テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

株式会社東急ストア 様

人手不足というスーパーマーケット業界の課題に対する新たな一手
RPAの有効活用で、より生産性の高い業務への変革を推進
※RPA:ロボティック・プロセス・オートメーション

働き方改(gai)革・生産(chan)性向(xiang)上

システム化でカバーしきれない
人手の作業をRPAで自動化
流通BMS対応後の業務をさらに
年間1,000時間削減 ※流通BMS(Business Message Standards)は、経済産業省の「流通システム標準化事業」により2007年4月に制定されたメーカー、卸、小売のためのEDI標準仕様

事例のポイント

お客様(東急ストア様)の課題

  • 人手不足が深刻化し、業務の生産性向上が急務
  • 業務の粒度やコストの面でシステム化に踏み切れない業務が存在
  • RPAへの関心は高いが、実績がまだなく有効な活用方法が不明確

課題解決の成果

  • システム化した業務領域にRPAを活用し、全体の生産性がさらに向上
  • RPAの特性を理解し、活用ノウハウを獲得
  • 今回の成功体験を足掛かりに、より踏み込んだ業務改革を推進

導入ソリューション

CELF RPAオプション

株式会社東急ストア
経営統括室 情報(bao)システム部長

鈴木 恵介

株式会社昭和システムエンジニアリング
ソリューションサービス事業本部
第二統括部 係長

田中 光昭

システム化というアプローチ以上に現場の業務改革に踏み込むことができたのは大きな成果。
今(jin)後も新しい技(ji)術(shu)をうまく取(qu)り入れ、生産性向上を追求していきたい。 

経営統括室 情報システム部(bu)長

鈴木 恵介

背景・課題

人手不足という深刻な業界課題に対し、業務の生産性向上が急務

 東急(ji)(ji)グループの生(sheng)活(huo)サービス事業としてスーパーマーケットを営む「東急(ji)(ji)ストア」。同社は、地域(yu)の人々の生(sheng)活(huo)を支えるだけでなく、共に豊かな社会を築くことを目指し、東急(ji)(ji)沿線(xian)を中心(xin)に84店舗(pu)(2019年5月(yue)現(xian)在(zai))を展開(kai)。現(xian)在(zai)もさまざまな取り組みを実施(shi)している。2018年9月(yue)には、複合(he)施(shi)設の渋谷ストリームにグローサラント(販売する食材で調(diao)理したメニューの飲食もできる)型の新業態となる「プレッセ シブヤ デリマーケット」をオープン。また、11月(yue)には東急(ji)(ji)百(bai)貨店とマーチャンダイジングを融合(he)させたグロサリー売り場(chang)の展開(kai)を開(kai)始(shi)し、話題となっている。

 しかし、明るい話題だけではない。スーパーマーケット業(ye)界(jie)全体に目を移(yi)すと、「人(ren)手(shou)不足」が深刻な課題となっている。東(dong)急ストアもその課題に直面しているのだ。「当(dang)社(she)はさまざまな取り組みが奏功し、業(ye)績は伸長(chang)していますが業(ye)界(jie)全体と比較(jiao)すると利(li)益率は高いとはいえず、伸び悩んでいます。その理由の1つが人(ren)手(shou)不足です。人(ren)手(shou)が確保(bao)できない状況の中、どうやって生産性(xing)を向(xiang)上させていくのか、ということが大きな課題となっていました」と経営統括(kuo)室・情報システム部長(chang)の鈴木恵介氏は語る。

 東急ストアは、これまでにも生産性向上やコスト削減につながる取(qu)(qu)り組みを行ってきた。2012年(nian)にはいち早く「スマクラ(流通BMS・WEB-EDI)」を導入。取(qu)(qu)引(yin)先側の負担(dan)分も含めたコストの低減と、発注(zhu)、出荷(he)、受(shou)領、支払など各種(zhong)やり取(qu)(qu)りの効率化を実現。さらにはEDI取(qu)(qu)引(yin)以外に残る手(shou)書き伝票(月間約4万枚)や青(qing)果不(bu)良品のクレーム対(dui)応(ying)など、手(shou)入力の作業で多大な負荷(he)やコストが発生していたものをシステム化によって削減している。

 しかしシステム化(hua)というアプローチだけでは限界がある。業(ye)務の粒度やかかるコスト/期間によってシステム化(hua)に踏み切れない領域(yu)は多くあり、また必ずしも人(ren)による作業(ye)がすべてなくなるわけではない。「青果不良品のクレーム対応は、システム化(hua)によってFAXでのやり取りなど多くの手作業(ye)をなくすことができました。しかし、原価情報や取引先情報などをシステム上で入力(li)する必要があり、件数自体が多いため、その対応負(fu)荷も軽減できないかと考えていたのです」と鈴木氏は語る。

