テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

株式会社電通tempo 様

SCSKの「クラウドリファレンスキット for AWS」を利用し
短(duan)期間でオンプレミスサーバーのクラウド移(yi)行を実現

 “攻(gong)めのIT”を支(zhi)えるITソーシング 

ガイドラインと自動設定ツールの活用により
ベストプラクティスに沿った環境構築を実現

事例のポイント

お客様の課題

  • 既存のオンプレミス環境で稼働する物理サーバーの保守期限が迫っていた
  • 在宅勤務や社内フリーアドレス化によりサーバークラウド化が必要となる
  • コストと作業負荷を軽減しながら短期間のクラウド移行を目指していた

課題解決の成果

  • SCSKのAWS構築・運用ノウハウ「クラウドリファレンスキット for AWS」を採用
  • ガイドラインと自動化ツールによりわずか4カ月のインフラ構築期間で完了
  • 「パブリッククラウド運用サービス」の導入によりクラウド運用管理負荷を軽減

導入ソリューション

  • USiZEパブリッククラウド(AWS)
  • クラウドリファレンスキット for AWS
  • パブリッククラウド運用サービス

株式会社電通tempo
コーポレート本部 コーポレート室
経理・企画管理部長

城谷 正崇

株式会社電通tempo
コーポレート本部 コーポレート室
経理・企画(hua)管(guan)理部

西角 光人

株式会社電通tempo
コーポレート本部 コーポレート室
経理・企画(hua)管(guan)理部

小林 紀彦

株式会社電通tempo
コーポレート本部 コーポレート室
経理・企画管(guan)理部

池田 直也

「AWSクラウドに構築した新しいシステム基盤を最大限に活用し、
お客(ke)様の課題解決をデジタルで支援する取り組みを加(jia)速(su)させていきたいと考えています」

コーポレート本部(bu) コーポレート室 経(jing)理・企画管理部(bu)長

城谷 正崇

背景・課題

オンプレミスサーバーのEOLを機に
クラウド移行に向けた検討を開始

 電通(tong)tempoは、流通(tong)・小売・飲(yin)食業をはじめとする店舗(pu)型ビジネスを展開する企業を対象に、マーケティング・プロモーション施(shi)策(ce)(ce)を支援(yuan)する電通(tong)グループの専門会社(she)。2004年の創業から培ってきた経験・知見を基(ji)に、折込チラシ・DM・店内ツールなどオフラインのペーパーメディアから、オウンドメディア・SNS・Web広告などオンラインのデジタルメディアまで、あらゆる販促ソリューションをワンストップで提供している。近(jin)年は、消費者の暮らしの変(bian)化を把握(wo)・分(fen)析し、消費の兆(zhao)候を発掘するマーケティングプロジェクト「キザシ発掘Lab」を立ち上げ、マーケティング施(shi)策(ce)(ce)の戦略(lve)的なプランニングにも取り組(zu)んでいる。

 そんな電通tempoでは、顧客企(qi)業向けの折込チラシ制(zhi)作プラットフォームやデジタル広告生成システム、外(wai)部(bu)制(zhi)作プロダクションとの間でデータをやりとりする制(zhi)作物管理(li)システムなど、同社の主要業務を支える基幹システムが数(shu)多く稼働(dong)している。同社の情報システムを統括するコーポレート本部(bu) コーポレート室 経理(li)・企(qi)画管理(li)部(bu)長(chang)の城谷(gu) 正崇氏(shi)によると、社内OAシステムとして利用するファイルサーバーやグループウェアサーバーなどの数(shu)は60~70サーバーに及ぶ。

 「これらのサーバーのほとんどは、オンプレミスのサーバー仮想(xiang)化環境に構築(zhu)されていました。しかし、仮想(xiang)マシンが稼(jia)働(dong)する物理(li)サーバーのEOL(製品ライフサイクル終了)が間近に迫(po)り、システム基盤(pan)の更(geng)改が急務でした」(城谷氏)

