テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

岩瀬コスファ株式会社 様

新たな働き方に対応するため
Catoクラウドを導入し、
セキュリティ強化を図り、
自社でのコントロールを取り戻した

Catoクラウドの導入によりネットワーク、セキュリティを一新
ゼロトラストの実現に向けた第一歩を踏み出す

事例のポイント

お客様の課題

  • コロナ禍の働き方の変化に合わせたネットワーク、セキュリティ環境の整備が必要
  • 取引先である国内外の有名化粧品ブランドの厳しい情報セキュリティ要件に応えたい
  • 既存のネットワーク環境のブラックボックス化を解消したい

課題解決の成果

  • ゼロトラストに向けて、どこからでも使え、クラウド利用に制限のないセキュアなネットワーク環境を実現
  • コストを抑えつつ、自分たちでトラブルにも対応できるネットワーク、セキュリティ環境を実現
  • 既存の複雑な認証手順が解消され、エンドユーザの利便性が大幅に向上

導入ソリューション

  • Catoクラウド

岩瀬コスファ株式会社
常務取締役

古田 悟朗

岩瀬コスファ株式会社
DX推進部長

三浦 健一

岩瀬コスファ株式会社
DX推進部
情(qing)報(bao)システム 主事  

吉村 光行

岩瀬コスファ株式会社
DX推進部
情報システム

川口 尚子

「取引先の国内外の有名化粧品ブランドの要求が非常に高く、情報セキュリティについても厳しい対応が求(qiu)められ、SASE導入が必然の流れでした」

常務取締役

古田 悟朗

背景・課題

従業員の働き方の変化に合わせ
ゼロトラストを前提としたネットワーク環境を構築したい

 90年(nian)の歴史を持つ岩(yan)瀬コスファは、「美(mei)と健康」をコンセプトに、化粧品(pin)(pin)原(yuan)料(liao)の研究・開(kai)発や素(su)材の提案、機能性食品(pin)(pin)・サプリメントの取り扱いなどの事業を展開(kai)。化粧品(pin)(pin)業界(jie)ほかで大きな存在感を示(shi)している専門商社だ。 

 同社はグローバル規(gui)模でビジネスを展開しており、海外にも多く拠点を持っていることから、2020年(nian)より始まったコロナ禍(huo)ではかなりの影響を受けた。従(cong)業員の日々の働き方(fang)は大きく変わり、リモートワークが急速(su)に普(pu)及。Webミーティングを開いたり、取引先への商品紹介をウェビナーで行ったりすることも当(dang)たり前になった。

 こうした状況(kuang)に合わせ、同(tong)社(she)で情報システム部門の役(yi)割(ge)を担うDX推進(jin)部は、以前から取(qu)り組んできた情報システムのクラウド化や、サプライチェーンのデジタル化などに加え、ネットワーク環(huan)境(jing)のセキュリティ強化も求(qiu)められることになった。この点について常(chang)務(wu)取(qu)締役(yi)の古田悟(wu)朗氏(shi)は「当(dang)社(she)の取(qu)引先である国内外の有(you)名化粧品ブランドは、サプライチェーンに対(dui)(dui)する要(yao)(yao)求(qiu)が高く、情報セキュリティについても厳しい対(dui)(dui)応を求(qiu)めることから、SASEの導入は必然の流れでした」と述(shu)べ、DX推進(jin)部長の三(san)浦健一(yi)氏(shi)も「当(dang)初はコロナ禍が落ち着けば働き方も元(yuan)に戻るだろうと考えていましたが、社(she)会(hui)的な要(yao)(yao)請(qing)や従業員からの要(yao)(yao)望もあり、今後もリモートワークは継(ji)続していきそうです。となれば、社(she)外からのアクセスをきっかけに障害が発生したり、情報が漏れたりしないように、ゼロトラストを前提としたネットワーク環(huan)境(jing)を構築する必要(yao)(yao)があると考えました」と語る。

 また、同社が抱えるもうひとつの課題として、ネットワーク環境のブラックボックス化があった。拠点が増えるたびに社内ネットワークの増設を重ねてきたため、構成を見直すことが難しくなっていたのである。
「ビジネスの方針に基づき、新たな社内ネットワーク像(xiang)を描きたくても、ネットワーク専任のエンジニアが居らず、現状(zhuang)構(gou)成を正確(que)に把握できていないため、外部のベンダーに頼らざるをえない状(zhuang)況でした。企画(hua)・設計を自(zi)分達でやるには、こうしたブラックボックスを早急に解決する必要がありました」(三浦氏(shi))

