テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

佐鳥電機株式会社 様

半導体サプライチェーンを支えるEDI基盤をクラウドに移行
EDIの「2024年問題」への対応とグローバル化を一挙に実現

働き方改(gai)革(ge)・生産性向(xiang)上(shang) 

SCSKの導入支援でEDI基盤のクラウド化を短期間で実現
導入により運用負担が軽減し、年間240時間の業務負担削減を見込む

事例のポイント

お客様の課題

  • DX推進のため、IT組織業務を開発・運用から企画・構想へシフトさせる必要があった
  • 「EDI2024年問題」対応に向け、自社構築EDIシステムの大規模改修が必須であった
  • 海外取引先との取引拡大のため、EDIシステムのグローバル対応が必要とされた

課題解決の成果

  • EDIシステムの開発・運用業務を委託することで年間約240時間の業務負荷を削減、より戦略性の高い業務に人材をシフトできた
  • 金融機関との送受信を含む「EDI 2024年問題」への対応を短期間で実現した
  • 自社構築EDIシステムでは対応できていなかった、国際EDI標準「ANSI X12」「EDIFACT」に対応できた

導入ソリューション

  • クラウド型EDIシステム連携基盤サービス「スマクラ」

佐鳥電機株式会社
コーポレート本(ben)部 経営システム部 部長

杉山 孝男

佐鳥電機株式会社
コーポレート本部 経営システム部 主任

大上 正博

「今回のスマクラ2.0導入プロジェクトを通じて、SIerとしてのSCSKの提案力や技術力、
サポート品質が非常に高いレベルにあることが確認(ren)できました」

佐鳥電(dian)機 コーポレート本部 経営システム部 部長

杉山 孝男

背景・課題

「SATORI DX」構想実現の第一歩として
「スマクラ2.0」を採用

 佐鳥(niao)電(dian)機(ji)は1947年の設立以来、商(shang)社(she)、製造、設計・開発(fa)機(ji)能を組み合(he)わせ、お客様のビジネスをトータルコーディネートしてきた企業(ye)だ。海外拠(ju)点のネットワークは中(zhong)国・香港(gang)、台湾(wan)、韓(han)国、東(dong)南アジア、ドイツ、北(bei)米などに広がり、半導(dao)体、電(dian)子(zi)部(bu)品をはじめ、PC・制御製品などの電(dian)子(zi)機(ji)器の仕入れ・販(fan)売を中(zhong)核の事業(ye)とする。加えて、組み込みソフトウエアの開発(fa)、各種(zhong)システムの設計・試作に至るまで幅広いソリューションを手がけ、オリジナル製品の開発(fa)にも力を注いでいる。

 そうした同(tong)社では、2021年からの3カ年計(ji)画(中期経営計(ji)画2023)のもと、持続的な成長に向けて事業ポートフォリオの最適化(hua)やグローバルネットワークの拡大などを図ってきた。それと併せて推進してきたのが「(ITによる)営業支援(yuan)の強(qiang)化(hua)」「社内システムのクラウドシフト」「IT組(zu)織の変革」の3つを基本方針とする「SATORI DX」だ。SCSKのEDIサービス「スマクラ2.0」は、その戦略遂行の第一歩として採用された。

 「当社では従来、EDIシステムのようなミッションクリティカルな基幹システムはすべてオンプレミスで運用管理してきました。しかし、2021年からその方針(zhen)を一変させ、すべての基幹システムについて可能な限り、クラウドシフト推(tui)進を決定しました。それによりIT組織におけるインフラ運用管理の負荷を減らし、営(ying)業力アップのためのシステム企画・構想など、より戦(zhan)略性の高い業務に人的リソースを集中的に振(zhen)り向(xiang)けることにしたわけです。この戦(zhan)略がスマクラの採用につながりました」と、佐鳥電機 コーポレート本部(bu) 経営(ying)システム部(bu) 部(bu)長の杉山 孝男氏は振(zhen)り返る。

 杉山氏(shi)の話からもわかるとおり、スマクラ2.0を採用する以前(qian)、佐鳥電機(ji)ではオンプレミスでEDIシステムを運用していた。そのシステムは、2024年(nian)1月に終了するISDN回線(xian)サービスINSネット『ディジタル通信モード』を使用する古いタイプの仕組みであり、いわゆる「EDI 2024年(nian)問(wen)題(ti)」を抱えていた。その問(wen)題(ti)の解決が急務であり、「それがEDIシステムをスマクラ2.0で刷新する目的(de)でした」と、佐鳥電機(ji) コーポレート本部 経営システム部 主任の大(da)上(shang) 正博氏(shi)は説明する。