 そこで経理(li)・企画管(guan)理(li)部では、新たなシステム基盤(pan)の導入に向けた検討を開始した。

 「オンプレミスの物理サーバーを買(mai)い替えた際の導入(ru)費用(yong)(yong)や運(yun)用(yong)(yong)経費を試算(suan)しながら検討を重(zhong)ねた結(jie)果(guo)、将来的な運(yun)用(yong)(yong)コスト削減(jian)と運(yun)用(yong)(yong)管(guan)理負荷軽減(jian)の効果(guo)が期(qi)待できるクラウドへ移行することに決(jue)めました。クラウドサービスには全(quan)世(shi)界で導入(ru)されているAWSを採用(yong)(yong)することにしました」(西角(jiao)氏(shi))

解決策と効果

SCSKのノウハウを活用しクラウドへ移行
コスト削減・運用負荷軽減効果を得る

 システム基盤のクラウド移(yi)行プロジェクトを立ち上(shang)げるにあたり、電通tempoでは移(yi)行作業を請(qing)け負うパートナーとしてSCSKを選んだ。

 「当(dang)社(she)とSCSKはサーバーの調達・保守などの取引関係が15年以(yi)上も続いており、その実績も考(kao)慮(lv)してSCSKに相談しました。AWSクラウドにおけるシステムインテグレーションの豊(feng)富な経験と能(neng)力、下請会社(she)を使わずに直接(jie)作業(ye)を担当(dang)する安心感からも、SCSKをパートナーとして選定することにしました」(西角(jiao)氏)

 電通tempoからクラウド移行(xing)の相談(tan)を受(shou)けたSCSKでは、「USiZEパブリッククラウド(AWS)」に、これまでに蓄積してきたAWSクラウドの構築(zhu)(zhu)・運(yun)用(yong)(yong)ノウハウを集約した「クラウドリファレンスキット for AWS」を活用(yong)(yong)し、ベストプラクティスに沿(yan)ったクラウド移行(xing)を実施(shi)するという提(ti)案を行(xing)った。クラウドリファレンスキットにはAWS導入・利用(yong)(yong)の勘所(suo)をドキュメントにまとめた「AWS利用(yong)(yong)ガイドライン」、パターン化(hua)したシステム構成に基づいてインフラを構築(zhu)(zhu)する「AWS自動インフラツール」、運(yun)用(yong)(yong)設計を自動化(hua)する「AWS標準運(yun)用(yong)(yong)ツール」が含まれており、これらのノウハウを活用(yong)(yong)することでクラウド移行(xing)にかかる期(qi)間(jian)を大幅に短(duan)縮(suo)できる。こうした設計・構築(zhu)(zhu)スピードの向上、運(yun)用(yong)(yong)フェーズのコスト削減(jian)に寄与(yu)することもあり、提(ti)案を受(shou)け入れたという。

 実際(ji)にクラウド移(yi)行(xing)プロジェクトがスタートしたのは、2021年1月のこと。まずはオンプレミス環境(jing)で稼(jia)働するシステム基盤の現状(zhuang)把握を実施するとともに、移(yi)行(xing)先の仮想サーバー数を絞り込むことも含んだ移(yi)行(xing)計(ji)画を策定。要件定義にはクラウドリファレンスキットの利用ガイドラインを採用し、利用ガイドラインに対応(ying)するAWSデザインパターンのテンプレートに当てはめていった。同時に移(yi)行(xing)先となるAWSクラウド側(ce)の設計(ji)を実施し、AWSクラウドのAmazon EC2を使って利用環境(jing)を用意した。

 「クラウドリファレンスキットを採用したことにより、移行対象のサーバーが多いのにもかかわらず、要件定義や設計は非(fei)常(chang)にスムーズに進めることができました」(池田(tian)氏)

 AWSクラウドへの移(yi)行(xing)(xing)(xing)作業は、2021年2月下旬から始まった。移(yi)行(xing)(xing)(xing)元(yuan)のオンプレミス環境からAWSクラウドへの移(yi)行(xing)(xing)(xing)ツールには、AWSが提供する「CloudEndure Migration」を採(cai)用(yong)。移(yi)行(xing)(xing)(xing)を順番に進め、対象サーバーの移(yi)行(xing)(xing)(xing)は4月までに完了させた。また運用(yong)にあたっては「AWS CloudWatch」を活用(yong)したSCSKの「パブリッククラウド運用(yong)サービス」を利用(yong)することにした。