解決策と効果

紆余曲折を経てCatoクラウドを導入する方針へ
パートナーに豊富な構築実績を持つSCSKを指名

 岩(yan)瀬(lai)コスファはこれらの課題(ti)を解決するため、ネットワークスイッチの保守が終了(le)するのをきっかけに、ネットワーク環境(jing)をSASEに移行することを決断。2022年よりプロジェクトをスタートさせた。3月には複数のベンダーにRFPを提(ti)示し、ネットワークスイッチの更改(gai)、ネットワークセキュリティ強化、認証基盤見(jian)直(zhi)しなどの複数テーマ提(ti)案を求め、とあるベンダーの提(ti)案を採用した。

 ところが、提(ti)案(an)(an)されたSASEは、CASB(Cloud Access Security Broker)の上(shang)位集合として位置(zhi)づけた製品で、サービス利用(yong)にあたっては、サーバを社(she)内に設置(zhi)しなければならないため、サーバの運用(yong)が必要(yao)になることや、同社(she)の「所有から利用(yong)へ」という方針に反するものであることが判明した。そこで同社(she)は、要(yao)件(jian)を満たしている上(shang)にサーバが不要(yao)でサブスクリプションのエッジデバイス(ソケット)のみを設置(zhi)するだけの「Catoクラウド」へ切り替えることにした。そのベンダーはCatoクラウドの取り扱いも行(xing)っていたが、今回アサインされたチームでは経験やスキルが不足しており、そのままでは構(gou)築できそうもないという状況に陥ってしまったのである。三(san)浦(pu)氏(shi)は「そこでSASEについてSCSKに声を掛けることにしました。SCSKはかねてよりゼロトラストや、SASEの主要(yao)な4社(she)のソリューションを紹介するセミナーを開催していたので、特定の1社(she)のソリューションでの提(ti)案(an)(an)ではなく、当社(she)の要(yao)望に沿ったアドバイスがいただけるのではないかと相談(tan)しました」と当時を振り返る。

 2022年(nian)8月に同社(she)(she)はSCSKに声がけを行い、SCSK協(xie)力のもとPoC(Proof of Concept)を実施。当初、同社(she)(she)はライセンスコストを抑えるため、各拠点(dian)にはソケットを置かず、すべてモバイルユーザとする構(gou)成(cheng)(cheng)を考えていたが、SCSKから「Catoクラウドのアーキテクチャに則(ze)った、“あるべき構(gou)成(cheng)(cheng)”が望ましい」という提(ti)言を受けた。コスト圧縮(suo)については、契約期(qi)間(jian)の調整などに加(jia)え、ソケットの障害(hai)対(dui)(dui)策としての保守サービスの採用(yong)(yong)の代わりに重要拠点(dian)の大(da)阪・東(dong)京(jing)本社(she)(she)のみに予備機を1台ずつ用(yong)(yong)意し、トラブルが発生したときは社(she)(she)内のメンバーで交換(huan)するといったコスト低減(jian)案が示され、その方向でCatoクラウドを採用(yong)(yong)する方針になった。また、“あるべき構(gou)成(cheng)(cheng)”ということでは、当初は、国内全5拠点(dian)(東(dong)京(jing)・大(da)阪・つくば・唐津 + パブリッククラウド東(dong)京(jing)サイト)とモバイルユーザ190名のみをCatoクラウド対(dui)(dui)象としており、DR(ディザスタリカバリ)拠点(dian)であるパブリッククラウド大(da)阪サイトは対(dui)(dui)象から外していたが、古田氏より「災害(hai)発生時こそ普段(duan)と異なるオペレーションが求められるため、DRサイトへの切(qie)り替えの手順は最小(xiao)化(hua)しておくべき」という指示があり、また専(zhuan)門家であるSCSKからも、本来、“あるべき構(gou)成(cheng)(cheng)”としてDRサイトもCatoクラウド化(hua)する提(ti)案を受け、結果、既存の専(zhuan)用(yong)(yong)線コスト+αで実現する目処がついた。

