テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

サミット株式会社 様

オンプレミスで運用してきた独自のポイントシステムをAWSに移行
安心・安全なクラウド環境をS-Cred+で実現

“攻めのIT”を支えるITソーシング

SCSKが提供するハイブリッドクラウドで
ハードウェアライフサイクルの呪縛から脱却し
長期視点での安定稼働環境を「S-Cred+」で構築

事例のポイント

お客様の課題

  • ポイントシステムを運用しているサーバーのEOS(保守期限の終了)が近づいた
  • オンプレミスではハードウェアのライフサイクルから逃れられない
  • ランサムウェアなど昨今の悪質なサイバー脅威に対する懸念の高まり

課題解決の成果

  • ポイントシステムをAWSに移行して安定稼働を実現
  • SCSKの「S-Cred+」による信頼性の高いクラウド環境の監視体制が実現
  • S-Cred+のセキュリティ機能を活用し安心なクラウド利用を実現

導入ソリューション

  • USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)
  • クラウド構築・運用自動化サービス「S-Cred+プラットフォーム」

サミット株式会社
情報システム部(bu)分掌役員付

梅木 英一郎

「より強固なセキュリティを構築・運用していく上でクラウドのほうが有利と判断、
複数(shu)企業の中から、AWSの最(zui)上位パートナーで豊富な知(zhi)見を持つSCSKの提案(an)を採(cai)用しました」

情報システム部分掌役員付(fu)

梅木 英一郎

背景・課題

1999年に導入し拡張を続けてきた
独自のポイントシステムのクラウド移行を決定

 東(dong)京(jing)都(dou)を中心(xin)に神奈川県(xian)、埼玉県(xian)、千(qian)葉県(xian)にスーパーマーケットを展開するサミット。「サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする」という事業ビジョンを掲(jie)げ、顧客(ke)はもとより社員や取引先まで、すべてのステークホルダーが「幸せ」と感じ、喜んでもらえる理想の実(shi)現を目指している。

 そうした中(zhong)での重要な鍵を握るのがIT活用(yong)であり、情報(bao)システム部では常にこの事業ビジョンの実(shi)現を見据えたシステムの構築や運用(yong)にあたっている。具(ju)体的な取(qu)り組(zu)みの1つが、サミット独(du)自のポイントシステムだ。1999年に導入(ru)し、拡張を続けてきたもので、会員管(guan)理(li)やポイントの集計など、ポイントカードサービスの中(zhong)核(he)を担っている。

 同社 情報(bao)システム部(bu)分(fen)掌役員付の梅(mei)木 英一郎氏は、「弊社にとってポイントカードサービスは、ポイントセールや販(fan)売実績分(fen)析(xi)など販(fan)促活動を支(zhi)えるほか、配達(da)サービスや予約販(fan)売などとデータを自動連(lian)携(xie)したお客様サービス向(xiang)上のための基盤となっています」と語る。

 導入(ru)当初は磁(ci)気(qi)ストライプカードを用いて、カード自体にポイントデータを保持(chi)するという形をとっていたが、読(du)み取りエラーが起こりがちで、また夜間バッチでしか会員の保有ポイントを集(ji)計(ji)できない問題があった。

 そこで2015年にバーコード式のポイントカードに変更。あわせてシステムの大幅な機能強化を行い、POSレジからリアルタイムでデータを収(shou)集・管(guan)理(li)できる体制を整えた。

 だが、この新システムも稼働開(kai)始から5年近くが経過すると、サーバーのEOS(保守期限の終(zhong)了(le))が近づき更改が必(bi)要となった。これに伴いサミットが検討を開(kai)始したのが、ポイントシステムのクラウド移行(xing)である。

 「オンプレミスでシステムを運(yun)用する以上、永遠にハードウェアのライフサイクルに対(dui)応し続けなくてはなりません。そこでオンプレミスとクラウドのコスト比較を行ったところ、長期間にわたる安定稼(jia)働(dong)を確(que)保する前(qian)途(tu)に立てば、初期コストはもとより運(yun)用コストでもクラウドのほうが安価となることが明らかになりました」(梅木氏)

 加えて大きな動(dong)機となったのは、ランサムウェアをはじめとする昨(zuo)今(jin)の悪質なサイバー脅(xie)威に対(dui)する懸(xuan)念で、「現状よりも強固(gu)なセキュリティを構築・運用していく上(shang)でもクラウドのほうが有利」(梅木氏)と判断。2021年6月に経(jing)営幹部会での決(jue)議を経(jing)て、サミットはポイントシステムのAWS(Amazon Web Services)への移(yi)行を決(jue)定した。

解決策と効果

USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)をベースに
2段階でのクラウド移行を計画

 ポイントシステムの移行先としてAWSを選んだ理由は、世(shi)界的なメガクラウドの一角であり将来にわたってサービス継(ji)続を望める安心にある。とはいえサミットが自(zi)力でAWSを活用していくには、自(zi)社の人材(cai)だけでは不(bu)十分だ。そこでプロジェクトのパートナーに選定したのがSCSKである。

 「既(ji)存ハードウェアのEOSが近(jin)づきプロジェクト期(qi)間が限(xian)られる事(shi)情もあり、選定に際して重(zhong)視したのは、『AWS上でのシステム構築や運用で豊富な経験を持つこと』と、『これまでの弊(bi)社との取(qu)引において、大きな問(wen)題(ti)や遅延(yan)を起こすことなく仕事(shi)をやり遂げた実績を持つこと』の2点です。この条件(jian)に合(he)致したことが決め手となり、複数のベンダーの中からAWSの最上位パートナーでもあるSCSKの提案を採用しました」(梅木氏)

