テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

丸紅株式会社 様

食品事業を支える大規模EDI基盤を「スマクラ」に移行し、
得意(yi)先、仕入先、倉庫の業(ye)務改革を推進

働き方改(gai)革・生産性向(xiang)上

SCSKのプロジェクト推進により、
「食」の安定供給を支える大規模な受発注システムをクラウドサービスへ移行

事例のポイント

お客様の課題

  • EDIシステムの保守期限切れに伴い、システムの刷新が必要だった
  • 「INSネット」(デジタル通信モード)の終了が控えていた
  • 紙やFAXでやり取りしていた倉庫への出荷依頼を効率化したかった

課題解決の成果

  • クラウド型のため、取引先の追加など運用の手間が削減された
  • 得意先、倉庫双方の伝票起票作業、登録作業が大幅に削減できた
  • 出荷依頼が3-4時間早くなり、倉庫の出荷作業に余裕が生まれた

導入ソリューション

  • クラウド型EDIシステム連携基盤サービス「スマクラ」

丸紅株式会社
食品原料部食品原料第一課
担(dan)当(dang)課長

古川 哲也

丸紅株式会社
生活産業グループ管理部
食品(pin)・アグリ事業(ye)システム課

児玉 純子

「大がかりな開発をスケジュール通りに完遂したSCSKの技量とプロジェクト推進能力、
スマクラのWeb-EDIの機能は私たちの期待(dai)を超えるものです」

丸紅株式会社 生活産(chan)業(ye)グループ管理部 食品・アグリ事(shi)業(ye)システム課

児玉 純子

背景・課題

運用に手間がかからず、機能や取引先の拡張・追加も柔軟な
クラウド型EDIサービスを検討

 2022年3月期の連結決算で4,243億円の過(guo)去(qu)最高益(yi)を達成した総合商社、丸紅(hong)。同(tong)社の中(zhong)心的なビジネスの一つが食(shi)料(liao)(liao)品の事(shi)業(ye)だ。同(tong)事(shi)業(ye)の一翼を担う食(shi)料(liao)(liao)第一本部では、小(xiao)麦粉・砂糖・油脂などの食(shi)品原料(liao)(liao)から、コーヒー・茶・果汁などの飲料(liao)(liao)原料(liao)(liao)、市販用(yong)食(shi)品、業(ye)務用(yong)食(shi)材(cai)、乳製品、飲料(liao)(liao)原料(liao)(liao)、生鮮系の加工品に至るまで、多岐にわたる商材(cai)を扱い、食(shi)品業(ye)界(jie)で確固たる地位を築いている。

 「丸紅(hong)は、食(shi)料品サプライチェーンの“川(chuan)上”にあたる原(yuan)料調達の能力が高いことで広く知(zhi)られていますが、“川(chuan)下(xia)”の販(fan)売(mai)の部分にも強みがあります。例えば、コーヒー原(yuan)料については国(guo)内(nei)輸入販(fan)売(mai)シェア3割を誇っていますし、食(shi)品原(yuan)料のビジネスに関しても大(da)手のお客さまと数多く取引しています」と、丸紅(hong) 食(shi)品原(yuan)料部 食(shi)品原(yuan)料第一課 担当課長の古川(chuan)哲也氏は言(yan)う。

 その食(shi)品原料部のビジネスを支えている基幹(gan)システムの一つが、EDIだ。

 「食料品のビジネスは、仕(shi)(shi)入(ru)れて販(fan)売する商材(cai)が多品種(zhong)かつ大量で、取引先(xian)も数多くあります。そのため、仕(shi)(shi)入(ru)先(xian)や得意先(xian)との取引を効率化するEDIの仕(shi)(shi)組みが欠(qian)かせません」(古川(chuan)氏)

 その仕組みとして、食品原料部が活用したのが、SCSKのクラウド型EDIシステム連携基盤サービス「スマクラ」である。

 丸紅(hong)がスマクラを採用した背景には2つの要(yao)因がある。1つは、食(shi)(shi)品(pin)原料部をはじめとする食(shi)(shi)料第一本部が長年にわたって使用してきたEDIシステムが保(bao)守期限切れを迎えたこと。もう1つは、EDI通信に利(li)用しているISDN回線サービス「INSネット」(デジタル通信モード)が2024年1月で終(zhong)了することだ。

 「これら2つの課題を一挙(ju)に解決(jue)すべく、旧来(lai)のシステムをインターネット手(shou)順(shun)に対応したEDIシステムに乗せ換えようと考(kao)えました。また、システム運用に手(shou)間がかからず、機能や取引(yin)先の拡張・追加も柔軟に行えるクラウド型のEDIサービスを探(tan)し、結果として選んだのがスマクラです」と、丸紅 生活産業グループ管理部 食(shi)料・アグリ事業システム課の児玉純子氏は振り返る。

解決策と効果

倉庫ともリアルタイムに連携し
大口顧客との取引における紙伝票の95%超を削減

 クラウド型のEDIサービスが他にもあるなか、スマクラを選択した理由(you)について児(er)玉氏は次のように説(shuo)明する。

 「スマクラは食品(pin)業界(jie)で広く使われ、事実上のデファクトスタンダードといえるようなEDIサービスです。その点で、食品(pin)事業の取引を支(zhi)えるのに最適なサービスと判断(duan)できました。食品(pin)業界(jie)のEDIに関するSCSKの知見・経(jing)験を基にした、提案力(li)、課(ke)題解決力(li)、サポート力(li)にも大いに期(qi)待が持てました」

