テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

アコム株式会社 様

働き方改革の実現に向けて
端末やネットワークを新規構築
「いつでも、どこでも、誰とでも、
価値創造できるIT環境」を実現

働き方改革・生産(chan)性向(xiang)上 

約3400台の2in1ノートPCを短期導入、無線LAN環境構築、閉域LTE導入も
総勢10社100人以上によるIT環境構築プロジェクトチームの連携を支え、
コロナ禍における在宅ワークを可能に

事例のポイント

お客様の課題

  • 働き方改革に取り組む上で、ITワーク環境を新規構築する必要があった
  • デスクトップPCや有線LANといった、働き方が限定された従来の環境を変えたかった

課題解決の成果

  • 「いつでも、どこでも、誰とでも、価値創造できるIT環境」を構築できた
  • 2in1ノートPCの配布、無線LAN、閉域LTEの導入により場所を選ばない働き方が可能になった
  • ペーパーレス化が進み、年間で約140万枚の印刷枚数削減や環境を配慮した企業活動の推進に
  • コロナ禍における在宅ワークや2in1ノートPC活用による業務効率化がES向上にも寄与

導入ソリューション

  • ITワーク環境構築
    - PCライフサイクルマネジメントサービス
    - 2in1 ノートPC配布、無線LAN、閉域LTEの導入

アコム株式会社
システム本部
審(shen)議役(yi)

池田 隆

アコム株式会社
システム本部 システム運用部
拠点運用チーム
係長

島村 賢吾

「会社としても安心感のあるSCSKに2in1ノートPC導入、無(wu)線LAN環境構築(zhu)、閉域(yu)LTE導入をお願いしたおかげで、ベンダー間(jian)の連携(xie)がスムーズになり、計画通りのスケジュールでプロジェクトを完了(le)させることができました」

システム本部 審議役

池田 隆

背景・課題

働き方改革の実現に向けて「いつでも、どこでも、
誰とでも、価値創造できるIT環境」の構築を目指す

「はじめてのアコム」のキャッチフレーズで知られるアコム。同社は1978年の設立以来、コンシューマーファイナンスビジネスのパイオニアとして、業(ye)界初の年中(zhong)無休(xiu)・24時間稼働のATM導(dao)入、クレジットカード事業(ye)進出(chu)など、トップランナーとして長年にわたり業(ye)界を牽引し続けている。

 かつての同社では、金融サービス業務とOA業務兼用のデスクトップPCを有線LANでネットワークに繋いで利用しており、リモート会議(yi)は固定電話(hua)で対応していた。また、会社全体に紙文化が根(gen)付いており、会議(yi)では資料を大(da)量に印刷していたという。

 こうした環(huan)(huan)境(jing)にメスが入(ru)(ru)ることになったのは2017年3月(yue)、政府が「働き方(fang)改(gai)革(ge)」実行計画を発表したことがきっかけだった。同社(she)も働き方(fang)改(gai)革(ge)へ積極的(de)に取り組(zu)むこととなり、プロジェクト「Sonic」を立ち上(shang)げ、システム本部(bu)(bu)内のメンバーで次なるOA環(huan)(huan)境(jing)のあり方(fang)について議論を重ねた。そして、2018年6月(yue)に「Sonic」で検討した施(shi)(shi)策(ce)を具(ju)体(ti)化する新たなプロジェクト「NeoSonic」を立ち上(shang)げたのである。システム本部(bu)(bu) システム運(yun)用部(bu)(bu) 拠(ju)点(dian)運(yun)用チーム 係長の島村(cun)賢吾氏は「NeoSonicでは、いつでも、どこでも、誰(shui)とでも、価値創造できるIT環(huan)(huan)境(jing)を構築(zhu)することを目標(biao)としました。具(ju)体(ti)的(de)な施(shi)(shi)策(ce)としては、OA業務用に2in1ノートPCを全社(she)員(yuan)に配布(bu)するとともに、無線LANの導(dao)(dao)入(ru)(ru)、閉域LTE(SIM)の導(dao)(dao)入(ru)(ru)、グループウェアの刷新、シングルサインオンの導(dao)(dao)入(ru)(ru)、多要素(su)認証の導(dao)(dao)入(ru)(ru)、Web分離(li)の導(dao)(dao)入(ru)(ru)などを実施(shi)(shi)することにしました」と語る。

