テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)

D&Iに関するトップメッセージ

ダイバーシティ&インクルージョンに関するトップメッセージ

当社は、社員一人ひとりの多様な個性や価値観を尊重し、互いの力を最大限に活かすことが、変化する社会情勢に対応し、多様化するお客様ニーズに応える価値あるサービスを提供し続ける上で必要不可欠であることから、ダイバーシティ&インクルージョンを重要な経営戦略の一つと位置付けています。
また、これまで進めてきた働き方(fang)改革や健(jian)康経営の取り組みを土台に、社員(yuan)一(yi)人ひとりが働きがいを抱き、いきいきと活躍できる組織文化の実現を目(mu)指(zhi)しています。

これらを通じて、当社(she)は、「人(ren)」という経(jing)営資産を活かして、社(she)会へ新たな価(jia)値(zhi)を提(ti)供し続(xu)けるとともに、社(she)員はもちろん、当社(she)事(shi)業に関(guan)わる全てのステークホルダーの皆さまとともに持続(xu)可能で豊かな社(she)会の実現(xian)に貢献してまいります。

代表取締役(yi) 執行役(yi)員 社長(chang) 當麻 隆昭

D&I推進の基本的な考え方

SCSKは、全(quan)(quan)ての人(ren)材(cai)がその力(li)を最大限に発揮できる職場環境を目(mu)指し、D&Iの推進に取り組んでいます。SCSKのD&Iは「多様(yang)な人(ren)材(cai)が互(hu)いに仲間(jian)として認め理(li)解(jie)し合うことで組織力(li)を上げること」を目(mu)的に、「属性」「思考内(nei)容・能力(li)」「表明(ming)される意見(jian)・見(jian)解(jie)」の3つの観点(dian)から組織として多様(yang)性を互(hu)いに理(li)解(jie)し活(huo)(huo)かす施策を展開(kai)しています。全(quan)(quan)ての人(ren)材(cai)の能力(li)を最大限に引き出し、その力(li)をSCSKの事業(ye)成長(chang)に活(huo)(huo)かすことで、持続的成長(chang)と新たな付加価(jia)値(zhi)サービスを創造し続ける企(qi)業(ye)を目(mu)指しています。

推進の方針

D&I推進の体制

SCSKは、2012年にダイバーシティ推(tui)進の専任組(zu)織を設置し、女性やシニア、障(zhang)がいのある社員(yuan)の活(huo)躍支援などさまざまな取り組(zu)みを展開してきました。多様なバックグラウンドを有する人材が互いに尊重し合(he)い、いきいきと活(huo)躍できる職場を目指(zhi)し、D&Iの理解浸透・定着を目的として階層(ceng)別の研修や、全社員(yuan)向けのセミナー開催(cui)のほか、ポータルサイトや社内報(bao)を活(huo)用し、D&Iの推(tui)進意(yi)義や取り組(zu)み紹介、経営トップのメッセージ発(fa)信など定期的な情(qing)報(bao)発(fa)信を行っています。

中(zhong)期経営計画においては、全ての人材の活(huo)躍がSCSKの成長ドライバーであると認(ren)識(shi)し、D&I推進(jin)を人材価値最大(da)化に必要な要素(su)の一つと位置付けています。また、「D&I 推進(jin)委(wei)員(yuan)会」を新たに設置し、全社でこの取(qu)り組みを推進(jin)していきます。

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進の位置づけ

D&I推進の位置づけ

SCSKは、中期経(jing)営計画における経(jing)営基盤強化(hua)の一つとして、「人材価値(zhi)最大化(hua)」を掲げ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。

SCSKにおける最(zui)大の財産(chan)かつ、成(cheng)長の原動力(li)は「人(ren)(ren)」です。多様な人(ren)(ren)材(cai)が最(zui)大限(xian)に能力(li)を発揮して活(huo)躍(yue)(yue)できる職(zhi)場環境および組織文化を醸成(cheng)し、「総(zong)合的企業(ye)価値(zhi)」の飛躍(yue)(yue)的な向上を目指します。