 SCSKの提(ti)案(an)の中心(xin)に位置するのは、「USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)」だ。

 今回のプロジェクトの主な対象は前述したとおりポイントカードシステムだが、周辺には基(ji)幹系や情報活用系などさまざまな業務システムがあり、約40台の仮想マシンがオンプレミスの同じサーバー上で稼働している。すなわちこれらの業務システムについても、サーバーがEOSを迎えるまでに移(yi)行(xing)を完了する必(bi)要がある。

 「そこで第(di)1段階(jie)(jie)として、2024年度上半(ban)期までにすべてのEOS対象システムをAWSまたはSCSKのデータセンター内に用意されたプライベートクラウド環境へ段階(jie)(jie)的に移行(xing)します。こうしてハードウェアのライフサイクルによる制約を排した上で、各システムの業務特性や運用コストなどを検討(tao)。そのままプライベートクラウドに残すもの、AWSに移すもの、さらにAWS上でクラウドネイティブなアプリケーションに再(zai)構(gou)築するものを選(xuan)別し、第(di)2段階(jie)(jie)の移行(xing)を進(jin)めていく基本方(fang)針を立てました」(梅(mei)木氏(shi))

 この移行(xing)プロジェクトの全体(ti)計画をオールインワンで支えたのが、SCSKのクラウドサービスであるUSiZEというわけだ。ちなみにSCSKのプライベートクラウド環境はAWSの東京リージョンと高速な回線で接続(xu)されており、シームレスな相互運用が行(xing)われている。したがってサミットの本部や各店(dian)舗(pu)から見(jian)た場合、利用しているシステムがプライベートクラウドで稼働(dong)しているのか、それともパブリッククラウド(AWS)で稼働(dong)しているのかといった違いを意識(shi)する必要(yao)はまったくない。

 さらに、このクラウド環境の最適(shi)な運用を実現するために導入したのが「S-Cred+」である。SCSKがこれまでに数多くの案(an)件で培ったノウハウや知見をもとに運用業務を支援するマネージドサービスで、すべてのシステムの稼働(dong)状(zhuang)況を包括的に監視し、トラブルやセキュリティインシデントが発(fa)生した場(chang)合に早急にアラートを発(fa)して、問題解決を支援する。

 「これまでのオンプレミス環(huan)境では人(ren)的リソースが足(zu)りず、とても手が回っていませんでしたが、S-Cred+で高信頼の運用監視体制を実現することができました」(梅木氏)

 こうしてサミットにおけるクラウド移行(xing)は現在も順(shun)次進(jin)められている過程(cheng)にあり、メインのポイントシステムもすでにAWSへの移行(xing)を完了(le)。「以(yi)降は問題(ti)も起きておらず、安定した稼働を続(xu)けています」と梅木氏は語る。

今後の展望

クラウド上のデータレイクに統合された
データをリアルタイムに分析・活用していく

 もっともAWSに移行したポイントシステムは、現状アプリケーションそのものの変更は行われていない。新たな付(fu)加価値(zhi)を生み出すには、今後(hou)の展開が重要な意味を持つ。

 その先で見据えているのは、今回のサーバーのEOSの影響(xiang)を受(shou)けなかったことからオンプレミスに残(can)っているシステムの移行である。

 「2025年度内を目標として弊(bi)社(she)の全システムをAWSおよびUSiZEパブリッククラウドモデルに移行し、あらゆるマスタデータやトランザクションデータをAWS上のデータレイクに集(ji)約していく計(ji)画です。こうして統合されたデータをリアルタイムに分析・活用することで、全社(she)的なDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進(jin)していきます」と梅木氏は構(gou)想を示し、引き続きSCSKのサポートに大(da)きな期待を寄せている。

システム構成
システム構成

SCSK担当者からの声

USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)および、S-Cred+プラットフォームをご採用いただき誠にありがとうございます。クラウド移行においては、当社(she)(she)(she)以外(wai)に複数社(she)(she)(she)がそれぞれの役割(ge)において進めていくプロジェクトと認識しております。今回のプロジェクトは当社(she)(she)(she)だけではなくお客様および、他社(she)(she)(she)様のご協(xie)力をいただいた結果、完遂できたと考えております。今後(hou)は、DXを推(tui)し進めるとともに、お客様の業(ye)務に貢献(xian)できるようご支援をさせていただきます。

クラウドサービス部 第三課 課長

飯島 理徳

ポイントシステムをはじめとするお客様(yang)のシステム基盤の本格的なクラウド移行にあたり、弊社をパートナーとして採用いただけたことを大変嬉しく思います。 今後もお客様(yang)のクラウド活(huo)用に貢献すべく、SCSK 一丸となって努めてまいります。

SCシステム事業本部 ビジネスソリューション第二部 第一課

深澤 真之(zhi)


お客様プロフィール

サミット株式会社

所在地:東京都杉並区永福3-57-14
設立:1963年7月29日
U R L:

東京都を中心に神(shen)奈川県(xian)、埼玉(yu)県(xian)、千葉県(xian)でスーパーマーケットを展開。社員がサミットで働(dong)くことを「幸せ」と感(gan)じ、お客様がサミットの店に来店されることを「幸せ」と感(gan)じ、お取(qu)引先様がサミットとお付き合(he)い頂(ding)くことを「幸せ」と感(gan)じ、すべての関(guan)係者の皆様に喜(xi)んで頂(ding)いている状態を「サミットが日本のスーパーマーケットを楽(le)しくする」という事業ビジョンで表現し、その実現に向け邁進している。

2023年11月初(chu)版(ban)