解決策と効果

2in1ノートPCを全社員に配布し、無線LANと閉域LTEを導入
コロナ禍における在宅ワーク移行も実現

 アコムはRFPを複数のベンダーに送付。その提案を吟味した上で、2in1ノートPCの全社員への配布、無線LANの導入、閉域LTEの導入の3点について、SCSKをパートナーに選定した。その決め手となったのは、提案内容と支援体制だったという。
「SCSKの提案内容は非常にわかりやすく、かつ具体(ti)的(de)(de)でした。中でも、2in1ノートPCを採用する点(dian)については、ユーザーの選択肢を拡げる意味で高く評(ping)価しました。また、SCSKはマルチベンダーに対応(ying)できるので、自由にメーカーを選択できるのもメリットでした。3,000台(tai)を超える端末を展開する点(dian)についても、比較的(de)(de)早い段階から支(zhi)援体(ti)制をオープンにしていただけたことも、先(xian)を見据えるうえで安心感につながりました」(島村氏)

 構築プロジェクトは、2018年12月からスタート。2in1ノートPCの展開は、2020年12月から2021年1月末までの約2カ月間で総台数3,360台を全国15拠点に配布した。
「SCSKにキッティングしてもらった2in1 ノートPCを各(ge)拠点に配送し、オフィスで社員に手渡していきました。初期設定と個別ソフトのインストールはユーザーに任せることにしたため、スムーズに導入するためのマニュアルを作(zuo)成(cheng)、さらにSCSKに相談(tan)し、各(ge)拠点へのサポート体制(zhi)も整備(bei)していただきました。このときもPCの開梱から社員への配布、デスク周(zhou)りの作(zuo)業まできめ細かい支援をいただき、非(fei)常に助かりました」(島村(cun)氏)

 モバイルアクセス用の閉(bi)域LTEについては、もともとは外部(bu)でPCを使(shi)う機会が多いシステム本部(bu)の社員(yuan)を中(zhong)心に100人程度のユーザーを想定していたが、新(xin)型コロナウイルス感染症(zheng)のまん延により状況は一転。バックヤード系の部(bu)署(shu)を中(zhong)心に在(zai)宅ワークへ移(yi)行することが決(jue)まり、急きょ1,000人規模(mo)まで拡大することになった。島村氏は「ノートPCの配布と閉(bi)域LTEの導入時に先々の拡張を見込んでいたため、結果(guo)的にコロナ禍での在(zai)宅ワークシフトを実現できました」と当時を振り返(fan)る。

 なお、今回のプロジェクトは全体で10社以(yi)(yi)上(shang)のベンダーが参加する大型のものとなり、関係者は総勢100名(ming)以(yi)(yi)上(shang)、週次報告会の出(chu)席者もピーク時で50名(ming)以(yi)(yi)上(shang)にのぼった。その中でSCSKは担当範囲の作業をただ対応(ying)するにとどまらず、他(ta)チームとの円滑な連(lian)携(xie)など、プロジェクトの推進に貢献したという。システム本部(bu) 審議(yi)役の池田隆氏は「SCSKは、当社のシステム構(gou)築(zhu)や運用で得たノウハウをはじめ、他(ta)社実績も多く持(chi)たれており当初から安心して見ておりました。新型コロナウイルスのまん延が日本を襲った時、プロジェクト真最中でしたが、その担当範囲を超えてベンダー間の連(lian)携(xie)をスムーズに調整(zheng)してくれ、おかげさまで計画通りのスケジュールでプロジェクトを完了(le)させることができました」と語る。

