テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

YKK AP株式会社 様

製品輸送・配送の運行状況を迅速に把握し、
物流のBCPを強化する安心・安全ポータルを構築

働(dong)き方改革・生産(chan)性向上(shang)

AWSのAmplifyなどのサーバレス構成でシステム開発、
お客様との共創により3カ月の短サイクルで新たな機能を拡張

事例のポイント

お客様の課題

  • 輸送業者とYKK APが相互協力してホワイト物流を実現したい
  • 自然災害や事故/渋滞の発生時の遅延をできる限り回避したい
  • お客様に着実に製品をお届けするBCPの仕組みをつくる

課題解決の成果

  • 輸送状況に関するあらゆる最新情報を1カ所に集約
  • 関係者間での問い合わせの手間がなくなり情報収集・伝達が迅速化
  • 物流のBCPに対する全社的な意識の向上

導入ソリューション

  • AWSでサーバレスでのシステム開発(トラック輸送・配送状況 安心・安全ポータル)

YKK AP株式会社
ロジスティクス部 物流DX推進(jin)室

井上 高尚

YKK AP株式会社
ロジスティクス部(bu) 物流(liu)DX推進室

米 健太郎

「SCSKはAWSの技術にとても長けていると感じました。
私たちが望むサービスをアジャイルに実(shi)現していくその提案(an)内容は非常に満足(zu)度が高いものでした」

YKK AP株式会(hui)社 ロジスティクス部 物流DX推(tui)進室

井上 高尚

背景・課題

自然災害発生時などの遅延をできる限り回避し
お客様に着実に製品を届ける仕組みづくり

 「窓のある暮らし」を提案し、住(zhu)まいの窓・サッシ、ドアからビルのファサードまで。また新(xin)築やリフォームで住(zhu)まいを彩る住(zhu)宅建(jian)(jian)材(cai)からカーテンウォールまで、幅広い商材(cai)を手がけているYKK AP。2022年度は一般財団法人 省エネルギーセンターが主(zhu)催する「省エネ大(da)賞(shang)」の製品・ビジネスモデル部門において、住(zhu)宅北陸支(zhi)(zhi)社が4社共同で提案した「中小工務店向け支(zhi)(zhi)援型高性(xing)能全(quan)館空調システム」が資源エネルギー庁長官賞(shang)(建(jian)(jian)築分野)を受賞(shang)するなど、近(jin)年は脱(tuo)炭素化を牽引する建(jian)(jian)材(cai)メーカーとしても評価(jia)を高めている。

 そんなYKK APが今、注力しているのが物(wu)流DXに向けた取り組(zu)みだ。

 昨今、物流業界は非常に深刻なドライバー不足の状況にある。さらに2024年からは、ドライバーの過酷な労働環境を改善すべく時間外労働が厳しく規制されるため、輸送の需要を満たすドライバーの数はますます足りなくなる。

 YKK AP ロジスティクス部 物流(liu)DX推進室の井上 高(gao)尚 氏は「製品を運べなくなるのは、私たちにとって重大(da)な経営問題です。ではいかにして継続的な輸(shu)送を確保するのか――。苦(ku)しい状況にある輸(shu)送業者とYKK APが相互に協力して業務の簡素化・効率(lv)化を図り、よりスマートな“ホワイト物流(liu)”の実現(xian)を目(mu)指(zhi)す必要があります」と、物流(liu)DXが求められている背景を示す。

 もっとも一口で物(wu)(wu)流DXといっても、その領域は非(fei)常に広範囲(wei)に及ぶ。そこでYKK APが最初(chu)のテーマとして着(zhe)手したのが物(wu)(wu)流のBCP(業務継続(xu)計画)強化である。

 YKK AP ロジスティクス部 物流DX推進(jin)室(shi)の米 健(jian)太(tai)郎 氏は「近(jin)年、大型台風やゲリラ豪雨、豪雪、地震といった自然災害(hai)の影響によって物流が遅延・寸断されるリスクが増加しています。そうしたリスクをできる限り回避(bi)し、お客様(yang)へ着(zhe)実に製品(pin)をお届けする仕組みづくりこそが私たちの輸送(song)/配送(song)において実現すべきBCPであると位(wei)置づけました」と語る。