 構(gou)築に際(ji)しては、SCSKが用(yong)(yong)意したFAQサイトが大きな効(xiao)果を発(fa)揮した。内(nei)容が詳細な上(shang)、丁寧に解説されているため、疑問や不明点(dian)のほとんどがこれで自己解決できたという。自己解決が難しい点(dian)についても、SCSKから迅(xun)速(su)で的確な回答があり、短期間(jian)での導(dao)(dao)入につながった。また、同社が利用(yong)(yong)中のワンタイムパスワード認証基(ji)盤は、Catoクラウドのサポート対象から外れていたが、PoCを実(shi)施した際(ji)に、サポート対象であるGoogleとの認証連携を行(xing)うことにより、そのままワンタイムパスワード認証基(ji)盤を利用(yong)(yong)できることが判明し、現行(xing)の運用(yong)(yong)を大きく変更することなく導(dao)(dao)入を行(xing)うことができる目処がついた。

 このPoCでは、現場のユーザの意見(jian)を採り入(ru)れるため、各部門からメンバーを出(chu)してもらい、本番(fan)に近い環境(jing)で利(li)用(yong)してもらった。その結果(guo)は良好で、PoCを担(dan)当したDX推進(jin)部 情報(bao)システム 川口尚(shang)子氏も「いつもなら、システムを入(ru)れ替える際は、使(shi)い勝手が変(bian)わるせいか否定的な意見(jian)が多いのですが、今(jin)回(hui)はむしろ喜ばれました。既存(cun)の仕組みがつぎはぎで、認証の手順などが複雑になっていたのに対し、Catoクラウドは非常にシンプルで、接続(xu)するだけで使(shi)えるようになったからでしょう」と評価する。

 PoCの成功を受けて、同社は本(ben)番(fan)運(yun)用への移行(xing)を決定。当初は期間が短く難しいと考えていた2ヶ月後の2022年11月には国内(nei)のすべてのネットワークのCatoクラウドへの切(qie)り替えが完(wan)了した。現在は細かなチューニングを行(xing)いつつ、順調な運(yun)用が続いている。 

今後の展望

海外とのさらなるコミュニケーションの円滑化と
情報セキュリティのよりいっそうの強化を目指す

 Catoクラウドの導入により、岩瀬コスファはリモートワークなどにも対応したセキュアなネットワーク環境を実現したが、一方で新たな要望も生まれた。海外の拠点や駐在先とのさらなるコミュニケーションの円滑化と、情報セキュリティのよりいっそうの強化である。
「その点、SCSKがゼロトラストや特にSASEに関しては、さまざまなソリューションをラインナップしており、製品ごとの強(qiang)みや特長を把(ba)握した上(shang)で、当社の方針や環境に合わせた提案をしてくれたのは、とても心強(qiang)く感じました。今(jin)後(hou)も、そのときどきの状況に応じて最適な支援をお願いできればと思います」(三浦氏) 

 最後に古田氏は今回の導(dao)入について「予期せぬトラブルもありましたが、期日がない中で、SCSKには柔(rou)軟かつ迅(xun)速な対応をしていただき、非常に感謝しています。これからもCatoクラウドに対するさまざまな要望が出てくるでしょうし、当社(she)の海(hai)外(wai)展開を支えるネットワークはますます重要となってきますから、今まで以上のお力添えを期待しています」と語ってくれた。


お客様プロフィール

岩瀬コスファ株式会社

所在地:
(東京本社)東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング
(大阪本社)大阪府大阪市中央区道修町1-7-11
U R L:

1931年創業(ye)。以来、90年以上にわたり化粧品(pin)原料(liao)・機能性食(shi)品(pin)原料(liao)の専門(men)商(shang)社として、取引(yin)先(xian)との連携(xie)によりオリジナル原材料(liao)の開発(fa)・提案を行(xing)ってきた。こうして培(pei)った技術(shu)・経(jing)験を活かし、米(mi)国(guo)・フランス・韓国(guo)・中(zhong)国(guo)など7カ国(guo)に拠点を展開するとともに、企業(ye)の基(ji)盤強化を図ることで、世界(jie)の化学産業(ye)へ貢(gong)献(xian)している。サステナブルやSDGsを基(ji)軸とする新(xin)たな潮(chao)流にも対応しており、売り手(shou)・買い手(shou)・世間(jian)の「三方よし」の精神を体現(xian)しつつ、人々の美しさと健やかさを創造する経(jing)営を推進している。

2023年(nian)1月