テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

株式会社LegalOn Technologies 様

AVDを活用して機密情報にリモートワークでも安全にアクセス
スタッフの増員にも迅速かつ柔軟な対応(ying)が可能(neng)に

働き方改革・生(sheng)産性向上

豊富な知見を持つSCSKの支援で他セキュリティ製品ともスムーズに連携
自社のリソースを割くことなく3カ月という短期間でAVDを構築

事例のポイント

お客様の課題

  • 業務拡大を背景にクリーンルーム専用PCを設置するスペースが不足していた
  • クラウドVDIに移行しスタッフの増員に柔軟に対応したかった
  • AVDを自社でセキュアに構築するには時間を要しそうだった

課題解決の成果

  • リモートワークでもセキュアに機密情報にアクセスできるVDI環境を構築できた
  • AVDにすることで、スタッフの増員に柔軟に対応できるようになった
  • SCSKへ構築を依頼することで3カ月という短期間でAVDを構築できた

導入ソリューション

  • 「Azure Virtual Desktop」導入サービス

株式会社LegalOn Technologies
IT&セキュリティ部 コーポレートIT課
コーポレートIT企画(hua)係

佐藤 秀顕

「自分たちだけで導入していたら半年は間違いなくかかったと思います。
迅速(su)に導入する必要(yao)があったので、SCSKさんに構(gou)築を依頼し、導入期間を短縮できてよかったです。」

LegalOn Technologies
IT&セキュリティ部 コーポレートIT課 コーポレートIT企画(hua)係

佐藤 秀顕

背景・課題

自社特有のセキュリティ要件にマッチしたかたちでAVDを導入したいが
構築に必要な技術的な情報が少ない

 法律(Legal)と技(ji)術(Technology)を組(zu)み合わせた「リーガルテック」が注目されるなかLegalOn Technologiesでは、契約(yue)書のレビュー品質を高めるAI契約(yue)審査プラットフォーム「LegalForce」や、締(di)結(jie)後(hou)の契約(yue)書を管理するAI契約(yue)管理システム「LegalForceキャビネ」をSaaSサービスで提供している。

 顧客がアップロードした契約書(shu)は非常に機密性が高い。そのため同社では、契約書(shu)データを扱うときには通常の業(ye)務(wu)スペースとは隔離された「クリーンルーム」と呼ばれる業(ye)務(wu)エリアと隔離された部屋で作業(ye)するようにしていた。

 「クリーンルームは、カメラを使(shi)った個別の入退室システムで管理されており、ネットワークや機器も通常(chang)の業(ye)務ネットワークとは分離(li)しています。また、専用のデスクトップPCで作(zuo)業(ye)するなど、データ漏えいには細心の注(zhu)意を払っていました」と話すのは、LegalOn Technologies IT&セキュリティ部コーポレートIT課コーポレートIT企(qi)画係の佐藤(teng)秀顕氏だ。

 しかし、業容の拡(kuo)大とともにクリーンルームの収容人(ren)数が限(xian)界(jie)に近づき、コロナ禍によってリモートワークに対(dui)するニーズも高まってきた。そこで同社が検討したのが、どこからでも安全にデータにアクセスできるようになる仮想(xiang)デスクトップ(VDI)ソリューションだった。VDIの選定(ding)にあたっては、マイクロソフトのクラウド型VDIである「Azure Virtual Desktop(AVD)」を選択(ze)した。

 AVDを選択した理由(you)(you)について佐藤氏は、すでにAVDが数多くの実績(ji)を有していることや、マイクロソフトが提供しているという信頼(lai)性を挙(ju)げる。また、クラウド型であったことも大きな理由(you)(you)となった。これは、LegalOn Technologiesの社(she)内情報(bao)システムが全てクラウドベースで構築されているためで、同社(she)がVDIとしてクラウド型のAVDを選択することは、ある意味必然(ran)だったとも言える。

解決策と効果

よりセキュアな環境を短期間で構築
スタッフの拡充にも柔軟に対応可能に

 VDIとしてAVDを選(xuan)択することはすぐに決まったが、AVDの構(gou)築は誰がやればよいのか。社(she)内で構(gou)築することも不可能ではなかったが、Azure ADやMicrosoft Intune、他(ta)のセキュリティ関係のツールとの調整も必要になる。また、インタネット上で公開(kai)されている技(ji)術(shu)情報が少ないこともあり、同(tong)社(she)が求(qiu)めているようなセキュリティ要件を満たしたうえで構(gou)築するのには時間を要しそうだった。そこで、外部パートナーとして相談したのがSCSKだった。

 LegalOn TechnologiesとSCSKとは、これまでもさまざまなシステムの構築で取引の実績があった。

 「SCSKは企(qi)業規模も大きく信頼感があります。また、すでにAVDの導入に関しての実績がありノウハウを持っていました。そのため、他(ta)のパートナー企(qi)業と比(bi)較することはなく、SCSKさんに依頼することを決定しました」(佐藤氏)

 AVDには1つの仮想(xiang)デスクトップのリソースを複数人で共有するマルチセッションタイプがあり、このメリットにより導入する企業も多い。しかし同(tong)社(she)では、利用(yong)者が仮想(xiang)デスクトップを占有して利用(yong)するシングルセッションを採(cai)用(yong)することで、接(jie)続時のセキュリティを強化するとともに、使用(yong)する時間帯のみシステムを利用(yong)し、使用(yong)頻度の少ない夜間はスケールダウンすることでコスト低減を図(tu)ることにした。

 こうして2022年3月からAVDの導(dao)入(ru)プロジェクトがスタートした。しかし、プロジェクトを進めるなかで紆(yu)余曲折もあった。実(shi)は同(tong)社では、AVD構築と同(tong)時(shi)期に、クラウドセキュリティをより強化するためのソリューション「Netskope」の導(dao)入(ru)を検(jian)討しており、その検(jian)証(zheng)作業(ye)を終え導(dao)入(ru)が決定したことだ。