 加えて同社には「グローバルネットワークの拡大」という経営戦(zhan)略に沿い、海外(wai)との取(qu)引拡大に向け、EDIシステムのグローバル化を図るという狙(ju)いもあった。

 「グローバルサプライチェーンの中(zhong)では、EDIを通じた取引(yin)が標(biao)準であり、国際EDI標(biao)準である「ANSI X12」や「EDIFACT」を求めてきます。そうしたニーズに対応(ying)することも、EDIシステムを刷新する目的として設定しました」(杉山氏)

解決策と効果

機能、サポート、将来性でスマクラ2.0採用を決定
年240時間程度の業務負担削減を見込む

 こうした目的とクラウドシフトのIT戦略に則り、同社では市(shi)場にある数々のクラウド型のEDIサービスを比較検討すべく土俵に乗せた。

 同(tong)社では、海外の取(qu)引先(xian)とのEDI接(jie)続を実(shi)現するうえで必須となる国際標準の「ANSI X12」「EDIFACT」の接(jie)続実(shi)績をはじめ、「ebXML3.0方(fang)式」や、NTTデータのサービス「AnserDATAPORT」への接(jie)続、さらには各(ge)種フォーマット変換機能への対応に加えて、サービス全(quan)体(ti)のコストパフォーマンス、導入後のサポート品質、提(ti)案力など、さまざまな項目(mu)について各(ge)社のEDIサービスを評価(jia)した。その評価(jia)において総(zong)合(he)的に最(zui)も優れていたのがスマクラ2.0だったと大上氏(shi)は明(ming)かす。

 2023年5月にリリースしたスマクラ 2.0は、300社以(yi)上の導(dao)入実績で培った知見をもとに、企業(ye)間(jian)取引(yin)における通(tong)信手順やEDI処理(li)機能を強(qiang)化するとともに、最新(xin)のインフラ基盤による処理(li)性能の向上により信頼性・可用(yong)性を強(qiang)化した。また、業(ye)界(jie)固(gu)有の商慣習に対(dui)応した「スマクラ Web-EDI(バーティカルSaaS/業(ye)界(jie)特(te)化型)」や、SAPなどのERPとの接続をローコスト・短期間(jian)で実現(xian)するAPI機能「スマクラ Web API」も提供している。

 「スマクラ2.0はすべての機(ji)能要(yao)件を満(man)たしていたうえに、コストパフォーマンスに優れ、かつ、提案時の私(si)たちの質問や要(yao)望に対するSCSKの対応(ying)は迅速、かつ的確で明快でした。総(zong)合力でスマクラ2.0に匹敵するサービスはありませんでした」(大(da)上(shang)氏)

 スマクラ2.0の採用を決めた佐鳥電機ではまず、要件定義後の2022年8月にスタートを切(qie)(qie)り、4カ月間(jian)で環(huan)境(jing)構築を完了させ、自社構築のEDIシステムをスマクラに切(qie)(qie)り替えた。

 その経緯(wei)について大上氏は「当社(she)では今後、販売管理(li)などの基幹業(ye)務に使(shi)用しているERPについても刷(shua)新(クラウド化(hua))し、スマクラ2.0と連(lian)携(xie)させていきます。その時、マッピング変(bian)換(huan)やフォーマット変(bian)換(huan)といったEDI関連(lian)のすべての機能をスマクラ2.0に移(yi)行させる予定ですが、それに先立つかたちで、通信(xin)基盤のスマクラへの切り替(ti)えを進めました」と説(shuo)明する。同年12月(yue)末(mo)には、すべての接続(xu)(xu)先(銀(yin)行、得意先、仕入先)とスマクラ2.0を介したEDI接続(xu)(xu)が可能な状態(tai)としたのだ。

