テイルズオブテイルズ シーズン2ピンボール

前田建設工業株式会社 様

高品質・安心安全な基幹システム基盤の実現を目指し
高可(ke)用性(xing)のマネージド型クラウドサービス「USiZE」を採用 

顧客接点(dian)の高(gao)度(du)化

現行システム環境を理解したSCSKがプロジェクトを強力に支援
データ仮想化機能の導入により、短時間でのバックアップも実現

事例のポイント

お客様の課題

  • 既存の基幹システム基盤で稼働する物理サーバーの保守期限が迫っていた
  • 特殊なバックアップの仕組みも含む“100%クラウド化”を目指していた
  • 大半の要求実現が依頼書ベースでの対応となっており柔軟性に欠けていた

課題解決の成果

  • バックアップの仕組みも含めてクラウド化する「USiZEシェアードモデル(3G)」を採用
  • 可用性・機密性・セキュリティを担保しながら運用の柔軟性、拡張性を確保
  • 基幹システム基盤にかかる運用負荷・コストを従来比約3割削減

導入ソリューション

USiZEシェアードモデル(3G)

前田建設工業株式会社
情報システム総合センター
総(zong)合センター長

廣田 憲治

前田建設工業株式会社
経営革新本部
DX推進室 主査

堀内 真人

前田建設工業株式会社
情報システム総合センター
ICTエンジニア

岩﨑 博昭

「基幹システム基盤の移行にあたり、トラブルもなく予定どおりにリリースを迎えることができました。
SCSKのプロジェクトマネージメントに感謝しています」

情(qing)報(bao)システム総合(he)センター長(chang)

廣田 憲治

背景・課題

基幹システム基盤の更改時期を迎え
“100%クラウド化”を実現する新しい基盤を検討

 前田建(jian)設工業は2019年1月に創業100周年を迎えたのを節目(mu)に、次(ci)の100年後のあるべき姿「NEXT100」を掲げるとともに、次(ci)の10年へ向(xiang)けた中(zhong)長期改革プラン・NEXT10を策定した。NEXT10では、請負と脱(tuo)請負の融(rong)合による新たなビジネスモデルを構築し、「総合インフラサービス企業」を目(mu)指すことを打ち出している。その実現に向(xiang)けた取り組みの一(yi)環として、同社(she)はデジタルトランスフォーメーション(DX)の推(tui)進に着手(shou)。2019年に「DX推(tui)進室(shi)」を設置(zhi)するとともに、「業務(wu)プロセス・ルールチェンジによる標準化(hua)」「データを蓄積・分析・活用(yong)するためのシステム整備(bei)」「データを扱う社(she)員の意識(shi)やITスキルを高(gao)める人材育成」を3本柱に位置(zhi)付け、DX推(tui)進を加速させている。

 そんな前田(tian)建設工(gong)業(ye)では、DXを推進する上でも大きな役割を果たすことになる「第(di)4次(ci)基幹システム基盤」の構築(zhu)に向けた検(jian)討を開(kai)始(shi)した。

 情報システム総合センターのセンター長を務める廣田 憲治(zhi)氏は、「当社の基(ji)(ji)幹システム基(ji)(ji)盤(pan)(pan)は、2005年にSCSKデータセンターのホスティングサービスを利(li)用した物理サーバーから始(shi)まり、第(di)2次(ci)ではサーバー仮想化を導入、さらに第(di)3次(ci)ではSCSKのクラウドサービス『USiZEシェアードモデル(2G)』を利(li)用したプライベートクラウドへと移行してきました。ただし第(di)3次(ci)までは一(yi)部(bu)に物理サーバー及びストレージを利(li)用したオンプレの仮想基(ji)(ji)盤(pan)(pan)が残っており、その仮想基(ji)(ji)盤(pan)(pan)の保守切れが目(mu)前に迫っていました。これをきっかけに第(di)4次(ci)基(ji)(ji)幹システム基(ji)(ji)盤(pan)(pan)の検討を開始(shi)したのです」と、その経緯(wei)を話す。

 仮想基盤(pan)が残っていたのには理由があった。同(tong)社では基幹(gan)システムのデータベースを毎日(ri)バックアップし、そのバックアップデータを別(bie)サーバにマウントすることで、DWH(データウェアハウス)と連携させデータ活用している。当時(shi)のクラウドでは大量のデータを短時(shi)間でバックアップできないという課題があり、第4次ではこのバックアップも含(han)め、“100%クラウド化(hua)”を目(mu)指すことにしたわけだ。