解決策と効果

システム化に加え、RPA導入という次なる一手。業務を改革し、さらなる生産性向上を実現

  そこで鈴木氏が着(zhe)目したのがRPAの活用だ。RPAとはこれまで人が手(shou)作業(ye)(ye)で行(xing)ってきた作業(ye)(ye)をロボットが代行(xing)・自(zi)動(dong)化することにより、業(ye)(ye)務プロセスの処理にかかる時間を短縮し、業(ye)(ye)務効率を向上(shang)させるものだ。デスクトップ上(shang)で行(xing)うキーボードやマウスによる操作の手(shou)順(shun)、特定の条件による分岐をロボットに教えると、ロボットは教えられたとおりに自(zi)動(dong)実行(xing)する。

 RPAの活(huo)用を考えていた鈴木(mu)氏に時(shi)宜にかなった具体的(de)検討の機会が訪れた。SCSKが実証実験の提案をしてきたのだ。SCSKは先(xian)述した「スマクラ(流通BMS・WEB-EDI)」導入や、手(shou)書き伝(yun)票(piao)、青果不(bu)良品(pin)のクレーム対応のシステム化など、東急ストアの生産性向上への取り組みを支えてきた。そのため更なる改善(shan)ニーズがあることを察(cha)知していたのである。

 SCSKが導入提(ti)案(an)してきたのが「CELF RPAオプション(以下CELF)」。CELFは“RPAオプション”という名(ming)のとおり単なるRPAツールではなく、プログラミング知識不要でWEBアプリケーションが開発できる機能も提(ti)供している。一般的にRPAが特に威力を発揮(hui)するのは定型(xing)処理など標準化(hua)された業務である。そのためRPA導入にあたっては、まず現状業務の整理・見直しが求められることもあり、中には大がかりではなくともシステム化(hua)が必要なケースも出(chu)てくる。CELFはそういったニーズにも対(dui)応(ying)。また、複雑で大規模(mo)な業務に適(shi)用するよりも、個別業務の自動化(hua)に適(shi)しており、小(xiao)規模(mo)から導入しやすい機能・料金体系(xi)になっていることもポイントだ。

 鈴(ling)木氏は、CELF導入の実(shi)証実(shi)験を行うにあたり、情(qing)報(bao)システム部内(nei)で検討を重ねた。

ひとたびRPA導入を検討するといっても製品ごとに特長があり、どういった業務に適用すればよいのかはやってみなければわからない。そのための検証(zheng)でコストがかかってしまうのも本末(mo)転倒だ。「CELFはPC1台から始められ、かつSCSKが実証(zheng)実験から提案してくれたこともあり、導入検討に踏み出せたのです」(鈴木氏)

 鈴(ling)木(mu)氏はCELF導(dao)入(ru)の実証(zheng)実験を行(xing)う対象業(ye)務(wu)について部(bu)内で意見を募った。期せずして手(shou)が挙がったのは、SCSKの「スマクラ」が支(zhi)えている業(ye)務(wu)領(ling)域への適用(yong)だった。「青(qing)果不良品のクレーム対応(ying)でCELFが活きるのではと考(kao)えました。毎日(ri)のように、どこかの店舗(pu)で返品処理(li)(li)が発(fa)生(sheng)します。SCSKの「スマクラ」を通(tong)じてシステム化したといっても、その処理(li)(li)にはまだ手(shou)間がかかっていました。システムを追加開発(fa)するにはコストが見合わないと思(si)っていたため、RPAならばと思(si)ったのです」と語(yu)るのは、東急ストアの情(qing)報システムの保(bao)守・管理(li)(li)を支(zhi)援(yuan)している昭和システムエンジニアリング・ソリューションサービス事(shi)業(ye)本(ben)部(bu)・第二(er)統括(kuo)部(bu)・第一システム部(bu)・係長の田中光昭氏だ。

 鈴(ling)木氏(shi)(shi)は、田中氏(shi)(shi)のアイデアを採用(yong)し、CELFを使(shi)って不良品の情(qing)報に原(yuan)価情(qing)報や取引先情(qing)報などを付加する作業の自動化を進めることに決めた。同社(she)にとってRPA導入はまだノウハウがなかったため、試行錯誤しながら約半年かけて「CELF」を実装していった。「経験もないなか、CELFでどう実現(xian)したらよいのかを理解するには多(duo)少(shao)苦労しましたが、SCSKのサポートもあって無事自動化を実現(xian)することができました」(田中氏(shi)(shi))