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進の体制

組織風土醸成

経営(ying)アドバイザリセッション

D&I推進(jin)の取り組(zu)みの一つとして、2020年より3年をかけて、各組(zu)織のトップ層(ceng)を対象とした「経営アドバイザリセッション」を実施(shi)してきました。この施(shi)策(ce)は、D&Iの実践を通じてビジネスの革(ge)新・創出(chu)に寄与(yu)する組(zu)織文(wen)化を醸成することを目的に、自(zi)身の管掌組(zu)織の課(ke)題を抽(chou)出(chu)し、改善に向けたアクションプランを検討・策(ce)定、実践するものです。トップの旗振りによって実践することで、組(zu)織の一体感を醸成し、効果的な施(shi)策(ce)展開につながっています。

ダイバーシティ&インクルージョン推(tui)進ガイドブックの策定

全社(she)員がD&Iについて共通の認識を持ち、実践(jian)できるよう自(zi)社(she)の考え方(fang)や言葉(xie)の定義などをまとめた冊子(zi)を制作(zuo)・配(pei)布しています。インクルーシブな組織(zhi)(zhi)風土(tu)の醸(niang)成(cheng)に向けた具体的な行動やアドバイスも掲載しており、冊子(zi)を研修などで活用しながら全ての社(she)員が安(an)心(xin)して最大限(xian)の力(li)を発揮できる組織(zhi)(zhi)を目(mu)指しています。

女性の活躍推進

真に女性が活躍できる組織風土の実現は、より広義なD&Iを実現していく上で礎となるととらえ、各種施策を実施しています。これまで女性の積極的登用の目標として「女性ライン管理職数100名」を設定し、育成とキャリア開発支援に取り組んできました。なお、2022年3月期には、女性ライン管理職登用総数(延べ人数)は124名となっています。
2021年(nian)4月(yue)(yue)から2026年(nian)3月(yue)(yue)までの5年(nian)間で部長級の女性の比(bi)率を12%、極めて高度な専門(men)性を持つ人材(cai)(専門(men)性認定(ding)制度レベル5以上(shang))を150名(ming)とすることを目標(biao)として設定(ding)し、育成の取り組みを進めています。そして、これらの目標(biao)を役(yi)員の達(da)成目標(biao)に定(ding)め、女性活躍推進を含めたD&Iに関する取り組みや実(shi)績を評価の一つとしています。

女性(xing)活躍推進法(fa)における行動計(ji)画(hua)

計画期間 2021年4月1日から2026年3月31日までの5年間
SCSKの課題
  • (1)女性の管理職およびその候補者の育成
  • (2)女性の高度専門人材の育成
  • (3)男女共に活躍できる組織風土の醸成
取組目標
  • 目標1:部長級以上の女性比率を12%にする
  • 目標2:社内専門性認定制度の認定レベル5以上を高度専門人材と位置づけ、150名を育成する
  • 目標3:残業時間を20時間以内にする(生産性を高め、技術やスキル向上のための時間を確保する)

主な取り組み

女性管理職の育成促進
  • ・役員による指導育成プログラム「サポーター制度」実施
  • ・キャリア計画の策定
管理職候補者の育成
  • ・マインドセットとマネジメント力養成計画の策定
  • ・女性管理職とのネットワーク構築
高度専門人材の育成
  • ・CDP制度と連動した計画的育成施策の実施
  • ・メンターによる育成支援体制の構築
その他
  • ・女性・男性共に活躍できる組織風土の醸成に向けたセミナーの開催
  • ・登用・育成状況のモニタリング

具(ju)体的な取(qu)り組みについては以下のサイトに記載しています。

女性が活躍しています!
「えるぼし」認定

SCSKは、女性活躍推(tui)進法に基づく優(you)良企業認定(ding)「えるぼし」を取(qu)得しています。

この認定は、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良な企業を厚生労働大臣が認定するもので、SCSKは全評価項目(①採用、②継続就業、③労働時間などの働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコース)において基準を満たしており、最高位である3段階目の認定を取得しました。
(2016年8月認定取得)