  もう一つ、既存(cun)の第3次基幹(gan)システム基盤には解決(jue)すべき課題(ti)があった。

 「従来の基(ji)盤(pan)(pan)は大(da)きな“塊”、いわゆる一枚岩のシステムになっており、運(yun)用の柔(rou)軟性に欠けていました。そこでシステム基(ji)盤(pan)(pan)をクラウド上でマイクロサービス化し、柔(rou)軟性を確保する基(ji)盤(pan)(pan)を構築することを指向したのです。またサーバー運(yun)用のオペレーションについても、自(zi)社で対応できるようにしたいと考えました」(廣田氏)

解決策と効果

バックアップの課題を「USiZEシェアードモデル(3G)」で解決
プロジェクト推進・運用体制の実績でSCSKを選定

 前田建設工(gong)業が第4次基幹システム基盤の検(jian)討(tao)を開(kai)始(shi)したのは、2018年夏(xia)のことだ。当初アプリケーションの観点から検(jian)討(tao)を始(shi)め、稼働インフラに関する検(jian)討(tao)は2019年にスタートさせた。

 「新しい基幹システム基盤(pan)(pan)として、第一候補に挙げていたのはAmazon Web Services(AWS)です。すでにビッグデータ基盤(pan)(pan)をAWS上(shang)に構(gou)築(zhu)した実績(ji)があり、基幹システム基盤(pan)(pan)もAWSに集約することが、運(yun)用の柔軟性(xing)やコスト削減効果(guo)が得られると考えたからです」と話すのは、経営革新本部 DX推進室の堀内 真人(ren)氏だ。

 前田建(jian)設(she)工業(ye)では、従来から基幹システム基盤の構築AWS・運用(yong)に携わってきたSCSKをはじめ、AWSを得意とする複数のシステムインテグレーターに提案を依頼(lai)。各社からの提案内容を比較(jiao)検討した結果、引き続きSCSKを選定することになった。

 しかし、SCSKが提案したのはAWSではなく、「USiZEシェアードモデル」の最新バージョンを基盤としたものであった。AWSでは、「基幹システムのデータベースを毎(mei)日短(duan)時間でバックアップする」という課題が、実現不(bu)可能だったからだ。

 「当社では、2TBのデータを約3分でバックアップし、それをサーバーからマウントしてバッチジョブを走らせるという特殊(shu)なバックアップの仕組(zu)みを使用しています。この仕組(zu)みを、AWSで実現するには2時(shi)間程(cheng)度かかってしまいます。SCSKはそうした事情も汲み取り、USiZEシェアードモデル(2G)を改(gai)良した、特殊(shu)なバックアップ要件を実現できる『USiZEシェアードモデル(3G)』へ移行(xing)するという提案をしてくれたのです」

 USiZEシェアードモデル(3G)ならば、可(ke)用(yong)性(xing)(xing)・機(ji)密(mi)性(xing)(xing)・セキュリティを担保しながら運用(yong)の柔軟性(xing)(xing)、拡張性(xing)(xing)を確保し、コスト削(xue)減効果も期待できる。また、データ仮(jia)想化(hua)機(ji)能が用(yong)意され、バックアップの仕組(zu)みもクラウドへ移行できる。

 また、SCSKが基(ji)幹システム基(ji)盤の構築を過(guo)去3回にわたって実(shi)施した実(shi)績も高く評価(jia)された。

 「別(bie)のベンダーに委託するとなると、基幹システムの説明を一からしなければならないなど、当社側の負(fu)担が大きくなることが懸念されます。しかしSCSKならば、既存のシステムを理解した上で、基盤構築(zhu)の要(yao)件定義や設計に関する作業、移行のリスクを最小化(hua)できますし、運用(yong)の引(yin)継ぎも不要(yao)です。これらを考慮(lv)し、今回(hui)もSCSKへ委託することに決めました」(堀内(nei)氏)

 第4次(ci)基(ji)(ji)幹システム基(ji)(ji)盤の構築プロジェクトが始(shi)動したのは、2019年(nian)12月(yue)のこと。それからおよそ1年(nian)かけて基(ji)(ji)盤の構築と移行、テストを実施し、2020年(nian)12月(yue)に新しい基(ji)(ji)盤を本番稼(jia)働させた。