 「AWSクラウドへの移行にあたっては、移行元サーバーの問題でしばしばトラブルも発生(sheng)しましたが、そのつどSCSK側が迅(xun)速に対応したため、作(zuo)業に遅れが出ることもなく順調に進(jin)めることができました。また、AWSクラウドに移行が完了したサーバーは順次、SCSKが提(ti)供する『パブリッククラウド運用サービス』を利用して検証段階から稼働状況を監視しました。このパブリッククラウド運用サービスを組み合わせて利用したことも、クラウド移行を短期(qi)間で進(jin)められた要(yao)因だと考えています」(小林氏)

 一通りの移行(xing)(xing)と検証作業を終えて本番(fan)環境(jing)へ移行(xing)(xing)したのは6月のこと。運用(yong)を開始(shi)して間もないものの、すでに効果を実感し始(shi)めているという。

 「とくに効(xiao)果を感じているのが、コスト面です。運(yun)(yun)用(yong)コストは移行(xing)前(qian)に当社が試算したよりも大幅に下がっています。もちろん、パブリッククラウド運(yun)(yun)用(yong)サービスを継続して利(li)用(yong)することにより、運(yun)(yun)用(yong)管理負荷の軽減(jian)も実(shi)現できました」(西角氏)

今後の展望

今回のクラウド移行をきっかけに
AWSクラウド利用をさらに促進

 電通tempoでは、今回(hui)のクラウド移行をきっかけに、システム基(ji)盤のクラウド利用(yong)をさらに促進していく考えだ。

 「お客様の課題解決をデジタルで支(zhi)援するために、これからも新(xin)しいシステムを構築(zhu)することになりますが、今後はその基盤としてAWSクラウドを第一に考えていく予定です。また、新(xin)しいシステムを構築(zhu)・運用するにあたっては、当(dang)社(she)側の業務負荷を軽減(jian)するためにも、システムの設(she)計(ji)・開発から運用管理までを一貫して対応してくれるパートナーに委(wei)託することが望ましいと思っています。その点(dian)、SCSKは信頼感(gan)があり安心して任せられるので、これからも末長(chang)く良い関係(xi)を築(zhu)いていきたいと考えています」(西角(jiao)氏(shi))

図:電通tempoのAWS環境
図:電通tempoのAWS環境(jing)

SCSK担当者からの声

移行プロジェクトでは、弊社が長年培ってきたマイグレーション技術、およびお客(ke)様環境の理解、そして何よりもお客(ke)様のお力(li)添えによりプロジェクトを短期(qi)間(jian)で完了することができたと考(kao)えております。今後のクラウド活用推進(jin)におきましても引き続きご支援させていただきますので、お気軽にお声(sheng)がけいただけますと幸(xing)いです。

基盤サービス事業本部
クラウド基盤サービス部
第二課 マネージャ

徳丸 雄三

今回のオンプレミス環境からのクラウド移行(xing)では、クラウドリファレンスキット for AWSを活用(yong)しスムーズに合意形成を行(xing)い、プロジェクトを短(duan)期間で完了することができました。この点を高く評(ping)価いただき光栄に思(si)います。今後(hou)のクラウド利用(yong)推(tui)進でも力となれるよう、引き続きご支援(yuan)させていただきます。

基盤サービス事業本部
クラウド基盤サービス部
第二課 マネージャ

浦野 智(zhi)久


お客様プロフィール

株式会社電通tempo

所在地:東京都新宿区市谷本村町2-21
U R L:

流通・小売・飲食業界(jie)など店(dian)舗型事(shi)業を展(zhan)開する企業のマーケティング・プロモーションを支(zhi)援する電通グループの専門事(shi)業会(hui)社です。折込チラシ・カタログ・DMなどテーブルメディアの制(zhi)作をはじめ、店(dian)頭装飾やPOPなど販促(cu)物(wu)の制(zhi)作、キャンペーン・イベントなど販促(cu)施策の企画・立案、デジタル領域におけるマーケティング・プロモーションを含む総合プロモーションの実践(jian)・提供など、幅広く展(zhan)開しています。

2021年8月