 加えて大(da)きかったのは、大(da)口顧客である大(da)手食品メーカーA社(she)もスマクラを採(cai)用していたことだ。A社(she)は、スマクラを使い原(yuan)料(liao)仕(shi)入(ru)れのプロセスを大(da)きく変えようとしており、丸紅のEDIシステムは、その要求(qiu)(qiu)に適(shi)応することが求(qiu)(qiu)められていた。スマクラが食品製造(zao)業に特化したWeb-EDIの機(ji)能を持っていることに加え、A社(she)のシステム構(gou)成を熟知(zhi)しているSCSKに依頼(lai)することで安価(jia)かつ安定(ding)したサービス提(ti)供(gong)を受(shou)けられる。そのことが決め手になり、スマクラの採(cai)用に踏み切ったと児玉氏(shi)は付(fu)け加える。

 スマクラの採用を決めた丸紅では、2021年10月からSCSKとともに新EDIシステムの構築プロジェクトを始動(dong)させ、2022年6月から新システムの運(yun)用を始動(dong)させている。

 新EDIシステムでは、得(de)意(yi)先(xian)、仕入先(xian)、倉庫とインターネット系の手順やWeb-EDIを介(jie)してつながっている。また、丸紅の要望に沿(yan)った、EDIサービスの継続性を担保するBCPサービスも組み込まれている。

 この新(xin)EDIシステムへの移行によって、特に大きく変化したのは大口顧客(ke)A社(she)との取(qu)引(yin)のプロセスだ。旧(jiu)来から、A社(she)からの受(shou)(shou)注はEDIシステムで受(shou)(shou)け取(qu)っていたが、それ以降の出荷回(hui)答、受(shou)(shou)領確認、請求などの処理はすべて紙伝(yun)票やFAXを使って行われていた。「多くの受(shou)(shou)注を頂(ding)くため、倉庫に出荷依頼がタイムリーに伝(yun)えられず、倉庫が商品出荷の手配に手間がかかることがありました。また、取(qu)引(yin)量(liang)が多いがゆえに、紙伝(yun)票の枚数(shu)も相当数(shu)に上っていました」と、古川氏(shi)は明かす。

 スマクラの持つ業(ye)界特化型の食品製造業(ye)向(xiang)けWeb-EDIを導入(ru)し、A社(she)からの受注を倉(cang)庫にリアルタイムに連携することにより、日々3-4時間早く出荷業(ye)務に取り掛かれるようになった。これにより、トラックの準備などの出荷作業(ye)に余裕を持たせることができるようになった。A社(she)も伝(yun)票入(ru)力ではなく、出荷データを基幹システムに自動取り込みをすることにより業(ye)務効率化につながり、紙伝(yun)票の量も95%以(yi)上(shang)削減された。

図:丸紅におけるスマクラの活用イメージ 図:丸紅におけるスマクラの活用イメージ

今後の展望

アナログなプロセスが残っている取引を
スマクラに乗せ換えていく可能性を探る

 児玉氏は、これらの効果をもたらしたSCSKを高(gao)く評価する。

 「今回(hui)、SCSKには、複数の大口顧(gu)客(ke)の要望に合わせた仕組みを構(gou)築(zhu)してもらい、トラブルなく業(ye)務効(xiao)率化に貢献いただきました。この大がかりな開発をスケジュール通りに完(wan)遂したSCSKの技術力(li)とプロジェクト推進(jin)能力(li)、スマクラのWeb-EDIの機能は私たちの期待を超えるものです」(児玉氏)

 こうしたSCSKとスマクラへの信頼(lai)から、丸紅では新EDIシステムのさらなる機能(neng)拡張をすでに計画している。

 「今回のプロジェクトを通じて、スマクラのサービスとSCSKの技術力、サポート品質(zhi)の高さに確(que)信が持てました。まだアナログなプロセスが残っている取引が多くあるため、それをスマクラに乗(cheng)せ換えていく可能性(xing)も探っていきます」(児玉氏(shi))

 丸紅でスマクラが活用する場は早くも広がりを見せている。

*

SCSK担当者からの声

丸紅様の食品事業は、世の中の食の安定供給に欠かせない存在です。
その重要なインフラとしてスマクラを採用いただきました。コロナ禍でのプロジェクトでしたが、丸紅様の多大なるご協力もあり、コミュニケーションを密にして進めることで、大きなトラブルもなく安定稼働させる事ができました。
今後も丸(wan)紅(hong)様の業務に貢(gong)献(xian)できるよう、高(gao)品質で満足度の高(gao)いサービスをスピーディーに導(dao)入すべく積(ji)極(ji)的なご支援(yuan)を続けてまいります。

産業ソリューション事業本部
産業ソリューション第四部 第二課

杉本 剛


お客様プロフィール

丸紅株式会社

所在地:東京都千代田区大手町一丁目4番2号
U R L:

1858年(nian)創業(ye)(ye)(ye)(ye)、1949年(nian)設立。総合商社として、生(sheng)活(huo)産(chan)業(ye)(ye)(ye)(ye)、素材産(chan)業(ye)(ye)(ye)(ye)、エナジー・インフラ、社会産(chan)業(ye)(ye)(ye)(ye)・金融、次世代事業(ye)(ye)(ye)(ye)など広範(fan)な領域において、輸出入(ru)および国内取引、各(ge)種サービス業(ye)(ye)(ye)(ye)務、内外事業(ye)(ye)(ye)(ye)投資(zi)や資(zi)源開(kai)発などの事業(ye)(ye)(ye)(ye)活(huo)動(dong)を多角(jiao)的に展開(kai)している。生(sheng)活(huo)産(chan)業(ye)(ye)(ye)(ye)グループに属する食料(liao)第一(yi)本部では、国内での強固な食品流(liu)通網を築くとともに、海外成長市(shi)場でも積極的な事業(ye)(ye)(ye)(ye)展開(kai)を進めている。

2023年6月初版