 「第3次基(ji)幹システム基(ji)盤で稼働していた約170台のサーバーをUSiZEシェアードモデル(3G)へと移(yi)行しましたが、SCSKがプロジェクト管理も含めて確実(shi)に実(shi)施してくれたこともあり、非常にスムーズに移(yi)行を完了することができました。これまでさまざまなプロジェクトを経験(yan)してきましたが、こんなにすんなりリリースできたのは初めてです。」と話(hua)すのは、情(qing)報(bao)システム総合センターの岩﨑 博(bo)昭氏だ。

 第4次(ci)基(ji)幹システム基(ji)盤(pan)が本番稼働してからまだ間もないが、すでに導入効(xiao)果(guo)も見えてきているという。

 「一(yi)番の効果は、運(yun)(yun)用の柔軟性が向上したことです。特(te)にWebポータル画面を使ってサーバーの起動・停止、スケールアップ・ダウンなどを当(dang)社側で実(shi)行できるようになったことにメリットを感じています。また運(yun)(yun)用の負荷やコストについても、従来に比べておよそ3割(ge)程度削減できていると感じます」(岩﨑氏)

今後の展望

運用監視の面でも高い満足感
今後は運用の自動化も推進する計画

 こうして第4次基幹システム基盤を稼働させた前(qian)田建設工業(ye)だが、移行だけではなく、運用監視面でも満(man)足度が高(gao)いようだ。

 「何か問(wen)題があったときにも迅(xun)速に連(lian)絡いただいて、またSCSK側で対(dui)応できる部分は迅(xun)速に対(dui)応してもらっています。そういった面で非常(chang)に安心(xin)感があります」(廣(guang)田(tian)氏)

 第4次(ci)基(ji)幹(gan)システム基(ji)盤ではすべてを基(ji)幹(gan)システムの中に作るのではなく、コンテナ技(ji)術を活用しながらマイクロサービスとして切り出(chu)し、サービス間や外部システムとの連携したシステムへと刷新する取り組みを進(jin)めている。

 一方で、運用のさらなる高度(du)化も今後目(mu)指(zhi)していく計画だ。

 「運用(yong)については、自動化(hua)がまだあまり実(shi)現できていないところが課題(ti)だと認識しています。現在SCSKで運用(yong)回りのAPIを整理しているということなので、将(jiang)来的(de)にはサーバーの追加や削除といった運用(yong)作(zuo)業を自動化(hua)する仕(shi)組みも取(qu)り入(ru)れたいと考えています」(廣田氏)


図:本番データを短時間でバックアップし再活用

SCSK担当者からの声

 前(qian)田建設(she)工業様との長年のお取引(yin)にて培ったノウハウを最大限に活かし、高品質短納期(qi)にて無事リリース出来たこと、運用面(mian)を中心に効果が実感出来たことを高く評価いただきました。今後もお客様の目指されている「総合インフラサービス企業」への変革の一助(zhu)になれるよう、引(yin)き続(xu)きご支援させて頂きます。

ソリューション事業グループ
マネジメントサービス第三事業本部
流通マネジメントサービス第一部

徳山(shan) 裕(yu)幸

 今(jin)回の基(ji)幹システム基(ji)盤(pan)の構(gou)築(zhu)では、過(guo)去3回の構(gou)築(zhu)経(jing)験を活かしてお客(ke)様のご意向を的(de)確に捉え、ご担(dan)当者(zhe)様に負担(dan)をかけないようにして設計・構(gou)築(zhu)を進めてまいりました。この点についてご評価いただき光(guang)栄に思います。引き続き、運用を通じてお客(ke)様の事業が安定的(de)に継続するよう努(nu)めてまいります。

ソリューション事業グループ
マネジメントサービス第三事業本部
流通マネジメントサービス第一部

佐(zuo)藤 俊(jun)明


お客様プロフィール

前田建設工業株式会社

所在地:東京都千代田区富士見2-10-2
U R L:

1919年(nian)創業(ye)の前田建設(she)工業(ye)は、青函トンネルや本四連(lian)絡橋をはじめとするダム・トンネル・橋梁などの大規模インフラ建設(she)事業(ye)に数多(duo)く携わってきました。1960年(nian)代には海外進出(chu)を果(guo)たし、1980年(nian)代以降は都市再(zai)開(kai)発、エネルギー関係(xi)、工場、病(bing)院、高層マンション建設(she)など事業(ye)を拡大。近年(nian)では「総合インフラサービス企業(ye)」を目指して「脱請負」にも注力し、仙台空港や愛知(zhi)県有料道路(lu)のコンセッション(公共施設(she)等運(yun)営権(quan))事業(ye)も展開(kai)しています。

2021年3月