テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

クラウディアン株式会社 様

世界中に展開する
ストレージシステムのログデータを
Splunkで管理 
担当者がいつでも
データ活用できる環境が実現

働き方改革・生産(chan)性(xing)向(xiang)上(shang)

ストレージのスケールアウトによりログデータの無制限な保存・検索が可能に
ログデータの蓄積/検索/可視化を自動化し運用負荷を軽減

事例のポイント

お客様の課題

  • 収集した膨大な量のログデータを十分に活用できていなかった
  • ログデータを扱う担当者の負荷が大きくなっていた
  • 自社開発のログデータ収集・分析アプリケーションではビッグデータ分析に限界があった

課題解決の成果

  • ログデータを無制限に保存できるようになり、蓄積/検索/可視化する仕組みが整った
  • 属人化していた運用が自動化されたことにより、運用負荷が軽減された
  • 世界中の保守サポート担当が膨大な量のログデータをいつでも活用できる環境が実現した

導入ソリューション

  • ログデータプラットフォーム「Splunk」

クラウディアン株式会社
グローバル テクニカル サポート
バイス プレジデント

後藤 哲明

クラウディアン株式会社
グローバル テクニカル サポート
プリンシパル サポート エンジニア 

栗原 傑

クラウディアン株式会社
グローバル テクニカル サポート
プリンシパル サポート エンジニア  

吉川 浩平

 「世界(jie)中に展開(kai)するストレージシステムからログデータを取(qu)得(de)するため、1日あたりのデータ量は数百GBにものぼります。それゆえストレージのスケーラビリティが重要(yao)だったのですが、Splunkはこの要(yao)件を満たしていました」

グローバル テクニカル サポート バイス プレジデント

後藤 哲明

背景・課題

世界中の顧客に対する保守サポートにおいて
膨大な量のログデータを活用したいが、
負荷の軽減が課題に

 日本で生(sheng)まれ、シリコンバレーを本社とする新進気(qi)鋭のベンチャー企業(ye)、クラウディアン。同(tong)社の主力製品(pin)であるオブジェクトストレージ製品(pin)「CLOUDIAN HYPERSTORE」は、国内外(wai)の大手クラウドサービスやエンタープライズITのオンプレミスのストレージとして採用されている。同(tong)社の売上(shang)高は9割(ge)以(yi)上(shang)を海(hai)外(wai)が占めており、顧客数は大企業(ye)から中小企業(ye)まで約600社。業(ye)種も金融(rong)、通信、製造(zao)、医療、政府・公(gong)共など幅広(guang)い。

 世界中(zhong)に顧客を抱える同社において、トラブルシューティングなどの保守サポートはリモート対応が基本であり、ストレージシステムやハードウェアにまつわるログデータは、一(yi)元的に集(ji)約しサポートチームが分(fen)析している。しかし、収(shou)(shou)集(ji)したログデータは膨大な量であり、十分(fen)に活(huo)用できているとは言(yan)えず、担当(dang)者(zhe)の負(fu)荷も大きくなっていた。この点についてグローバル テクニカル サポート バイス プレジデントの後(hou)藤哲明氏は「これまでは自社で開発(fa)したアプリケーションでログデータの収(shou)(shou)集(ji)・分(fen)析を行(xing)っていましたが、ビッグデータを有効活(huo)用するには限(xian)界がありました。また、開発(fa)や運用が属人化してしまう恐れもあったのです。担当(dang)者(zhe)が本来注力(li)すべき業(ye)務へ集(ji)中(zhong)するためにも、既に評価の確立した管理ツールを導入(ru)する必要があるのではと考えました」と語る。