 Netskope の機(ji)能(neng)の一つであるCASB(Cloud Access Security Broker)は、複数のクラウドサービスの利(li)用状況を可(ke)視(shi)化し、ネットワークの運用・管(guan)理を効率化することができる。前述したように、社内にサーバーを置かず全てのシステムをクラウド化し、顧(gu)客から預かった機(ji)密性の高い情報を扱う同社にとって、Netskopeの導入は当然目指(zhi)すべき方(fang)向だったわけだ。

 ところが当(dang)初(chu)、AVDとNetskopeとの連携がうまくいかず、スムーズに通信ができないという不具(ju)合に見舞われた。SCSKではその原(yuan)因を突(tu)き止(zhi)め対(dui)処することで、数週間(jian)(jian)で不具(ju)合を解消。こうしたことを乗り越えながら、わずか3カ月という期間(jian)(jian)で導入作(zuo)業を完(wan)了させた。

 「自(zi)分たちだけで導(dao)(dao)入していたら半年(nian)は間違いなくかかったと思(si)います。迅速(su)に導(dao)(dao)入する必要があったので、SCSKさんに構築を依頼し、導(dao)(dao)入期間を短縮できてよかったです。SCSKとは1週間に1度報告会を実施(shi)することで、Netskopeとの連携(xie)がうまくいかなかった際にも状況把握ができていたので、全く不(bu)安はありませんでした」と佐(zuo)藤氏は振り返(fan)る。

 システム構築の過(guo)程(cheng)で、AVDの利(li)用方法(fa)についても大(da)(da)きな変更(geng)があった。当初は社内スタッフが利(li)用することを想定していたが、委(wei)託先の外注スタッフが利(li)用するように方針を変更(geng)したことだ。同社では、業(ye)容の拡(kuo)大(da)(da)に伴って外注スタッフを増(zeng)やす必要(yao)があったが、AVDであれば利(li)用するPCをすぐに増(zeng)やすことができる。

 「外注スタッフに利用してもらう端末として、AVDはとても適(shi)しています。専(zhuan)用のデスクトップマシンを用意(yi)するとなると、PCを発注し、届くのを待って環(huan)境(jing)を整備する必要がありました。それに対しAVDは、物理マシンでの設定が必要ありません。急遽、外注スタッフを増員するといった事態となっても対応できます。これも、AVDやNetskopeなどによってセキュアなアクセス環(huan)境(jing)が整ったからこそ実現したことです」(佐藤(teng)氏)

図:AVDを経由して、リモートワークでも安全に契約書データにアクセス
図:AVDを経(jing)由(you)して、リモートワークでも安全に契約書データにアクセス

今後の展望

データの持ち出しができない安全な環境を構築
現在20人以上がAVDを活用

 AVDやNetskopeの導入することで、リモートワーク時の情報保(bao)護の仕組みが整った。

 「PCの画面(mian)に『透(tou)かし』を表示して不(bu)正な画面(mian)キャプチャやカメラ撮影(ying)を防ぐ、アクセスできるURLを制限するなど、どうやってもデータの持ち出(chu)しができないようにしています」(佐藤氏)

 導入時(shi)、2人(ren)が利用(yong)していたAVDは、現(xian)在20人(ren)以上が使うようになっており、今後事(shi)業の拡(kuo)大に伴(ban)いこの数はまだまだ増えていきそうだ。

 「現状(zhuang)、安定(ding)して稼働(dong)しています。突発的に『こんなことができないか』といった相談が出てくることも多いのですが、そんなときでもSCSKに相談すれば答えが出てくるという安心感があります」(佐藤氏)

 AVDを導入しようとしている企業(ye)でも、まだまだPoCの段階という企業(ye)も少なくないだろう。クラウドオンリーを実践する先進企業(ye)であるLegalOn TechnologiesのAVD活用は、リモート環境から機(ji)密情報へアクセスしたいと考(kao)えている企業(ye)にとって、大(da)いに参考(kao)になるだろう。

***

SCSK担当者からの声

LegalOn Technologies 様のコメントにもある通りNetSkopeとの連携の問題が発生した際には、佐藤様のご協力から短い時間で課題を解決することができました。課題を長期化せずに解決できたのは、SCSKのことを信頼して任せていただいたことも理由の一つです。
当初(chu)の利(li)用用途とは異なる使い方(fang)とはなりましたが、構築したAVDがLegalOn Technologies 様のビジネスに活用され、貢(gong)献できたことを大変(bian)うれしく思います。 今(jin)後(hou)もSCSKならではの提案(an)をさせていだきLegalOn Technologies 様の事業拡大に貢(gong)献していきたいと考えています。

コミュニケーションサービス第二部第三課 課長

宮﨑 慎二(er)


お客様プロフィール

株式会社LegalOn Technologies

所在地:東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階
U R L:

2017年(nian)4月(yue)設(she)立(li)。「法(fa)とテクノロジーの力で、安心して前進できる社会を創る。」をパーパスとして、弁護士(shi)の法(fa)務(wu)知見と自然言語処(chu)理技術や機械学習などのテクノロジーを組み合(he)わせたソフトウェアを提供。AI契(qi)約審査(cha)プラットフォーム「LegalForce」とAI契(qi)約管理システム「LegalForceキャビネ」の2つのSaaSサービスを軸として事業(ye)展開(kai)している。2022年(nian)12月(yue)には社名を「LegalForce」から「LegalOn Technologies」に変更し、米国法(fa)人を設(she)立(li)。本(ben)格的なグローバル事業(ye)展開(kai)をスタートさせた。 

 2023年9月(yue)初版