解決策と効果

サーバレス機能を活用したポータルを構築、
APIを介して気象・交通情報も取り込む

 上(shang)記(ji)の経緯からYKK APが構築を目指したのが、トラックに積載した製品情(qing)(qing)報(bao)や顧客情(qing)(qing)報(bao)のほか、外部(bu)サービスを通じて入(ru)手(shou)したトラックの位置情(qing)(qing)報(bao)や渋滞/事故情(qing)(qing)報(bao)、天気情(qing)(qing)報(bao)など、配送運用状況管理に必要なあらゆる集約する「安心・安全(quan)ポータル」だ。

 「このポータルを関係者(zhe)間で共(gong)有し、自然災害により渋滞が発生した際にもその箇所を事前に回(hui)避することでドライバーの安(an)全を守り、お客様(yang)には荷物の大まかな到(dao)着時間を予(yu)測してお知らせするなど安(an)心をお届けしたいと考えました」(井上氏)

 なお、YKK APでは製(zhi)造所(suo)側での製(zhi)品の検品/出荷(he)情報とトラックを紐(niu)づけて管理する「ロジスティクス プラットフォーム」をアマゾン ウェブ サービス (AWS)上で運用しており、安(an)心・安(an)全ポータルもこのプラットフォーム上に構築することにした。

 とはいえ、ロジスティクス部自(zi)身がAWSを基盤とするクラウドサービス開(kai)発についての専門的(de)な知(zhi)識(shi)やスキルを持ち合わせているわけではない。そこで今回のプロジェクトのパートナーに選定したのがSCSKである。

 「ベンダー数社の提(ti)案を比較したのですが、SCSKはAWSの技術にとても長けていると感じました。AmplifyやFigmaといったサーバレスの機(ji)能(neng)を活用したWebサイトの構築や、APIを介した外(wai)部情(qing)報の取り組(zu)みなど、私たちが望むサービスをアジャイルに実(shi)現していくその提(ti)案内容は非常(chang)に満足度が高いもので、SCSKと組(zu)めばユーザーに対して短期間(jian)で成果を示すことができると判断しました」(井上氏)

 実(shi)際に安心・安全ポータルの開発は、3カ月スパンの短(duan)いサイクルで成果(guo)を出しながら機能を拡張(zhang)していくスタイルで進められた。

 2022年(nian)の4~6月(yue)の第1ステップでは、安心・安全(quan)ポータルのWebサイトを構築。「トラックの現在位置を地(di)図(tu)上にビジュアルに表示(shi)するなど、ユーザーが見たくなる画(hua)面づくりにこだわるとともに、気象(xiang)情報や交通情報なども取り込んで同じ画(hua)面上で一元的(de)に表示(shi)することを目指(zhi)しました」(米氏)

 続く7~9月の第2ステップでは、安心(xin)・安全ポータル上で双方向の情報伝達をサポートすべくチャット機(ji)能を実装した。「この段階(jie)から先行ユーザーへの公開を開始し、サービスの使(shi)用(yong)感などについて幅広い意(yi)見を集めました」(米氏)

 そして10~12月の第3ステップでは、ユーザーから要望の多かった各(ge)エリアの輸送状(zhuang)況の書き込(込)み機能を実装(zhuang)。「そのほかSNSと連携して取り込(込)んだ気象(xiang)情(qing)報や災(zai)害情(qing)報などをポータル上(shang)に一元表示(shi)するなど機能強化を図り、BCPの観点から目指(zhi)したことは一通り実現しました」(米氏)

 こうして2023年1月より正式に運用(yong)を開始した安心(xin)・安全(quan)ポータルは、YKK APの全(quan)国各地の拠点に利用(yong)を広(guang)げている。

