テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

水島機工株式会社 様

基幹システムと周辺システムの連携を「CELF」で自動化
業務改善(shan)のためのアプリ開発を、現場(chang)社員が内製

働(dong)き方(fang)改革・生産性向上

ノーコード/ローコード開発×RPAの自社活用ノウハウを展開し
地域企業のDXを牽引

事例のポイント

お客様の課題

  • 基幹システムの刷新に伴い、受注データの入出力を自動化したかった
  • 基幹システムに関わる周辺システム、間接部門の業務を効率化したかった
  • 業務改善のためのアプリ開発を内製したかった

課題解決の成果

  • 基幹システムへの受注データの登録・出力をCELFで自動化
  • 基幹システムとさまざまな周辺システムの連携をCELFで自動化
  • 生産管理、総務経理などの現場担当者自らアプリ開発ができるようCELFを全社展開、業務改善を内製化

導入ソリューション

  • Excel感覚でWebアプリがつくれるクラウドサービス「CELF(セルフ)」
  • RPAオプション

水島機工株式会社
取締(di)役(yi)社長

滝澤 昌朗

水島機工株式会社
総務部 情報管理グループ マネージャー

梶房 厚彦

水島機工株式会社
総務部 情報管理(li)グループ 主任(ren)

藤川 圭一郎

水島機工株式会社
総(zong)務部 情報管理グループ

青井 柾

「企業には常に改善すべき課題があり、それを解(jie)決する手段としてCELFを活用したいと考えました」

水島機(ji)工株式会社 取締役社長

滝澤 昌朗

背景・課題

企業には常に改善すべき課題がある
それを解決できるツールを模索

 岡山(shan)県倉敷市で自動車部品製造業(ye)を手(shou)掛ける水島機工株式会社(she)(she)(以下(xia)、水島機工)は、IT活用による業(ye)務の効率(lv)化に積極的に取り組んでいる。地域経済(ji)の先(xian)進的な担い手(shou)として、2020年(nian)には経済(ji)産業(ye)省の「地域未来牽引企業(ye)」にも選(xuan)定されている。取締(di)役社(she)(she)長である滝澤(ze)昌(chang)朗氏(shi)は「IT活用で企業(ye)は飛躍的に変わることができる」という信念(nian)のもと、最(zui)新のIT情報(bao)を収集するため常に積極的に行動し先(xian)陣を切っている。

 RPA(Robotic Process Automation)が話題(ti)になっていた2019年、滝澤氏(shi)は東(dong)京で開催されていたIT関連の展示会に足を運んだ。「大きな問(wen)題(ti)を抱えていたわけではありませんでしたが、企業には常に改善すべき課題(ti)があり、それを解決(jue)する手段(duan)としてRPAをはじめとする最新技(ji)術を活用(yong)できないかと考えていました」と滝澤氏(shi)は振(zhen)り返る。

 その会(hui)場で出会(hui)ったのが、Excel感(gan)覚でWebアプリがつくれるクラウドサービス「CELF(セルフ)」だ。オプションでRPA機能を気軽に利用(yong)できるCELFは、他のRPA製品に比(bi)べてはるかに低価格、かつ操(cao)作が簡単(dan)そうで、個人の業務(wu)を改(gai)善(shan)するのにも役立ちそうだった。「たとえ導入がうまくいかなくても、大(da)きな痛手(shou)にならない価格でした。大(da)きなことをしようとして前に進まない、失敗するリスクを考えて意思(si)決定(ding)できないより、試(shi)しにスモールスタートで始めて改(gai)善(shan)しながら進めよう」と、滝(long)澤氏(shi)はすぐに導入を決断する。

 試用期(qi)間中に、RPA機能はもちろん、CELF本来(lai)の魅力であるアプリ開発の容(rong)易さを高く評価した水島機工(gong)は、当時進めていた基(ji)幹(gan)システム刷新(xin)プロジェクトにおける受注データの入力にCELFを活用することにした。

 総務部情(qing)報管理グループ マネージャーの梶房厚彦氏(shi)は、「お客様からの受注(zhu)(zhu)データは自動車業界の共通ネットワークであるJNXサービス、インターネット上の取(qu)引先のWebサイト、メールに添付された受注(zhu)(zhu)ファイルという3つの方法のいずれかで送られてきます。この受注(zhu)(zhu)データを基幹システムに入(ru)力する際に手(shou)作業が発生(sheng)し手(shou)間がかかっていたことが課題(ti)の一つでした」と振(zhen)り返(fan)る。

