テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

豊かな未来社会(hui)の創造

豊かな未来社会の創造

背景と考え方

近年、持続(xu)可能(neng)な社会の実(shi)現を脅(xie)かすさまざまな環(huan)境・社会課題(ti)が深刻化しています。国や政(zheng)府だけでなく、企業(ye)、地域(yu)社会などすべての組織や人々が一(yi)体(ti)となって課題(ti)解決(jue)に向けて行動することが求められています。

こうした社(she)会課題を解決(jue)する手段として、AIやIoTといったデジタル技術(shu)が注目されています。デジタル技術(shu)の進展は従(cong)来解決(jue)不可能であった社(she)会課題を解決(jue)する重要(yao)(yao)なカギであり、必要(yao)(yao)不可欠な要(yao)(yao)素(su)と期待(dai)されています。

SCSKグループは、長(chang)年(nian)にわたり多様な分野(ye)で培(pei)ってきた技術(shu)およびノウハウで日本企業のIT化(hua)、経営基盤をシステムで支えてきました。複(fu)雑化(hua)した社会課題に対応するためには、お客(ke)様や異業種(zhong)パートナーと手を携え、デジタル技術(shu)を活用しながら互いの強みを活かして課題解(jie)決に取り組む必(bi)要があります。それは社会を変革する大きな力となり、社会全体をより持続的に成(cheng)長(chang)させることにつながります。

SCSKグループは、持続的な事業成長(chang)と社(she)会(hui)課題解(jie)決の両(liang)立に向けて、さらなる技術革新(xin)、DX推進(jin)などの取(qu)り組(zu)みをより強化し、革新(xin)的な事業やサービスを提(ti)供(gong)していきます。お客様や社(she)会(hui)との共創(chuang)(chuang)の輪を広(guang)げ、社(she)会(hui)課題の解(jie)決に取(qu)り組(zu)むことで、快(kuai)適で豊かな未来社(she)会(hui)を創(chuang)(chuang)造(zao)します。

取り組み事例

顧客接点の高度化、データ利活用による新たな付加価値の創出を支援する「altcircle」

背景となる社会課題

社会へ与える価値


社会や企業のDX化やデジタル化が加速し、企業とお客様の接点が増え、多種多様なデータがあふれているなか、企業にとってデータを利活用し、顧客接点を高度化することは競争力を高めるために重要になっています。このようななか、企業がデジタルデータを利活用する際は、日々変化し続ける技術トレンドへの対応や、データ利活用に向けた人材の不足、導入効果の分かりにくさなど、さまざまな課題があります。
SCSKでは、日々進化する企業とお客様との「顧客接点」を高度(du)化し、お客様へ最高の体験を届けるためのCX(カスタマーエクスペリエンス)ソリューション「」を提供しています。altcircleの特徴(zheng)は主(zhu)に以下の4点です。

①進化し続けるプラットフォーム:デジタルマーケティング、デジタルコミュニケーション、ECを含めて、プラットフォームサービスは今(jin)後も変化し続ける技術トレンドや市場動向に合わせて、常に最(zui)新の機能を利用できます。お客様にとっての使いやすさを追求したUIデザインに加え、お客様が必(bi)要(yao)とする最(zui)適(shi)なコミュニケーションを効(xiao)率的・効(xiao)果的に支援します。

②データ利活用に対(dui)するコンサルティング支(zhi)援:データ収集・蓄積(ji)・統合、データ分(fen)析・可視化、データ活用の各段(duan)階で発生(sheng)するさまざまな課題に対してワンストップサービスを提供することにより、データ利(li)活用をサポートし、データドリブンな意(yi)思(si)決定を支援します。

③伴走型でのビジネス支援サービス:運用段階においてもプロフェッショナルなスキルを持ったチームがお客様と同じ目線に立ち、ビジネスの目標達成(cheng)に向けて伴(ban)走して支(zhi)援します。