 「輸送状(zhuang)況に関するあらゆる最新情報が1カ所に集まる状(zhuang)態(tai)を作(zuo)り出せたことが、今(jin)回(hui)のプロジェクトの最大の効果です。ロジスティクス部(bu)から各エリアの担当(dang)者、さらには運(yun)送会社へとバケツリレーのように問い合わせていた手間はなくなり、情報収集・伝達は大幅にスピードアップしました」(井上氏)

 「安心・安全ポータルのリリースとともに物流のBCPに対(dui)する意識が全エリアで高(gao)まっていることを実感(gan)しています。実際に2022年(nian)12月から2023年(nian)1月にかけて大雪が降ったエリアでも大きな効(xiao)果を発揮(hui)しました。SCSKには、非常に価値の大きいクラウドサービスを実現していただき感(gan)謝しています」(米氏(shi))

今後の展望

広範な物流DXを見据えた
「ロジスティクスポータル」への発展を目指す

 現(xian)時点では安(an)心・安(an)全ポータルの利用範囲はYKK AP社(she)内に限定(ding)されているが、これを今後は運送会社(she)、さらには荷物を輸送中のドライバーまで広(guang)げていく考えだ。

 「安心・安全ポータル上ではお客様の荷物(wu)の情報(bao)を扱っていることから、まずセキュリティに関する課題をクリアすることが大前提(ti)となりますが、クラウド上に構築したこのサービスのメリットを最大限に発揮すべく、モバイル端末からのアクセスにも対(dui)応させていく計画です。1年後(hou)といった中長(chang)期的なスパンではなく、数カ月後(hou)のリリースを目指したスピード感で取り組んでいます」(米(mi)氏)

 さらにその先で見据えているのが、より広範な物流DXへの対応(ying)だ。

 「今後に向けてはBCPだけにとどまらず、引(yin)き続きSCSKのサポートを得ながら、製品輸送に関(guan)するあらゆる課(ke)題を包括的に解(jie)決するプラットフォームに発(fa)展(zhan)させていくという意気(qi)込みをもって臨んでいます。その過程のどこかのタイミングで、安心(xin)・安全ポータルから『ロジスティクスポータル』へと昇華させることが目標です」(井上氏)

図:トラック輸送・配送状況 安心・安全ポータルの概要
図(tu):トラック輸(shu)送・配(pei)送状況(kuang) 安心・安全ポータルの概要

SCSK担当者からの声

今回(hui)のプロジェクトでSCSKは、単(dan)にYKK AP様(yang)(yang)の要求に応える技術面のサポートをするだけでなく、第三(san)者的(de)(de)な視点から「こういう仕組みを整えれば、輸送/配送の困り事(shi)を改善できるのではないか」「こういった機能を提供すれば、ユーザーからもっと喜ばれるのではないか」といったアイデアを積極的(de)(de)に出し、YKK AP様(yang)(yang)からも受け入れていただきました。YKK AP様(yang)(yang)と信頼関係を築(zhu)き、同じ目標に向(xiang)かってプロジェクトに取り組んできたことで、安(an)心(xin)・安(an)全ポータルは大きな相乗効果を生み出せたと考えています。SCSKは今後(hou)もYKK AP様(yang)(yang)における物流(liu)DXの実(shi)現(xian)を目指し、引き続き尽力していきます。

ソリューション事業グループ
マネジメントサービス事業本部
テクノロジーサービス部

平須賀 皓(hao)起

産業事業グループ
製造システム事業本部
製造システム第三部

小田島 崇


お客様プロフィール

YKK AP株式会社

所在地:東京都千代田区神田和泉町1番地
U R L:

「Architectural Productsで社会を幸(xing)せにする会社。」をパーパスとして掲げ、商(shang)品の開(kai)発・製造(zao)・販売(mai)を通(tong)して幸(xing)せな社会をつくることを自らの存在意(yi)義として事(shi)業(ye)を展開(kai)している。快(kuai)適な住空間をつくる窓(chuan)やドア、インテリアやエクステリア、美しい都市景(jing)観をつくるビルのファサードなど、さまざまな建築用プロダクツを通(tong)して、これからの時代にふさわしい事(shi)業(ye)価値(zhi)を創造(zao)するためのモノづくりに取り組んでいる。

2023年2月初(chu)版