 新たなITワーク環境の構築により、同社の社員の働き方は大きく変化した。場所を選ばない働き方が可能となり、リモート会議もWebで行われるようになった。さらに、ペーパーレス化が実現したことで、印刷コストや書類の保管スペースの削減が進んだ。
「会議のメンバーは、PCを持ち込むようになり、資(zi)料をわざわざ紙に印刷することはなくなりました。結果的に、2020年(nian)対比で年(nian)間約(yue)140万枚(mei)(本社拠(ju)点のみで算出)のコピー数の印刷コストを削減することができました」(池(chi)田氏)

 2in1のノートPCは社員からも高く評価されており、業務の効率化にも貢献している。
「今のPCはタブレットのように利用(yong)できるので、社員(yuan)からは資料のように表(biao)示しながら仕事(shi)ができてありがたいという感想が届いています。また、タッチパネルでピンチイン/アウトができるのも好評です」(島(dao)村氏)

今後の展望

業務系端末更改等、SCSKには引き続き支援を期待

 「いつでも、どこでも、誰とでも、価値(zhi)創造(zao)できるIT環(huan)境」を実現したアコムだが、現在は金融サービス業務系端末の更改をSCSKと実施している。また、モバイルデバイスについては一部でBYODの利用を開始しているが、状(zhuang)況を見つつ全(quan)社展開も検討していくという。

 今回のプロジェクトを通して、SCSKに任せることへの安心感を再確認したアコムは、将来の支援についても期待を寄せている。
「SCSKには、必(bi)ずなんとかしてくれるという信(xin)頼があります。今後(hou)もノートPCの管(guan)理・運用はお任せするつもりですし、業(ye)務(wu)系端(duan)末の更改(gai)についてもSCSKにお願いしています。将来的にSCSKとは長(chang)く付き合っていきたいと思いますので、当社の課(ke)題(ti)や将来を見据えた新たな提案とさらなるサポートをお願いします」(池(chi)田(tian)氏)

SCSK担当者からの声

 複(fu)数ベンダーが参画する大規模(mo)プロジェクトのため、遅延(yan)しないようスケジュール調整に対しての工夫(fu)が必要でした。本プロジェクトは当(dang)社(she)(she)で引(yin)(yin)き続(xu)き運用を実(shi)施することが決まっていたため、運用設計(ji)や引(yin)(yin)継ぎを当(dang)社(she)(she)内でスムーズに行(xing)うことで作業を早期に終わらせ、他のベンダーまで含(han)めてスケジュール全体を見渡し、早期に問題(ti)点(dian)(dian)を発(fa)見し対策を立てることができた点(dian)(dian)が良かったと思(si)います。また、アコム様のプロジェクトメンバーの皆様と一(yi)体になってPRJ遂行(xing)できた点(dian)(dian)も良かったです。今回(hui)のノウハウを最大限に活かし、業務(wu)系端末更改についても引(yin)(yin)き続(xu)き尽力していきます。

クラウドサービス事業本部 デバイスマネジメントサービス部 第二課

飯塚 晶(jing)麗 


お客様プロフィール

アコム株式会社

所在地:東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
※12月2日以降は、東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
U R L:

 1978年設立。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の連結子会(hui)社となる。創業(ye)の精神(shen)である「信頼の輪」のもと、企業(ye)理念(nian)に掲げている「人間尊(zun)重の精神(shen)」「お客さま第一義(yi)」「創造と革新(xin)の経(jing)営」を精神(shen)的支柱として、全てのステークホルダーの「楽しく豊かなパーソナルライフの実現(xian)と生活(huo)文化の向(xiang)上(shang)に貢(gong)献することを目指(zhi)し、事(shi)業(ye)活(huo)動を推進している。現(xian)在はMUFGグループと緊密な連携を図りながら、「世界のアコム」を目指(zhi)しマーケットの拡大に挑戦(zhan)している。

2022年12月