④アウトソーシング含(han)めたワンストップサービス:コンタクトセンター基(ji)盤の構(gou)築(zhu)から業務アウトソーシング、ECビジネスで必要なロジスティクス構(gou)築(zhu)からECサイトにアップするコンテンツ支援を含(han)め、ワンストップで支援します。

SCSKはaltcircleの提(ti)供を通(tong)じて、データの利活(huo)用を進め、パーソナライズされた質の高いデータを適切にお客様に届けることで、顧客接(jie)点の高度化やお客様が求める最高の体(ti)験、新たな付加価(jia)値(zhi)を創出(chu)し、快適で豊(feng)かな未来社会の創造に貢献します。

図:altcircleの概要

テレマティクス事故検知サービス

背景となる社会課題

社会へ与える価値

現在、日本国内では「高齢者による自動車事故の増加」や「暴走運転」、「あおり運転」などが社会問題となっています。
また、コネクティッドカーの普及や自動運転車の実用(yong)化が見込まれ、自動車業界を取(qu)り巻く環(huan)境は大きく変化しています。

SCSKでは、独自ソリューションであるSNN(SCSK NeuralNetwork toolkit)を活(huo)用した事(shi)(shi)故(gu)(gu)検(jian)(jian)知(zhi)アルゴリズムを開発し、業(ye)界のパイオニアとして最先端の技術(shu)を活(huo)用したあいおいニッセイ同和損(sun)害(hai)保険(xian)株式会社様の新(xin)しい事(shi)(shi)故(gu)(gu)対応サービス「テレマティクス*1損(sun)害(hai)サービスシステム」のなかで、事(shi)(shi)故(gu)(gu)検(jian)(jian)知(zhi)の高度化を実現しました。

「テレマティクス損(sun)害サービスシステム」では、保(bao)(bao)険に加入(ru)中(zhong)のお客様から事(shi)故(gu)連絡をいただく従来の「受(shou)信型」から、車両・デバイスから得られる各種デジタルデータから大(da)きな衝(chong)撃を検知し、保(bao)(bao)険会社からお客様へ連絡する「発(fa)信型」のサービスに変(bian)革しています。事(shi)故(gu)検知の高度化により、迅(xun)速(su)かつより適切な事(shi)故(gu)受(shou)付(fu)を実現(xian)し、お客様へ安(an)心を提(ti)供します。

SCSKグループは、先進(jin)技(ji)術を駆使(shi)し、お客様とパートナーと共に社会が求める新たなビジネスやサービスを創出し、快適で豊かな未来(lai)社会の創造に寄(ji)与していきます。

  • *1 「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビやGPSなどの車載器と移動体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組み。
図:事故検知の仕組み

その他事例

AIの活用で人材不足を解決

背景となる社会課題

社会へ与える価値


AIを用いた独自の質問応答エンジンを搭載したFAQ回答システム「PrimeAgent(プライムエージェント)」を提供しています。Webサイト上のキャラクターがお客様(yang)のリクエスト(ご質問)を解釈して回答するため、お客様(yang)は欲しい情報を簡単に得ることができます。コールセンターへの入電率を削減(jian)することで労働力不足を解決(jue)し、業務(wu)効率化(hua)とサービス品質の強化(hua)を実現しています。

夢ある未来のクルマづくりをサポート

背景となる社会課題

社会へ与える価値


車載システム開(kai)発に30年(nian)(nian)以上携わってきた知(zhi)見やノウハウを活かして、2015年(nian)(nian)にAUTOSAR準(zhun)拠の国産BSW(Basic Software)「」の提供(gong)を開(kai)始しました。BSW、エンジニアリングツールや管理支援ツールの提供(gong)、最適プロセス構築、教育、QINeS導入やアプリケーション開(kai)発などの支援をワンストップで提供(gong)し、高(gao)品質・高(gao)効率な車載システム開(kai)発に貢献しています。