 「スマクラ2.0を通じた接(jie)(jie)続先は30社ほどに上(shang)(shang)(shang)ります。それらすべてとの接(jie)(jie)続を約(yue)3カ月という短期(qi)間で終えてしまうSCSKのSIerとしてのプロジェクト推進(jin)能力の高さには驚(jing)かされました。しかも、新型コロナウイルス感(gan)染症の影(ying)響(xiang)から、切り替えのプロジェクトはほぼリモートで打(da)ち合わせが行われたのですが、当社とSCSKの担(dan)当者との意思(si)疎通にまったく問(wen)題は起(qi)きず、接(jie)(jie)続作業のすべてが滞りなく進(jin)行し、手戻(li)りも一切ありませんでした。SCSKのサービスを選んで正(zheng)解(jie)だったと感(gan)じています」(大上(shang)(shang)(shang)氏)前述したとおり、佐鳥(niao)電(dian)機では今(jin)後、EDI関連の機能をすべてスマクラ2.0に移行させる。これによって、EDI運用の業務負担(dan)が劇(ju)的に下がると、大上(shang)(shang)(shang)氏は期(qi)待する。

 「現行(xing)のシステムでは、EDIの日々の運用に1時間程度をかけています。今後、EDI関(guan)連のすべての機(ji)能をスマクラ2.0に移行(xing)させることでその時間はさらに短縮し、月(yue)当たり20時間程度、年換算で240時間以上(shang)の業務負担の削減効果を見込んでいます」(大上(shang)氏)

図:佐鳥電機におけるスマクラ2.0の活用イメージ(2023年5月取材時点)
図:佐鳥電機におけるスマクラ2.0の活用イメージ(2023年5月取材時点)
※基(ji)幹(gan)システムの刷新後、「マッピング変(bian)換(huan)」「フォーマット変(bian)換(huan)」「振り分(fen)け処(chu)理」「集(ji)配信」などの機能(neng)もすべてスマクラに移行させる予定

今後の展望

佐鳥電機のさまざまなITプロジェクトに
システムインテグレーターのSCSKの参画に期待

 スマクラ2.0導入による業(ye)務負担の削減は、前述した佐(zuo)鳥電機のIT戦略の一つ「IT組織の変革」を前進させるうえでも有効だと杉山(shan)氏は評価する。そのうえで、SCSKに対する今後の期待(dai)について次(ci)のように語る。

 「今(jin)回のスマクラ2.0のプロジェクトを通(tong)じて、システムインテグレーターとしてのSCSKの提(ti)案力や技術力、サポート品質が非(fei)常に高いレベルにあることが確認できました。今(jin)後はEDIに限らず、ERPの刷(shua)新など、当社のさまざまなITプロジェクトでSCSKの協力を仰ぎたいと考えています。また、EDIに関しても、製造のグローバルサプライチェーン上に存在する多様(yang)なEDIを相(xiang)互(hu)につなぐ、より汎用的(de)で、標準的(de)なプラットフォームを作り上げてくれることをSCSKには望んでいますし、SCSKならばそれが可能だと期待(dai)しています」(杉山氏)

***

SCSK担当者からの声

佐鳥電機様には、社内取り纏めや取引先様との調整などプロジェクト推進に多大なご尽力いただきました。
お陰様で、コロナ禍のプロジェクトでしたが、リモートを中心にコミュニケーションを密に取ることが出来き、成功を収めることができました。
また、当社としても通信の種類(ebXML3.0やAS2など)、特性に合わせ、柔軟に切替設計・運用設計が出来たかと思います。
運用フェーズにおいても佐鳥電機様のビジネス発展に寄与できるよう支援してまいります。
また、更なる満足を頂けるようなサービスの拡充を図ってまいります。

産業事業グループ 産業ソリューション事業本部
産業ソリューション第四部 第三課

髙(gao)橋 渉


お客様プロフィール

佐鳥電機株式会社

所在地:東京都港区芝一丁目14番10号
設立:1947年7月
U R L:

電子(zi)(zi)部(bu)(bu)品(pin)・電子(zi)(zi)機器などの販売を手(shou)がけ、製造業ビジネスをトータルコーディネートする佐鳥電機株式(shi)会社(以下、佐鳥電機)。同社は半(ban)導体(ti)・電子(zi)(zi)部(bu)(bu)品(pin)・電子(zi)(zi)機器および設(she)備関連機器の取り扱(xi)いをはじめとして、各種機器向けの組み込みソフトウエアの開発(fa)、各種システムの設(she)計・試作に至るまでの幅広いソリューションを展開し、顧客ニーズに対応している。また、無(wu)線技術などを核とした自社製品(pin)事業も強化(hua)している。

  2023年10月初(chu)版