっかりと構築されているからなのです。SCSKは、人々の生活(huo)・仕(shi)事(shi)の中(zhong)に、「便(bian)利(li)」を届けるため、システムを開発(fa)しています。

もしも、システムが正しく動かなかったら
世の中は大混乱…

システムが正しく動作しないと、便利に使っていたはずの製品・サービスは、混乱だけを招く困ったものに!
だからこそ、正確に動き、確固たる品質(zhi)のシステムをつくることが、情報サービス企業の最も大切な使命なのです。

こんなことになったら大変! こんなことになったら大変!

便利をつくる「システム開発」
大きく5つのステップを踏んで出来上がる。

システムを使うのは人。そしてそれを、より便利に使えるように開発するのも人の仕事。
どんなことができたらいいか考えたり、話し合ったり、段階を踏(ta)みながら着(zhe)実に仕(shi)上(shang)げていきます。

  1. STEP1企(qi)画・要求分析

    お客様が、どのような課(ke)題を持っているのか、徹(che)底的にヒアリングを行い、どんなことができたら便利なのか、アイデアを出(chu)していきます。

    企画・要求分析
  2. STEP2要件定義(yi)

    どのような作業について、システムでどのように便利にするのか、具体的(de)な方法を考え、システムの機能・性能として明確にしていきます。

    要件定義
  3. STEP3設計

    具体的なシステムの動かし方を決(jue)めていきます。

    設計
  4. STEP4製造(zao)・検(jian)証(zheng)

    システムを実際に作ります。
    また、正しく動くか検証を何度も行います。

    設計
  5. STEP5運(yun)用・保(bao)守

    実際にお客様にシステムを使ってもらい運用を開始します。
    そこからも、さらによいシステムにするために、お客様(yang)とともに考え、システムを改(gai)良するサポートを行っていきます。

    設計

正確に、効率よく、安定したシステムを。
SCSKは、より高い品質を約束。

  • SCSKは、正確かつ品質の高いシステムを効率よく提供するために、長年かけて積み上げてきた、高いレベルのノウハウを明文化し、開発標準「SmartEpisode Plus(SE+)」として定めています。
    前述のシステム開発(fa)ステップにおいて、この開発(fa)標準(zhun)を利用することで、人には依(yi)存(cun)しない高品質なシステム開発(fa)を一定水(shui)準(zhun)まで引き上げることができ、安(an)定的(de)・効率的(de)にシステムをつくり上げる土台を築(zhu)くことができるのです。

    品質向上への取り組み

    品質向上へむけたSCSKの開発標準

    全社標準 SmartEpisode Plus(SE+)
  • さらには、お客様が使いやすい高品質なシステムを、より迅速に開発し運用できるように、SCSK独自の超高速開発・実行基盤をクラウドサービス「FastAPP(ファストアップ)」として構築。
    部品を組み立てるような、動く画(hua)面を確(que)認しながらの要件定義や、業(ye)務を続けながらの修正も簡単なので、正確(que)に効(xiao)率よくかつタイムリーなシステム開発を可能にしています。

    SCSKの超高速開発
    プラットフォームサービス

    FastAPP

確かなシステム開発から広がる未来。
その豊かさの可能性は無限大。

正確かつ高品質なシステム開発のベースがあれば、その先にはますます便利で、より豊かな未(wei)来がITによって広がっていきます。 人々に便利さをもたらしたITは、今(jin)や人を守ったり、命をつないだり、さらに重要な役割を担いはじめています。世界中(zhong)のあちらこちらで、「あったらいいな、できたらいいな」が少しずつ現実になってきている今(jin)、ITのチカラを最大限に発揮し、よりよい未(wei)来を創るためにSCSKができることはなんだろう?と、常に問い続け、まずは足元(yuan)の一(yi)歩一(yi)歩を大切に、これからも前進していきたいと考えています。

確かなシステム開発から広がる未来。その豊かさの可能性は無限大。 確かなシステム開発から広がる未来。その豊かさの可能性は無限大。