 CELFによる自動化(hua)でこれまで5〜6時(shi)間ほどかかっていた本(ben)(ben)部(bu)側(ce)の作業(ye)時(shi)間が約(yue)半(ban)分になったという。年(nian)間でいえば1,000時(shi)間ほどの削減となる。本(ben)(ben)導入でも十分費用対効果が得られる成果だ。

  鈴木氏は今(jin)回(hui)のCELF導入(ru)の価値についてこう語る。「これまでシステム化というアプローチ以上(shang)に現場(chang)の業(ye)(ye)務改革(ge)に踏み込(込)むことはできていなかったので、今(jin)回(hui)その実(shi)績が作れたことは大きい。また、現場(chang)の業(ye)(ye)務には生産性を高められる業(ye)(ye)務がまだまだあり、貢献できる余地がたくさんあるというのも大きな発見です」

東急ストア  生産性向上と業務変革への取り組み

東急ストア 生産性向上と業務変革への取り組み

今後の展望

新しい技術をうまく活用し、今後も業務の生産性を高めていく
最終的には当社のお客様に喜んでいただくことにつなげたい

 CELF導入(ru)により生産性(xing)向上を果たした東(dong)(dong)急(ji)ストア。今(jin)回の経(jing)験で得たRPAの特性(xing)の理解を踏まえ、今(jin)後(hou)も活(huo)用(yong)を積極的(de)に進めていく構えだ。スーパーマーケットの裏側だけに留まらず、東(dong)(dong)急(ji)ストアのお客様(yang)に喜(xi)んでいただくことにつなげるのが最終的(de)な目標だ。

 最(zui)後に鈴木氏は次のように語った。

「技術(shu)(shu)の進(jin)化はとてもスピーディー。RPAに限らず最新技術(shu)(shu)を導入することで、作業効率や精度をあげることができるなら、どんどん取り入れたい。とはいえ、実際に使ってみなければ、どこに活(huo)かせるのかは未知(zhi)数。だからこそ試していき、考えていく必要がある。SCSKにはそのパートナーとして、他(ta)社(she)のモデルケースなど、契機となる情報を紹介いただきながら、共に取り組んでもらえることを期待(dai)しています」

SCSK担当者からの声

東急ストア様(yang)には、青果部門の不(bu)良品(pin)報(bao)告の際の手(shou)作業(ye)(ye)を自動(dong)化する目的で、弊社スマクラforWeb(Web-EDI)を導入いただきました。しかし、Excelでの手(shou)作業(ye)(ye)が一部残っていたため、「CELF RPAオプション」導入の実(shi)証実(shi)験を提案しましたところ、最(zui)終(zhong)的に不(bu)良品(pin)報(bao)告作業(ye)(ye)にCELFがぴたりとはまり、業(ye)(ye)務のさらなる生(sheng)産性向上に寄与することができました。

東(dong)急ストア様には、現在(zai)、スマクラのほか、電子稟議システムなどさまざまなIT価値を提供させていただいております。今後も、本部・店(dian)舗・エンドユーザー様にとって、よりよい価値を創造(zao)できるよう、SCSKは引き続きご支援させていただきます。

流通・メディアシステム事業部門
流通・メディア第三事業本部 営業第二部

馬場 瑞(rui)紀(ji)  


お客様プロフィール

株式会社東急ストア

所在地:東京都目黒区上目黒一丁目21番12号
U R L:

「東(dong)急(ji)(ji)ストア」は、1956年に設立(li)したスーパーマーケット。東(dong)急(ji)(ji)グループの生(sheng)活(huo)サービス事業の中核として、東(dong)急(ji)(ji)沿線を中心に主(zhu)力業態(tai)である食品(pin)(pin)スーパーマーケット「東(dong)急(ji)(ji)ストア」や、ハイクオリティー&ハイサービスをテーマに健康・品(pin)(pin)質・味にこだわった食の専門館「プレッセ」、小型店舗(pu)でありながら地域(yu)の生(sheng)活(huo)を支える「東(dong)急(ji)(ji)ストア フードステーション」、食料品(pin)(pin)からファッショングッズ、ヘルスケアまで取りそろえたショッピングスクエア「フレル」などを展開。「地域(yu)一番(fan)店」であることを目指し、東(dong)急(ji)(ji)ストアらしい価値(zhi)の提案に日(ri)々取り組んでいる。

2019年5月