 3種類の受注方(fang)法のうちJNXサービス経(jing)由(you)の場合(he)は、取り込みプログラムをつくり、データ取り込みから受注CSVファイルを取り出し基幹(gan)システムに取り込んでいた。だが、インターネット経(jing)由(you)の場合(he)は、取引先ごとに異なるWebサイトにログインし、必(bi)(bi)要なデータをダウンロードして所(suo)定のフォルダにデータを移動し、基幹(gan)システムに取り込む必(bi)(bi)要があった。また、メール添(tian)(tian)付(fu)で送られてきたファイルの場合(he)は、添(tian)(tian)付(fu)ファイルを開き、基幹(gan)システムに直接データを入力する作業が発(fa)生し、人(ren)手を介するこうした作業に1日4時間(jian)程度を要していたのだ。

解決策と効果

基幹システムとの連携にCELFを活用
間接業務の効率化を目指し、利用範囲を全社に拡大

 水(shui)島機工では、当初(chu)の課(ke)題だった基幹(gan)(gan)システムへの受注データ入(ru)力だけでなく、基幹(gan)(gan)システムに取り込んだデータから伝票、各帳票として発行する仕組みもCELFで開発することにした。

 JNXサービスについては、「取り込(込)み処(chu)理(li)を実(shi)行→データマッピング→基(ji)幹システムにRPAで取り込(込)み→印刷処(chu)理(li)」という一連の作(zuo)業(ye)をCELFで自(zi)動化。また、インターネット上のWebサイトの場(chang)合は「サイトにログインして所定のデータを取得→データマッピング→基(ji)幹システムにRPAで取り込(込)み→印刷処(chu)理(li)」を、メール添(tian)(tian)付で送(song)られてくるファイルの場(chang)合は、「メールの添(tian)(tian)付ファイルを保存→添(tian)(tian)付ファイルを取り込(込)み→データマッピング→基(ji)幹システムにRPAで取り込(込)み→印刷処(chu)理(li)」をCELFで自(zi)動化した。これにより、作(zuo)業(ye)時間(jian)を1日約2時間(jian)にまで軽減することができた。

 「試(shi)しに使ってみようという気(qi)持ちで始めたことでしたが、思いのほか使いやすいことが分かり、社(she)内でのCELFへの信(xin)頼度が高まっていったのです。そこで、そのほかの業務についても、CELFを活用して自動化することにしました」(梶(wei)房氏)その一(yi)(yi)つが、基(ji)幹(gan)システムデータの一(yi)(yi)括変換だ。新(xin)しい基(ji)幹(gan)システムには一(yi)(yi)括処理機(ji)能がないため売上(shang)単価などのデータを修正する作業が煩雑になる。そこで、基(ji)幹(gan)システムの売上(shang)明細(xi)ビューから指(zhi)定条件でデータを取得しCELFに展開。CELF上(shang)で単価データを一(yi)(yi)括修正した後、変更(geng)データをCSVに出(chu)力(li)し、基(ji)幹(gan)システムにインポート、取り込みデータの更(geng)新(xin)処理をする、という一(yi)(yi)連(lian)の作業を自動化する仕組みを開発した。

 また、基幹システムと周辺システムとの連携についても、CELFによる自動化を進めた。生産計画・生産実(shi)績(ji)・サブシステムからデータを抽出し、不良管(guan)理システムにデータを送(song)り込(込)む作業(ye)や、基幹システムから会(hui)計システムにデータを抽出し送(song)り込(込)む際の作業(ye)などだ。

 CELFによる開発(fa)に携わった総(zong)務(wu)部情報(bao)管理グループの藤川圭一郎主(zhu)任は、「以前(qian)に、ExcelのVBAで自(zi)動化(hua)しようと開発(fa)した経(jing)験があるのですが、CELFは子(zi)供向(xiang)けプログラミングソフトのScratchのような簡(jian)単(dan)(dan)な見(jian)た目と操作でExcelライクなアプリを開発(fa)することができ、業(ye)務(wu)を自(zi)動化(hua)することができます。現在(zai)わたしが中心(xin)になってアプリ開発(fa)を担当していますが、簡(jian)単(dan)(dan)だからこそさまざまな部門からの要望に応えられているのだと思(si)います。しかも簡(jian)単(dan)(dan)なのに、対応できる業(ye)務(wu)範囲がとても広いので驚いています」と感想を話す。

 また、基幹業(ye)(ye)務からのデータ取り込み作業(ye)(ye)を担当した総務部情報管理(li)グループの青井柾氏は、「CELF導入(ru)以前(qian)は、いろいろなプロセスを経(jing)ないと完了できなかったデータ処理(li)が、ボタンを1つ、もしくは2つ程度クリックするだけであっという間(jian)に終了します。これには現場の社員も驚いていて、『こんなことはできないか』と次々と提(ti)案(an)されるようになっています。最近ではユーザーサポートも担当するようになりました」と話す。