解決策と効果

機能やスケーラビリティなどを評価しSplunkを採用
いつでもログデータを活用できる環境が実現

 クラウディアンは、3社の管理ツールを候補とし比較・検討。結果、グローバル規模でトップクラスの実績を持つ「Splunk」の採用を決めた。
「要(yao)件(jian)としたのは、標準機(ji)能(neng)であらゆるログデータを分析できることに加え、ログデータを蓄積するストレージがスケールアウトできることでした。当社の場合、世界(jie)中に展開するストレージシステムからログデータを取得するため、1日あたりのデータ量が数百GBにものぼり、今後顧客が増えればさらに増加します。それゆえストレージのスケーラビリティが重要(yao)だったのですが、Splunkはこの要(yao)件(jian)を満(man)たしていました。また、他(ta)社製品ではアプリケーションの開発(fa)(fa)にベンダー費用(yong)が発(fa)(fa)生しますが、Splunkはエンドユーザーコンピューティングに対応(ying)しており、ユーザー側にアプリケーションを作(zuo)成できる自(zi)由度(du)があることも評価しました」(後藤(teng)氏)

 導入パートナーには、国(guo)内で100社(she)以上のサポート実績があり、Splunk社(she)認(ren)定の資格(ge)を保有したエンジニアが多(duo)数いる、コンサルテーション・設(she)計・構築・導入サービス、運(yun)用支(zhi)(zhi)援などがトータルで支(zhi)(zhi)援できるベンダーとしてSCSKを指名。2019年2月から打ち合(he)わせを始め、6月にPoCを実施。その後、PoCで発生した問(wen)題点を改善(shan)し、11月より本格(ge)運(yun)用を開始している。作(zuo)業を担当(dang)(dang)したグローバル テクニカル サポート プリンシパル サポート エンジニアの栗原傑(jie)氏は「当(dang)(dang)初、ログデータを保存するディレクトリにNFSマウントを使って開発を行っていました。ところがSplunkからのログデータの読み込みに想定より時間(jian)がかかるという問(wen)題が出(chu)てしまったのです。そこで、接続方式を一(yi)般的なファイルシステムに変更し、問(wen)題を解決(jue)しました。」と当(dang)(dang)時を振り返る。

 また、システムの構築時には、世界中から集まるログデータを1日1回、短時間に読み込ませるための工夫も行っている。
「数(shu)百GBのログデータを一気(qi)に読み込ませる必要がありますが、そのままだと相当な時(shi)間(jian)がかかってしまいます。そこでSplunkのパラメーターを調整(zheng)し、2時(shi)間(jian)程度(du)で全てのログデータを読み込ませるよう改(gai)善しました」(栗原氏(shi))

 運用の開始後は、グローバル環境(jing)でユーザーの利(li)用を促(cu)進するため、自(zi)社(she)内の分析(xi)環境(jing)整備に取(qu)り組(zu)んだ。具(ju)体(ti)的には、操作(zuo)(zuo)マニュアルやログデータを検索するためのクエリ、可(ke)視化するためのダッシュボードなどを作(zuo)(zuo)成した。グローバル テクニカル サポート シニア サポート エンジニアの吉川浩平氏は「ログデータが収集できても、ユーザーがすぐに使(shi)いこなせるわけではありませんので、まずは欲(yu)しいログデータが検索できるよう操作(zuo)(zuo)マニュアルを作(zuo)(zuo)成しました。また、SCSKとのPoCの際に作(zuo)(zuo)成した、検索クエリやダッシュボードをもとに、現場のユーザーからフィードバックをもらい、改善を重ねました」と語る。

 現在、ログデータは直近のログデータをIndexersとしてSplunkの高速ストレージ上に保存(cun)。1週(zhou)間(jian)経ったログデータは検(jian)索頻度が低くなるため、自動的にリモートストレージへ保存(cun)する機(ji)能「Splunk SmartStore」を使い、同社のAmazon S3互換のオブジェクトストレージ上に保存(cun)している。これにより、ログデータは無制限に保存(cun)・検(jian)索することができるようになり、同時(shi)にストレージコストも軽減している。