シニア人材の活躍推進

グランドデザイン2030で描く「共創ITカンパニー」にふさわしい、持続(xu)的、発(fa)展的な事(shi)業成長を遂げるべく、すべての人材が年(nian)齢にかかわらず、その力を最(zui)大限(xian)発(fa)揮(hui)し活(huo)躍し続(xu)ける組(zu)織を目指し、シニアの活(huo)躍を推進(jin)するとともに、必要な制(zhi)度や環(huan)境を整えていくことを重要な経営課題の一つとして取り組(zu)んでいます。

大きな枠組みとしては、2013 年(nian)より50 代以上の社(she)(she)員(yuan)を対象(xiang)とした包(bao)括(kuo)的な人事制度(du)として「実年(nian)キャリアプラン」を導(dao)(dao)入し、業界に先駆(qu)け65歳完全雇用(yong)を実現(xian)してきました。2018年(nian)にはシニア人材をSCSKの主力人材として位置(zhi)付け、60歳以降65歳まで正社(she)(she)員(yuan)としての雇用(yong)と、高(gao)い組織貢(gong)献に報いる処(chu)遇を実現(xian)する「シニア正社(she)(she)員(yuan)制度(du)」を導(dao)(dao)入しました。現(xian)在は500名(ming)を超えるシニア正社(she)(she)員(yuan)が豊富な知識・経験を活かし、活躍しています。

また、高年齢者雇用安定(ding)法(fa)の改正に伴い、2022年7月には一定(ding)の基(ji)準に基(ji)づく65歳以(yi)降の継続雇用制度(du)「シニアエキスパート制度(du)」を導入し、高い専門性(xing)を有し、その能力を発揮し続ける人材が継続的にSCSKで活躍できる環境の整備(bei)を進めていきます。

人(ren)が財産であるSCSKにおいて、高(gao)い専門性を持(chi)ち続(xu)け、それを最(zui)大限(xian)に発揮して活(huo)躍し続(xu)ける社員(yuan)を「目指すシニア人(ren)材(cai)像(xiang)」と位置付け、年齢にかかわらずすべての人(ren)材(cai)が生涯(ya)現役として活(huo)躍し続(xu)ける環境づくりに取り組んでいます。

障がい者の活躍支援

diversity-05

重度障がい者雇用モデル企業として、東京都と多摩市の行政と民間企業であるSCSKの共同出資による第三セクター企業、「東京グリーンシステムズ株式会社」を1992年に設立しました。 「参加・自立・共生」を理念として掲げ、「自立と貢献」を目指し、SCSKの特例子会社として、参画するグループ会社の障がい者雇用を推進しています。現在、SCSK多摩センターオフィスに本社を構え、 建物清掃や庭園整備、農業、レストランサービス事業のほか、オフィス内の売店や集配業務などに従事しています。

また、SCSKの主要拠点にはリラクゼーションルームを設置しており、「あん摩マッサージ指圧師免許」の国家資格を持つ、視覚障がいのある方々がヘルスキーパーとして活躍しています。
サポート体制

LGBTQに関する施策

LGBTQ & Ally

セクシャルハラスメント、パワーハラスメントの禁止だけではなく、性(xing)(xing)的(de)指向(xiang)に基づく差別の禁止を「コンプライアンスマニュアル」へ明(ming)記するなど方針(zhen)の明(ming)文化をはじめ、社内制度において同性(xing)(xing)・内縁パートナーを「配偶者」として制度適(shi)用(yong)の対象とするなど、すべての社員が安心(xin)して働ける環境の整備(bei)に取り組(zu)んでいます。相談(tan)窓口の設(she)置のほか、理解促進を目的(de)とした全社員向(xiang)けのセミナーの開催、管(guan)理職およびグループ会(hui)社を含めた人(ren)事担当向(xiang)けの研修を実(shi)施しています。

また、LGBTQについて理解し、支える、応(ying)援するという気持ちを表(biao)すアライ(※1)ステッカーを希望(wang)者へ配布しており、アライである社員(yuan)同(tong)士(shi)が情報(bao)交換(huan)やLGBTQに関する施策(ce)に対し意見(jian)交換(huan)を行うことのできる「アライコミュニティ」を運(yun)営しています。

  • (※1) アライ:Ally。LGBTQへの支援を表明する、当事者以外の人々の総称です。