 水島機工では、「間接業務(wu)の効率化(hua)」を大きな目(mu)標として掲げており、気軽に試せる価格と使い勝手の良さから、いまでは生(sheng)産(chan)管(guan)理、品質管(guan)理、工作、技術、総務(wu)経(jing)理などすべての部門でCELFやオプションのRPAの利用(yong)が進(jin)んでいる。

図:CELFで、受注データの基幹システムへの取り込みを自動化
図:CELFで、受注データの基幹(gan)システムへの取り込みを自(zi)動化(hua)

今後の展望

現場の担当者自身が開発できるよう教育にも着手
地域企業への外販にも乗り出す

 滝澤(ze)氏が期待していたように、CELFは「企業(ye)の改善(shan)すべき課題を解決していくためのツール」として定(ding)着し、業(ye)務改善(shan)に大(da)いに貢献(xian)している。そこで同社では、さらなる2つのチャレンジに取り組んでいる。

 1つは、間接業(ye)(ye)務の効率(lv)化を情報システム担当(dang)(dang)者だけでなく、現(xian)場の担当(dang)(dang)者自身がCELFで開発できるように教(jiao)育(yu)を実(shi)施し、細かな業(ye)(ye)務改善に日(ri)常的に取(qu)り組む体(ti)制をつくることだ。Excel感(gan)覚で誰もが自動化のためのアプリを開発できるCELFであれば、個人の業(ye)(ye)務を自動化することもでき、現(xian)場の担当(dang)(dang)者自身が改善のためのアプリを内(nei)製することも容易に行えるようになるという発想からだ。

 もう1つのチャレンジは、CELFを外販するパートナーになり、岡山地域の製造業者(zhe)に向(xiang)けて、CELFを外販し活用をサポートすることだ。滝澤氏は「地方にはITの最(zui)新(xin)情(qing)報がなかなか届きません。DXが叫ばれ、環境の変化(hua)に対応するために開発の内(nei)製化(hua)が重視されていますが、何から取り組めばよいのか、どうやって実(shi)現すればよいのか分からないという企業が少なくありません。弊(bi)社(she)は実(shi)際にCELFを導入したことで、そのノウハウが蓄積されつつあります。それを周囲(wei)の企業に広めることが、地域産業全体(ti)の発展(zhan)につながると考えています」と、今後を展(zhan)望する。

 水島機(ji)工(gong)は、岡山県(xian)自動車(che)関(guan)連(lian)企(qi)業ネットワーク会議の幹(gan)事(shi)企(qi)業であり、また滝澤氏はIT導入に関(guan)する地(di)元企(qi)業に対(dui)する相談窓口にもなっている。同社のITに対(dui)する考(kao)え方(fang)や、実践(jian)的なCELF活(huo)用ノウハウは、地(di)元企(qi)業のお手本となるに違いない。

SCSK担当者からの声

このたびはCELFを高く評価いただき、水島機工様自身の業(ye)務効率化だけでなく、地域(yu)産業(ye)全体の発展に向(xiang)けCELFの開発パートナーになっていただきましたこと光栄に思(si)います。「地域(yu)未来牽引企業(ye)」に選定された水島機工様の一(yi)助になれるよう、引き続きご支援(yuan)させていただきます。また、共にビジネスを創(chuang)り上げる共創(chuang)パートナーとして広くお客様に活用いただき、新たな価値が与(yu)えられるよう取(qu)り組(zu)んでまいります。

AMO第二事業本部 新ビジネス推進部

魚本 和孝


お客様プロフィール

水島機工株式会社

所在地:岡山県倉敷市水島西通1丁目1936-12
U R L:

岡山県(xian)倉敷市で自(zi)動車(che)部(bu)品などの製(zhi)造(zao)(zao)および販(fan)売を手(shou)掛ける水島(dao)機工株式(shi)会(hui)社。「心・技・体(ti)を磨き、新たな価値を創造(zao)(zao)する」を使命とし、誠実(shi)(Integrity)・革新(Innovation)・創造(zao)(zao)性の発(fa)揮(Imagination)という3つの価値観を重視(shi)している。中期的なビジョンとして「グローバルで通用(yong)する技術力(li)・営業力(li)・組織力(li)を備えた企業」を掲げ、近年では部(bu)品加(jia)工に必要な機械の自(zi)社開発(fa)、生産(chan)用(yong)ロボットを生産(chan)ラインに導(dao)入して製(zhi)品品質情報を自(zi)動監(jian)視(shi)するIoT導(dao)入などにも取り組んでいる。

2022年2月初版