 今回の導入により、同社の抱えていた不十分なログデータ活用や運用の属人化といった問題が解決された。さらに、ログデータの可視化が進んだ結果、担当者はいつでも全ての顧客のストレージシステムの状態を確認できるようになった。
「担当者は、定型的なレポートやダッシュボードを見るだけで、迅速に対応できるようになりました。現在は、機(ji)械学習を用いたデータ分(fen)析(xi)を可(ke)能にするSplunkのMLTK(Machine Learning Toolkit)の機(ji)能を活用し、ハードウェア故障(zhang)を事前に予測(ce)することに取り組んでいます」(吉川(chuan)氏) 

 また、ログデータを可視化する仕組みがすべて整い、自動化することで属人化していた運用が解消。多大なコストをかけることなく基盤を維持することも可能になった。同社は毎日大量のログデータを保存しているが、利用頻度が低いログデータについてはリモートストレージへ保存しているため、多大なコストをかけることなく基盤費用の大幅削減に寄与している。
「お客様の数が右肩(jian)上がりに増え、管(guan)理するストレージシステムやハードウェアが増えていっても、担当(dang)者の数を大(da)きく増やすことなく、必要最(zui)低限のリソースで効果的(de)なサポートができるようになりました」(後藤氏)

今後の展望

機械学習による障害予測ほか、
さらなる活用を目指す
SCSKにはTipsや他社事例、技術情報などを期待

 クラウディアンがSplunkの利用を開始してから2年が経過したが、今後はさらに活用レベルを高めていく考えだ。
「1つは機械(xie)学習(MLTK)で、サーバーからアプリケーションまで障害予測の範囲を拡大(da)していきます。もう1つは他のアプリケーションとの連携(xie)です。Splunkから取り出したログデータをSalesforceやSlackなどと連携(xie)し、担(dan)当(dang)者や顧客にアラートを送ることを検討しています」(後藤氏(shi))

 SCSKに対しては今回の導入に際し、PoCの実施から、課題解決、要件定義、設計、構築、運用開始後のQ&Aサポートまで一貫して支援してくれたことを評価している。
「SCSKは大手ベンダーでありながら、私たちのようなベンチャー気質もあって、安(an)心して仕(shi)事ができるパートナーであると実(shi)感しています。今後もこれまでと変わらないサポートをお願いすると同時に、Splunkを効果的に利用するためのセミナーなどを通じたTipsや、MLTKを活用した事例、最新の技術情(qing)報(bao)などの継続提供を期待しています」(後藤氏)  

SCSK担当者からの声

弊社のSplunkのお客(ke)様(yang)(yang)はセキュリティ用(yong)(yong)途での利(li)用(yong)(yong)が多い中、クラウディアン様(yang)(yang)はIT運(yun)用(yong)(yong)用(yong)(yong)途でご導(dao)入いただきました。今回導(dao)入したSplunkを用(yong)(yong)いたことによって世界各(ge)国のサポートメンバーの運(yun)用(yong)(yong)負荷が削減されたと伺(si)いました。このような取(qu)り組みの一端を担えたことを非常(chang)に光栄に思います。クラウディアン様(yang)(yang)は機(ji)械学習を利(li)用(yong)(yong)した障害予測など、先進的な取(qu)り組みを実(shi)施されておりますので、Splunkをより活(huo)用(yong)(yong)いただけるよう、提(ti)案、ご支(zhi)援を引き続き実(shi)施してまいります。

プラットフォーム事業グループ
ITエンジニアリング事業本部
ミドルウェア第二部 第三課

織(zhi)田 直(zhi)樹  


お客様プロフィール

クラウディアン株式会社

所在地:東京都渋谷区渋谷2-11-6
U R L:

2001年(nian)(nian)に日本で創業したオブジェクトストレージベンダー。グローバルにビジネスを展開しており、現在はシリコンバレーに本社(she)を置く。2011年(nian)(nian)にAmazon S3 API完全準拠(ju)を目指して開発(fa)(fa)したスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を発(fa)(fa)表し、国(guo)内外で多くの企(qi)業に採用(yong)された。近年(nian)(nian)はパートナー企(qi)業との連携強化に取り組み、クラウドベンダーやアプリケーションベンダーなどと共同でビジネス開発(fa)(fa)を進めている。 

2022年(nian)2月